3月 使えないニューマシン 

超高速Intelプロセッサ搭載マシンが登場。開発環境として購入したiMac Core Duoは素晴らしいマシンだった。だが、使っているうちに違和感が…………画面が明るすぎて、作業をしていると疲れる。おまけに、テーブルに置くと背が高すぎて困る。この「使えないニューマシン」への不満は募るばかりだった。

iMac Core Duo(ただし20インチ)といっしょ

早いもので2週間ばかりiMac Core Duoを使い続け、ようやく最近カラダが慣れてきた。一応、ラインナップ中ではカスタムモデルをのぞけば最速というマシンでもあり、「いま自慢しなくていつ自慢する?」という旬のマシンだ。 

難しい話ナシで、iMac Core Duo(20インチ)はどんなマシンであるかを書いてみることにする。 


■箱がとてつもなくでかい 

信じられないほどでかい。PowerMac G5の箱よりでかい。「お前はサーバー機か?」と言いたくなるほどでかい。売り飛ばす日のためにマシン部屋で箱を保管(放置ともいう)しているが、とてつもなくでかい。 


■もちろんマシンがでかい 

「この価格差なら20インチでしょう!」と、奮発して20インチにしたのだが、正直いって少々後悔している。これまで、リビングのテーブルの上にPowerBookとiBookをならべて奥方様とおしゃべりしながらプログラムをしていたのだが……iMac Core Duo 20インチをテーブルに載せると、薄いくせにでかいので無視し得ないほどの存在感があり、憩いのひとときにはリビングのテーブルには載せてはいけないことになってしまった(テレビが見えなくなるので)。 


■すんげえ静か 

これは掛け値なしにそう言える。下手をするとPowerBookよりも静か。PowerBook G4/667なんか、フルパワーで仕事をしだすとものすごい騒音(デスクトップよりカン高くてうるさい音)を出していた。PowerBook G4/867もOSを10.3に上げてからはGPUが酷使されるためかやたらとファンが回るようになった。 

iMac Core Duoの動作音はほとんどない。静かなマシンが欲しいのであれば、ぜひともおすすめしたい。ただし17インチモデルの方を。 


■意外とスピーカーは「おまけ」程度 

本体下部に取り付けられたスピーカーは、割といい音がすると聞いていたのだが、「そーでもないよね」というのが実感だ。低音が響くようなこともないし、まあそれなりという感じだ。もしいい音で聞きたいなら、外部スピーカーにつないだりヘッドフォンを使うことをおすすめする。 

実家のeMacのスピーカーは実にいい音がした。あれはPowerMac G4の外付けスピーカーと同じものが内蔵されていると聞いていたが、あの透明球形スピーカーは実によかった。それらから比べると、数段落ちるレベル。でも、AirTunesでiTunesの音楽はミニコンポで聴いているのでダメージはないっぽい。 


■腰が抜けるほど速い 

Interface Builderで凝った画面を作ってみたり、Xcodeでビルドしまくっても、スカスカ動くところが魅力。とくに、動的にGUI部品の生成ができないっぽいAppleScript Studioでは、いかに最初にInterface Builder上で画面を作り込めるかという点にソフトの見た目が大きく左右される。 

気になっていたRosetta上でのPowerPCアプリの動作速度については、メモリを1.5Gバイト積んだので割と快適だ。少なくとも、手持ちのすべてのマシンより速い。 

Rosetta上のPPCアプリを外部からAppleScriptでコントロールしたような場合、動作速度の低下も心配していたが、それほど心配は要らない。 

なんといっても、スクリプトエディタのコンテクストメニューに300個近くAppleScriptを放り込んで、コンテクストメニューを表示させたときに……PowerMac G5/2.5GHz Dualよりも速く表示する。なんというか、「瑣末な仕事であればあるほど速い」感じだ。 


画面が明るすぎて目が疲れる 

いいことばかりでもない。プログラミングを落ち着いて行うには画面が明るすぎて、目が疲れて仕方がなかった。画面の補正を行い、かなり押さえ目に調整してようやく慣れてきたところだ。 


■薄くはないよ(17インチモデルほどには) 

よそのメーカーのどのデスクトップ機にこれだけ薄いモデルがあるか考えてみれば、「薄くない」というのは事実に反する。 

あくまで相対的な問題だとは思うが、20インチモデルは17インチiMacのスリムなボディよりも倍ぐらい厚い感じである。なので、スリム感は当社比40%ダウンといったところ(主観ベース)。無理に薄くしていないので廃熱状況は悪くはない、と好意的に受け止めることも可能だが、かなりの存在感であることは確かだ。 


■本体うしろの「iMac」の文字はダサい! 

割と後ろからも見ることが多いマシンなのだが、あの背面に書かれた「iMac」の文字のでかさはなんだろうか。アフリカで走っている日本車のうしろに「TOYOTA」とか巨大な文字で書かれているが、あれを想起させる。もっとさりげなくかけなかったのだろうか。このマシンの外観で唯一の汚点だ。 


■DVDはド迫力! かな? 

この20インチの画面を至近距離から見ることで、とてつもない大迫力でDVDを楽しめるのではないか、と期待していたのだが、最近なぜかあんまりDVDを見ない。 

なんというか、別に画面が大きくなったといってもDVDのソフトの映像が細かくなるわけでもないし、不思議と迫力はあまり感じない。「でけー!」とは思うが、ド迫力という感じではない。不思議だが、そういうものだったのだ。ツルピカシートでも貼ってみるとまたテイストが変わるのかもしれないが、20インチ用のがあるのかは寡聞にして知らない。 


■軽いので持ち歩ける(男性限定) 

リビングの中をテーブルやらこたつやら、タンスの上やらを移動しまくり、寝るときにはリビングに隣接している寝室に(電源が入ったまま)持ち歩いている。そんなに重さがないので、「巨大なモバイル機(室内限定)」として活躍中だ。 


■リビングに置くならぜひおすすめ! 17インチの方を 

このマシンを買って、本来自分が買うべきだったマシンが17インチであったことを痛感させられた。日本の家屋に20インチiMacは割と無謀である。 

あと、MacBook Proの方も、家の中で置き場所使う場所を選ばないという意味で、選択すべきではなかっただろうかと考えている。 

でもまあ、そのうち慣れてくるでしょう。そのうち(汗) 

アプリケーションを作るための補助ツール

アプリケーションを開発するために、さらに単一機能のアプリケーションを開発することがよくある。そもそも、AppleScriptによるアプリケーション開発は、(配布を前提としない)ソリューションから発展させたようなものが多く、日常的に作っているScriptも、何らかの作業を効率化させるために作っているものがほとんどだ。 

Scriptのままでは使い勝手がよろしくない場合に、GUIをつけてみるのだが……これがなかなかいい。努力した分の成果は確実に発揮できている。開発を行ううえで、そのツールがあるのとないのとでは作業効率が段違い、ぐらいの効率改善にはなる。だいいち、面倒なことをあーだこーだ考えながら作業をするよりも、ツールでボタン一発処理ができたほうがいいにきまっている。 

コンテクストメニューから選択するだけでほとんどのAppleScriptを記述できる「コンテクストメニューアシスタント」は言うに及ばず、OpenSSLによる暗号化シミュレーションを行う「Encrypter」とか、文字列テーブルのスライダーによるシフトを見る「charCodeShifter」といったものが最近のお気に入りだ。凝った名前はついていないこれらのアプリケーションは、配布するために作ったものではないが、知り合い筋にはソースごと配っていたりもする。 


海外に目を向けると、その手の「開発用ツール」はたくさん転がっている。 

■Shadow Lab 

http://www.shadowlab.org/ 

■Scandalous Software 

http://scan.dalo.us/ 

いま、手元でよく使っているもののWebを挙げただけなので、調べればもっと山のよーに出てくるはずだ。 

それだけ調べても自分が本当に欲しいものはなかなか見つからないわけで…………海外の連中も、開発用の未公開ツールというのは山ほど作っているんだろう、と思うものである。うむっ!!

Encrypterで利用している機能ライブラリの作者にEncrypterを送ってあげたら、ごていねいに、 

It is very nice, thank you. :) 

とお礼のメールをいただいた。なんか、こういう交流って国内じゃなくて海外の開発者とのほうが多いような(汗)

FTP Droplet Toasterを強化

仕事で使う必要が出てきそうなので、FTP Droplet Toasterの強化に取りかかった。FTP Droplet Toasterは、外部の人間や自社内のアルバイト的なスタッフにFTPサーバーへのファイルのアップロードを行わせる際に利用するものとして以前に試作した。記述言語は例によってAppleScriptだ。 

これが何のためのソフトウェアであるかを、ひとことに説明することはなかなか困難だ。FTP Droplet Toasterは、FTP接続用のソフトウェアではない。FTPでアップロードを行う、再配布可能なドロップレットそのものを生成するソフトウェアだ。 

FTPサーバー経由でデータのやりとりを行いたいが、ユーザーアカウントを明かしたくないとか、そもそもFTPソフトウェアの使い方を教える手間が惜しいといったときに、決まりきったサーバーにただファイルをアップロードするだけのドロップレット(ドラッグ&ドロップ可能なアプリケーション)を渡して使わせるというのが自分の描いたシナリオだ。 

かなり実験的な色が濃いというか、そもそもフリーでバラ撒いてみたのは世間の反応を伺うことが目的であった。だが、 

(1)コンセプトがなかなか理解しづらい(一般ユーザーにとっては、「アプリケーションを自動生成するソフト」という概念がはてしなく難しい) 

(2)実際に使おうとしても、GUIがなかったりで割とおっかない 

といったところで、そんなに爆発的にユーザーを抱えるものにはならないだろうという見込みは当初からあった。 

久しぶりに見直してみて、 

(3)設定そのものが分かりにくい。設定内容が合っているのかどうか確認する方法に乏しい 

というマイナス要素があることも分かった。一応、旧バージョンにおいても、入力されたユーザーアカウントの情報に基づいてチェックもしてくれはするのだが、割とユーザーへのフィードバックは少なく寡黙である。 

FTP Droplet Toasterは、サーバー系との組み合わせによって、FTPアカウントの自動発行システムだとか、そういうサーバー寄りにスケールしていくイメージで構想を練った。

だが、エンドユーザー寄りの部分のユーザビリティを強化しないといけなさそうだ、ということも(1人で)検討したすえに分かってきた。 

追加機能で、生成するドロップレットに動作期限をつけられるようにもしてみた。外部の人間にドロップレットを配布した際に、仕事が終わったあともアクセスできるような状態にはなっていてほしくないのだ。ドロップレットの生成時に動作期限を設定することで、情報の漏洩を防いでみるつもりだ。 

FTPなんだから平文でパスワードも流れてしまっているし、そこんとこネットワークプロトコルモニタで調べればいっぱつなので、仕事で一時的に使用したFTPアカウントは終わったらすぐに削除するとか、そもそもSecureなFTPで接続するようにすべきとか、そういう意見はすべてもっともだ。このへんが、試作品クオリティということでごかんべんいただきたい、と誰に向かって書いているのやら…………(汗) 


さらに、本ソフトについて多方面に意見を求めたところ、サーバーの管理者からは「これは、ダウンロードは行えないのか?」といった意見も出てきた。 

ダウンロードを行うというのは、当初の構想にはまったくなかったのだが、たしかにアップロードだけでダウンロードできないと困ることも多々ある。 

iMac Core Duoを開発用に買ったはよいが、このマシンに変わったとたんにプログラム開発がぱたっと止まった。なにか、とんでもなく目が疲れる感じがする。気が乗らない。画面は大きく、マシンのパワーも段違いなはずなのに、いまひとつ生産性が上がらないのだ。キーボードがおろしたてで、いまひとつ快適な打鍵感を得られていないというのもあるかもしれない。 

こんな文章程度なら、ほとんど考えずに打ち続けられるものだが、プログラムはなかなかそういうわけにはいかないのだ。 

まあそんなこともあって、このiMac Core Duoでの開発に慣れるためにも、FTP Droplet Toasterぐらいのものを作ってみるのもよいだろうと考えたのものだ。

フランスの騒動でPiyocastの実装機能が増える

排他的なエンコーディングによる音楽配信を禁止する法案の採決がフランスで進んでいる。iPodでしか再生できないiTMS(=Walkmanでしか再生できないMora)はイカンということらしい。 

そんな騒ぎが起こったおかげで、Piyocastに実装しなくてはいけない機能が増えた。 

それは、 

  「ローカライズド リモート自爆スイッチ」 

である。

「リモート自爆スイッチ」とは、ソフトを公開した後であーだこーだと文句を言われてかなりマズいことになった場合に備えて、Piyocast Clientの機能をネットワーク経由で一律に無効化するものだ(爆発したりシステムに手を加えるものではない。ただ機能しなくなるだけである)。 

これは、全世界一律で停止させることを目論んでいたのだが、今回の騒ぎのおかげで、 

  「フランスだけ動作禁止」 

といったことが必要になってしまった。なんてこったい。それが、「ローカライズド リモート自爆スイッチ」である。 

「リモート自爆スイッチ」だけでもかなり物騒な名前だが、それにローカライズドが付いただけで、さらに言葉としての「へんてこさ加減」に磨きがかかった次第だ。

iMac Core Duoの飼いならし

iMac Core Duoが届いて2週間ほど。当初はこのマシンに慣れられず、使いにくさが募るばかりであった。 

画面が広いのにやけに文字が小さい(これは、当たり前か、、、)……と、思っていたのだがPowerBook G4から環境を移行ツールでそのまま移行させたので、PowerBookの文字サイズそのままになっていたのだ。 

そこで、メーラーやSafariの文字サイズを上げ、なんとか見られる状態に。 

あとは、テキストエディタ上で文字がうっすらとしていて見づらくて仕方がない。AppleScriptのプログラミングでも難儀するようでは困る。 

そこで、「システム環境設定」の「ディスプレイ」>「カラー」>「補正」でディスプレイの調整を行ってみた。 

ガンマ値もMac標準の1.8ではなく液晶パネルのネイティブのガンマを採用。これで文字が見えにくいということもなくなった。 

iMac Core Duoで文字がみづらいという方はぜひお試しを。

iMac 20インチの最適な設置場所とは

奥方様の実家は昔 縫製工場を営んでいた。そのため、実家には(元)ミシン用の机がいまでも勉強机などで使い続けられており、奥方様も一人暮らしの部屋に持ち込んで……めぐりめぐってそれをいまマシン部屋で使っている。 

ミシン用とか、紙ベースの事務仕事用の机なので、ちょっと(物理的な)高さがある。PowerBookを置いて使うぶんには十分にフィットするのだが、20インチのiMacには少々高すぎた。 

そこで、居間のこたつに移動させて座椅子で作業をしようと試みたのだが……これでも視線が高くならざるを得ず、いまひとつ使いにくいのである。 

居間のテーブルとかさまざまな場所に設置しては使い勝手を検証してみたのだが、目下のところ最適と思われるポジションは1つしかない。 

床に直置きするのだ。そして、寝っころがりながら使うのである。これがサイコー。 

居間と和室が隣接しており、ちょっとした段差がある。このため、ちょっとだけ低い居間のところに置いて、和室に布団を敷いて寝っころがりながら使うのだ。アゴの下にまくらを置いて、これで頭を固定する。 

目下、この体制が一番快適である。究極的には、専用のデスクが必要になるものと思われるが、かなり高さや角度を選びそうだ。

Office 2004のアップデートが出たので、Entourageのメールをメタ検索してみた

Microsoftから、予告どおりOffice 2004のアップデータが出た。SyncサービスやSpotlightへの対応を行ったものだ。Universal Binaryを提供するアップデータではないということも予告どおりだ。 

Syncサービスを用いて、他のアプリケーションとの同期や.Macを介してのデータ同期が行えるようになる、とリリースノートに書かれている。やはり、いろんなアプリケーションにデータが分散して存在するというのはMacBU(MS社内の"Macintosh Bussiness Unit"の略称。実はMac界の開発者のドリームチーム的存在)の連中も「これは、よくないよね」と考えたらしい。 

住所の情報がMac OS X標準添付のアドレスブックに入っていたり、はたまたEntourageの中にあるというのでは困るのだ。本件、Office v.XかMac OS X 10.2の登場時に指摘していたよーな気もするのだが、今のいままで解決されてこなかった話なのだ。しかし、このアップデータですっきりした。 

以前に、Mac OS X 10.3のリリース時にはSyncサービスがバグバグで、Office側でSyncサービスを利用できなかったという話も聞いていた。本来は1年以上昔に解決されているべき問題だったのだ(MSのせいでなく、US Appleのせいである)。 

今回のアップデートによりEntourageがSpotlightに対応し、メールのメッセージもメタデータ検索の対象となった。このため検索対象が大幅に増え、以前よりもSpotlightの応答速度が落ちたような気もするのだが、それはメールを溜め込みすぎているからだろう。 

推測の範囲を出るものではないが、Spotlightのデータベースチューニングはそれほどパフォーマンスを重視していないだろう。SpotlightでCPUのパワーを食いすぎると他のアプリケーションの動作に悪影響を与えかねないので……「ほどほど」といったところか(と、アップルの桜庭さんが言っていた)。 

だが、このままでは今後データ件数が増えるにしたがって、メタデータ検索の時間もかかるようになるに違いない。Mac OS X 10.5あたりでは、CPUに余裕がある場合には優先順位を上げるとか、「最低限このぐらいのパワーはSpotlightに割り振るよ」と、明示的に指定できるとか、そーゆー機構も欲しいところだ。 

で、以前作っておいたAppleScriptに手を加えて、EntourageのメールをSpotlightで検索してみた。 

……Entourageのメールメッセージの一覧は抽出できた。だが、フリーのキーワードで探す方法が分からない。SpotlightではSubjectだけでなく本文も検索対象となっているらしく、かなりいろいろと検索条件にひっかかる。だが、AppleScriptからspotlightを叩いて調べてみるものの、いまひとつ絞り込みに成功していない(全部リストアップされて焦る。G5やCore Duoでないとかなりつらいだろう)。 

検索結果がどのように示されるのかについて、もんのすごく興味があった。本来、Entourageのメールは1つのデータベースの中に入っているものであり、ファイル単位のSpotlight検索とはなじまない。 

どーも、一時的に全メールをファイルシステム上に展開している雰囲気が濃厚である。調べてみたところ、各ユーザーのライブラリの下のキャッシュディレクトリに1000件ずつディレクトリ分けして出力されていた。 

こーーれは、HDD容量の少ないノートユーザーには辛い仕様かもしれない。ものすごくHDD容量を圧迫しそうな感じだ。キャッシュディレクトリ下のメールメッセージの総容量を算出してみたら、800Mバイトほどあった。対して、目下Entourageのデータベースは2.7Gバイトほどだ。デスクトップ機なら寛大になれる容量だが、やはりノートにはつらい。あらかじめ「覚悟」が必要だ。 

結局、このキャッシュファイルから様々な仕様がさらに判明し、どうにかこうにかキーワードを指定してのメタ検索ができるようになった。ただ、かなり気を利かせて検索キーワードを分解してクエリーを投げてくれているような雰囲気がする(そこまでせんでえーっちゅうに)。さらに研究してみないといけない。 

Mac OS X 10.5で検索語句に対して類義語までキーワード展開して検索してくれるようになったらいいのだが……。

[メモ]iMac Core Duoはやっ!

iMac Core Duoがきた。さくっとメモリを1.5Gバイトに拡張。 

箱がばかでかい。20インチにしたからだが、こんなにバカでかい箱のコンピュータは買ったことがない。 

それほどソフトを試しているわけでもないが、Rosettaで動かしてみて、起動でそれほど遅さは感じない。ただ、Rosettaで動かすとちょっとPowerMac G5/2.5GHz Dualよりは遅いだろうかぐらいの感じで、極端に遅いようには思えない。 

なるほど〜。とりあえずXcodeをインストールしなくては、、、、

Script Debugger 4.0.1 Prerelease版が出た

Late Night SoftwareのMark Alldritからメールが来た。日本語サポートを改善した非公開バージョンを作ったので、ぜひダウンロードして評価してほしいとのこと。 

おおお、予想より速い展開。これは、US Apple社内で何らかの対応を行ったものと見た。 

早速試してみることに、、、

うーーーん、SD4のお試し版のお試し期間が切れてしまったので、「買ってねーん」ダイアログが出て先に進めんとですたい!!! 

 「どうしたもんかねぇ?」 

と、Mark Alldritにメールにて返信。さて、どうなるか?(^ー^;; 手元のマシンにはすべてSD4を入れて評価していたもので、SD4が入っていないマシンがない、、、、、、、、

PiyoCastのコンテンツ作成に欠かせないGarageBand

PiyoCastの開発もどんずまりになってくると(何度目かの最終局面、とかいう)、コンテンツ制作環境との擦り合わせが大事になってくる。 

当初、PodCastingコンテンツの作成は、Appleが提供しているコマンドラインのツールを直接利用するか、それにGUIをかぶせたアプリケーションを使うというものだった。 

だが、このPodcasting toolだったか、コマンドラインから使うツールはひじょーーに制約が多く、とっても使いづらかった。PiyoCastに与える影響が大きい部分なので、ここで擦り合わせが十分にできていないとつらい。 

その後、iLife '06が登場。GarageBandでPodCastingのコンテンツを作れるようになった。 

それはつまり、コマンドライン版のツールについては、今後はバージョンアップしませんよということであり、それをあてにしているツールの未来もすべて断たれたということである。 

日本国内で発売になった時にすぐさま購入し、いろいろとテストを重ねた。PowerMac G5/2.5Ghz Dualで試していたのでひじょーーに快適だ。 

PodCasingに関係する部分も……あら??? 以前のツールから進化したんだか仕様が変わったんだか、これまでのプログラムとは若干変わった。あわててPiyoCastのプログラムにも手を加える。 

ビデオPodCastもGarageBandで編集(というか、PodCast系の情報付加)でき、これにもPodCast系の情報を付加できた。 

なるほど、これなら割と簡単にコンテンツが作れそうだ。 

だが、困った事態が発生した。GarageBandを快適に使うためには、PowerBook G4/867とかPowerMac G4/733あたりだともはやパフォーマンスが足りず、自宅では作業自体を行うことができないのだ(ーー;;;; 

…………いま、とっても強力なニューマシンが欲しいです(T_T)

[メモ]iMac Core duoかな

Mac mini Core Solo/Mac Mini Core Duoの値段および構成が明らかになり、ややMac miniが「すうどん」から「天ぷらうどん」ぐらいの味付けになってきたので、その上位機種であるiMac Core Duoとの価格差とか機能差などから(iMac Core Duoの方が)「お買い得」感が増してきたのだ。 

Mac Book Proという案もないではないが、初物に飛びつくのもナニであるし、いまいちつぶしが効かない感じがする。 

外でデモを行うことを考えるとMac Book Proなのだが、やはり……価格差はいかんともしがたく、、、、、(ーー;;;

Copyright by Piyomaru Software, all rights reserved.