0002.1: Piyocast.com

バージョン1.0系のPiyoCastの完成度が高まる一方で、1.0のテーマとしていた各種機能を有効にするために、専用のWebサイトが必要なことが明らかになりました。そのために、急遽「piyocast.com」ドメインを取得しレンタルサーバーの契約をすることに。

もしも、さる筋から難癖を付けられ不測の事態に陥った時に、機能を一括停止させることでユーザーを争いごとに巻き込まないための「リモート自爆スイッチ」の広域作動実験など、サイトだけを用意しても試すことができず……機能テストを行うためだけにソフトを1本でっちあげる必要があるなど、なかなか一筋縄ではいきませんでした。

そんなこんなでv1.0系の開発がなかなか思うように進まない中、piyocast.comドメインのトップには長らく予告のためのページが1枚置かれるにとどまり、「ぴよまるソフトウェア」Webの「piyo.piyocast.com」のみの存在が国内外に認知されていたのでした。

Copyright by Piyomaru Software, all rights reserved.