Archive for 4月, 2017

2017/04/30 Computer Vision APIで文字認識(OCR)

MicrosoftのCognitive ServicesのREST APIのひとつ、Computer Vision APIを呼び出すAppleScriptです。

MicrosoftのAPIは割とシンプルでオンラインドキュメントも読みやすいため、書くのに3分ぐらいしかかかっていません(既存の別のAPI用のものをend pointとAPI keyとパラメータを書き換えただけ)。

Microsoft Cognitive Servicesのサイトで、開発者アカウント登録を行えば、本APIについては1か月に5,000回まで無料で使用できます(1分間に20回までという制限もあります)。アカウント登録を行い、OCR ServiceをEnableに設定して、本AppleScriptの末尾のretAPIKey()ハンドラ内にAPI Key 1を入力してください(API Keyを記入したScriptを決してそのまま第三者に配布しないでください。あくまでテストと確認用です)。

cognitive_key.png
▲ここの「Key 1」

Vision APIでは、対応画像ファイル形式はJPEG、PNG、GIF、BMP(!)。ファイル容量は4MB以下、50×50ピクセル以上の大きさである必要があります。

img_0320_resized.png

こんな「戦場の絆」のリプレイIDをゲームセンターで撮影して、このIDをもとにYouTubeのリプレイムービーのURLを検索することになるわけですが、このリプレイIDのOCRにComputer Vision APIを使ってみました。

この用途(ランダムに近い英数字の固定桁の組み合わせ、画面上のイメージの認識)については、かなり使える印象です。認識用に使用した画像は、iPhone 7で撮影して写真.appにiCloud経由で転送された写真をそのまま利用しており、ファイルサイズは2.6MB、画像の大きさは4032×3024ピクセルありました。このぐらいだと、認識のためにMicrosoftのクラウドにアップロードするのに少々待たされます。

{boundingBox:”929,1171,746,134″, text:”fy57nt2f“}
{boundingBox:”920,1438,770,135″, text:”3kt5y72v“}

この用途においては、とても誤認識が少ないと感じています。本来取り出したい目的のデータが日本語(ja)ではないので、言語を英数字(en)に指定して呼び出しています。

縦書きの日本語の印刷物の認識だと、もう少し結果が異なってくると思います。一応、この画面についても当初は日本語(ja)で認識していましたが、書体の問題もあり(ちょっと太すぎ?)日本語の文字については誤認識されまくっていました。

AppleScript名:Computer Vision APIで文字認識(OCR)
– Created 2017-04-30 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4622

set imgFilePath to POSIX path of (choose file of type {“public.image”} with prompt “Select an Image to OCR”)

set reqURLStr to “https://api.projectoxford.ai/vision/v1.0/ocr” –Microsoft Cognitive Services OCR endpoint
set myAPIkey to retAPIkey() of me –API Primary Key

–Request parameters
set aRec to {|language|:“en”, detectOrientation:“true”}
set bURL to retURLwithParams(reqURLStr, aRec) of me

set aRes to callRestPOSTAPIAndParseResultsWithImage(bURL, myAPIkey, imgFilePath) of me
set aRESTres to json of aRes

set aRESCode to responseCode of aRes
if aRESCode is not equal to 200 then return false
set aRESHeader to responseHeader of aRes

return ((regions of aRESTres) as list)
–>  {{language:”en”, regions:{{boundingBox:”728,366,1497,2042″, lines:{{boundingBox:”1655,366,186,28″, words:{{boundingBox:”1655,366,186,28″, text:”pea-a-r”}}}, {boundingBox:”1223,962,467,89″, words:{{boundingBox:”1223,962,467,89″, text:”UäLCOD”}}}, {boundingBox:”753,1134,922,171″, words:{{boundingBox:”753,1134,64,156″, text:”1″}, {boundingBox:”929,1171,746,134″, text:”fy57nt2f”}}}, {boundingBox:”1761,1167,458,64″, words:{{boundingBox:”1761,1175,80,53″, text:”20″}, {boundingBox:”1862,1169,169,62″, text:”17/0″}, {boundingBox:”2045,1167,174,60″, text:”4/26″}}}, {boundingBox:”2005,1231,215,52″, words:{{boundingBox:”2005,1231,215,52″, text:”17:55″}}}, {boundingBox:”742,1403,948,170″, words:{{boundingBox:”742,1403,86,160″, text:”2″}, {boundingBox:”920,1438,770,135″, text:”3kt5y72v”}}}, {boundingBox:”1765,1432,459,65″, words:{{boundingBox:”1765,1441,81,53″, text:”20″}, {boundingBox:”1866,1434,170,63″, text:”17/0″}, {boundingBox:”2050,1432,174,61″, text:”4/26″}}}, {boundingBox:”2010,1495,215,54″, words:{{boundingBox:”2010,1495,215,54″, text:”17:47″}}}, {boundingBox:”736,1672,88,176″, words:{{boundingBox:”736,1672,88,176″, text:”3″}}}, {boundingBox:”728,2240,96,168″, words:{{boundingBox:”728,2240,96,168″, text:”5″}}}}}, {boundingBox:”2817,1217,186,320″, lines:{{boundingBox:”2817,1217,175,53″, words:{{boundingBox:”2817,1217,175,53″, text:”6vs6″}}}, {boundingBox:”2826,1483,177,54″, words:{{boundingBox:”2826,1483,177,54″, text:”6vs6″}}}}}}, textAngle:0.0, orientation:”Up”}}

–POST methodのREST APIを画像をアップロードしつつ呼ぶ
on callRestPOSTAPIAndParseResultsWithImage(aURL, anAPIkey, imgFilePath)
  
  
–Get Image Contents from file
  
set imgPathStr to current application’s NSString’s stringWithString:imgFilePath
  
set imgData to current application’s NSData’s dataWithContentsOfFile:imgPathStr
  
set postBody to current application’s NSMutableData’s |data|()
  
postBody’s appendData:imgData
  
  
–Request
  
set aRequest to current application’s NSMutableURLRequest’s requestWithURL:(current application’s |NSURL|’s URLWithString:aURL)
  
aRequest’s setHTTPMethod:“POST”
  
aRequest’s setCachePolicy:(current application’s NSURLRequestReloadIgnoringLocalCacheData)
  
aRequest’s setHTTPShouldHandleCookies:false
  
aRequest’s setTimeoutInterval:60
  
aRequest’s setHTTPBody:postBody
  
aRequest’s setValue:“application/octet-stream” forHTTPHeaderField:“Content-Type”
  
aRequest’s setValue:anAPIkey forHTTPHeaderField:“Ocp-Apim-Subscription-Key”
  
  
–CALL REST API
  
set aRes to current application’s NSURLConnection’s sendSynchronousRequest:aRequest returningResponse:(reference) |error|:(missing value)
  
  
–Parse Results
  
set resList to aRes as list
  
  
set bRes to contents of (first item of resList)
  
set resStr to current application’s NSString’s alloc()’s initWithData:bRes encoding:(current application’s NSUTF8StringEncoding)
  
  
set jsonString to current application’s NSString’s stringWithString:resStr
  
set jsonData to jsonString’s dataUsingEncoding:(current application’s NSUTF8StringEncoding)
  
set aJsonDict to current application’s NSJSONSerialization’s JSONObjectWithData:jsonData options:0 |error|:(missing value)
  
  
–Get Response Code
  
set dRes to contents of second item of resList
  
set resCode to (dRes’s statusCode()) as integer
  
  
–Get Response Header
  
set resHeaders to (dRes’s allHeaderFields()) as record
  
  
return {json:aJsonDict, responseCode:resCode, responseHeader:resHeaders}
  
end callRestPOSTAPIAndParseResultsWithImage

on retURLwithParams(aBaseURL, aRec)
  set aDic to current application’s NSMutableDictionary’s dictionaryWithDictionary:aRec
  
  
set aKeyList to (aDic’s allKeys()) as list
  
set aValList to (aDic’s allValues()) as list
  
set aLen to length of aKeyList
  
  
set qList to {}
  
repeat with i from 1 to aLen
    set aName to contents of item i of aKeyList
    
set aVal to contents of item i of aValList
    
set the end of qList to (current application’s NSURLQueryItem’s queryItemWithName:aName value:aVal)
  end repeat
  
  
set aComp to current application’s NSURLComponents’s alloc()’s initWithString:aBaseURL
  
aComp’s setQueryItems:qList
  
set aURL to (aComp’s |URL|()’s absoluteString()) –as text
  
  
return aURL
end retURLwithParams

on retAPIkey()
  return “xXXXXxXxXxXXXXxxxXXxXXXxxXxxXxxx” –API Primary Key
end retAPIkey

★Click Here to Open This Script 

2017/04/28 えほんシリーズ、続刊作成中

AppleScriptえほんシリーズ(1)として作成した「iTunes Control」の続刊が「Keynote Control」(近日刊行予定)です。

ただし、分量が割と増えたために2分冊になります。難易度を上げずに丁寧に説明すると、分量が増えてしまいます(汗)。

keynote1.png
▲Keynote Control (1)

keynote1a.png
▲Keynote Control (1) もくじ ※作成中のため、変更になる可能性もあります

keynote2.png
▲Keynote Control (2) 表紙

Keynote Control 1では、Keynoteの基礎的なオブジェクトへのアクセスを体験。
続刊のKeynote Control 2では、より実践的なオブジェクトのアクセスを体験できるようになります。

そして、この2冊は同時に出る予定です(1冊はほぼ書きあがったので2冊目に着手)。本シリーズは、ある程度バリエーションが増えないと価値が出てこないので、アイテム数を増やす方向で作業をすすめています。

「その次」についての候補があればぜひご意見をお寄せください。ダミーで表紙を作ってみた感じではありますが、こんな感じ(↓)のものもありえそうで。

airpods_control.png

2017/04/27 テックサイト ごちゃまぜフィードを呼び出す

apitoreREST API「テックサイト ごちゃまぜフィード」を呼び出すAppleScriptです。

apitore側で、以下のテック系Blogを自動巡回して(30分に一度)更新情報を蓄積、新しい順番にソートしたものがREST API経由で提供されています。

巡回サイトは、ライフハッカー、メディア・パブ、スラッシュドット、ギズモード、ゆかしメディア、TechWave、TechDoll.jp、TechCrunch、Reuters、Google Japan Blog、GIGAZINE、Engadget、CNET、All About(オールアバウト) [新着記事]、男子ハック、Techable、ReadWrite Japan、MdN Design Interactive、WIRED.jp、アンドロイドアプリが見つかる!スマホ情報ならオクトバ、ITmedia 総合、ITmedia トップストーリー

となっています(記事執筆時)。

apitoreでは、この「テックサイト ごちゃまぜフィード」のほか、「旅行系」「ニュース」「ブログ 」「デザイン系」などの情報源のフィード系REST APIを提供しています。

本Scriptをテストするためには、apitoreにサインアップしてAccess Tokenを取得して、Script末尾の伏字部分にコピー&ペーストしてください(掲載リストをそのまま実行してもエラーになります)。

Webクローラーを自前で作って定期実行しなくても、Web API経由でクローリングした結果がもらえるというのは、とてもメリットが大きいと思います。AppleScriptではGUIアプリケーションの内部機能からOS内部のCocoa API、shell script、そしてWeb上のREST APIまで直接呼べるので、こんな「なんでもアリ」な環境はなかなかないでしょう。

AppleScript名:テックサイト ごちゃまぜフィード
– Created 2016-10-27 by Takaaki Naganoya
– 2016 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4616

set allFeeds to {}

repeat with i from 1 to 100
  set {aRes, maxNum} to getAFeeds(i) of me
  
  
if aRes = false then exit repeat
  
set maxNum to maxNum as number
  
set allFeeds to allFeeds & aRes
  
if (maxNum div 10) i then
    exit repeat
  end if
end repeat

return allFeeds
–>  
(*
{{author:”Ittousai”, sourceTitle:”Engadget Japanese RSS Feed”, title:” 速報:サムスンGalaxy S8発表イベント UNPACKED 2017 (ライブ更新ページ)
“, link:”http://japanese.engadget.com/2017/03/29/galaxy-s8-unpacked-2017/”, pubDate:1.49079606E+12, description:”

“, sourceLink:”http://japanese.engadget.com/rss.xml”},
*)

on getAFeeds(aNum)
  set reqURLStr to “https://api.apitore.com/api/35/feeds/tech”
  
set accessToken to retAccessToken() —Access Token
  
set aRec to {access_token:accessToken, page:(aNum as string)}
  
set aURL to retURLwithParams(reqURLStr, aRec) of me
  
  
set aRes to callRestGETAPIAndParseResults(aURL) of me
  
  
set aRESCode to (responseCode of aRes) as integer
  
if aRESCode is not equal to 200 then return {false, false}
  
  
set aRESTres to (json of aRes) as record
  
  
set sentiRes to entries of aRESTres
  
set allNum to num of aRESTres
  
log allNum
  
  
return {sentiRes, allNum}
end getAFeeds

–GET methodのREST APIを呼ぶ
on callRestGETAPIAndParseResults(aURL)
  
  
set aRequest to current application’s NSMutableURLRequest’s requestWithURL:(current application’s |NSURL|’s URLWithString:aURL)
  
  
aRequest’s setHTTPMethod:“GET”
  
aRequest’s setCachePolicy:(current application’s NSURLRequestReloadIgnoringLocalCacheData)
  
aRequest’s setHTTPShouldHandleCookies:false
  
aRequest’s setTimeoutInterval:60
  
aRequest’s setValue:“application/json” forHTTPHeaderField:“Accept”
  
  
set aRes to current application’s NSURLConnection’s sendSynchronousRequest:aRequest returningResponse:(reference) |error|:(missing value)
  
set resList to aRes as list
  
  
set bRes to contents of (first item of resList)
  
set resStr to current application’s NSString’s alloc()’s initWithData:bRes encoding:(current application’s NSUTF8StringEncoding)
  
  
set jsonString to current application’s NSString’s stringWithString:resStr
  
set jsonData to jsonString’s dataUsingEncoding:(current application’s NSUTF8StringEncoding)
  
set aJsonDict to current application’s NSJSONSerialization’s JSONObjectWithData:jsonData options:0 |error|:(missing value)
  
  
–Get Response Code & Header
  
set dRes to contents of second item of resList
  
if dRes is not equal to missing value then
    set resCode to (dRes’s statusCode()) as number
    
set resHeaders to (dRes’s allHeaderFields()) as record
  else
    set resCode to 0
    
set resHeaders to {}
  end if
  
  
return {json:aJsonDict, responseCode:resCode, responseHeader:resHeaders}
  
end callRestGETAPIAndParseResults

on retURLwithParams(aBaseURL, aRec)
  set aDic to current application’s NSMutableDictionary’s dictionaryWithDictionary:aRec
  
  
set aKeyList to (aDic’s allKeys()) as list
  
set aValList to (aDic’s allValues()) as list
  
set aLen to length of aKeyList
  
  
set qList to {}
  
repeat with i from 1 to aLen
    set aName to contents of item i of aKeyList
    
set aVal to contents of item i of aValList
    
set the end of qList to (current application’s NSURLQueryItem’s queryItemWithName:aName value:aVal)
  end repeat
  
  
set aComp to current application’s NSURLComponents’s alloc()’s initWithString:aBaseURL
  
aComp’s setQueryItems:qList
  
set aURL to (aComp’s |URL|()’s absoluteString()) as text
  
  
return aURL
end retURLwithParams

on retAccessToken()
  return “XXXXxxxX-xxxx-XXXx-xxxX-XxxxXxXxxXXx” –API Tore Access Token
end retAccessToken

★Click Here to Open This Script 

2017/04/27 単色画像(アルファ値必要)に色を指定して塗りつぶし

背景を透明(アルファ値指定)にした単色の画像に、指定の色を指定して塗りつぶしを行うAppleScriptです。

input_and_output.png

単色の画像を作成して、指定画像との合成を行い「塗りつぶし」の状態を作り出すものです。Photoshopを使えば、あっという間にできてしまう処理ですが、Photoshopは並列処理に使えないのでこうした部品を作っておいたものです。

AppleScript名:単色画像(アルファ値必要)に色を指定して塗りつぶし
– Created 2017-04-24 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “AppKit”
use framework “QuartzCore”
–http://piyocast.com/as/archives/4615

set aFile to POSIX path of (choose file of type “public.image”)
set aColor to makeNSColorFromRGBA255val(0, 0, 255, 255) of me
set aColoredImage to fillColorWithImage(aFile, aColor) of me

set aDesktopPath to ((current application’s NSProcessInfo’s processInfo()’s environment()’s objectForKey:(“HOME”))’s stringByAppendingString:“/Desktop/”)
set savePath to (aDesktopPath’s stringByAppendingString:((current application’s NSString’s stringWithString:“testOverlay”)’s stringByAppendingString:“.png”))
set fRes to saveNSImageAtPathAsPNG(aColoredImage, savePath) of me

on fillColorWithImage(aFile, aColor)
  set anImage to (current application’s NSImage’s alloc()’s initWithContentsOfFile:aFile)
  
set aSize to anImage’s |size|()
  
set aWidth to (aSize’s width)
  
set aHeight to (aSize’s height)
  
set colordImage to makeNSImageWithFilledWithColor(aWidth, aHeight, aColor) of me
  
colordImage’s lockFocus()
  
anImage’s drawAtPoint:{0, 0} fromRect:(current application’s NSZeroRect) operation:(current application’s NSCompositeDestinationIn) fraction:1.0
  
colordImage’s unlockFocus()
  
return colordImage
end fillColorWithImage

–指定サイズの画像を作成し、指定色で塗ってファイル書き出し
on makeNSImageWithFilledWithColor(aWidth, aHeight, fillColor)
  set anImage to current application’s NSImage’s alloc()’s initWithSize:(current application’s NSMakeSize(aWidth, aHeight))
  
anImage’s lockFocus()
  

  
set theRect to {{x:0, y:0}, {height:aHeight, width:aWidth}}
  
set theNSBezierPath to current application’s NSBezierPath’s bezierPath
  
theNSBezierPath’s appendBezierPathWithRect:theRect
  

  
fillColor’s |set|() –色設定
  
theNSBezierPath’s fill() –ぬりつぶし
  

  
anImage’s unlockFocus()
  

  
return anImage
end makeNSImageWithFilledWithColor

on makeNSColorFromRGBA255val(redValue as integer, greenValue as integer, blueValue as integer, alphaValue as integer)
  set aRedCocoa to (redValue / 255) as real
  
set aGreenCocoa to (greenValue / 255) as real
  
set aBlueCocoa to (blueValue / 255) as real
  
set aAlphaCocoa to (alphaValue / 255) as real
  
set aColor to current application’s NSColor’s colorWithCalibratedRed:aRedCocoa green:aGreenCocoa blue:aBlueCocoa alpha:aAlphaCocoa
  
return aColor
end makeNSColorFromRGBA255val

–NSImageを指定パスにPNG形式で保存
on saveNSImageAtPathAsPNG(anImage, outPath)
  set imageRep to anImage’s TIFFRepresentation()
  
set aRawimg to current application’s NSBitmapImageRep’s imageRepWithData:imageRep
  
set pathString to current application’s NSString’s stringWithString:outPath
  
set newPath to pathString’s stringByExpandingTildeInPath()
  
set myNewImageData to (aRawimg’s representationUsingType:(current application’s NSPNGFileType) |properties|:(missing value))
  
set aRes to (myNewImageData’s writeToFile:newPath atomically:true) as boolean
  
return aRes –成功ならtrue、失敗ならfalseが返る
end saveNSImageAtPathAsPNG

★Click Here to Open This Script 

2017/04/26 指定画像の余白の自動トリミング

オープンソースのKGPixelBoundsClip(By David Keegan)をフレームワーク化した「KGPixelBoundsClipKit」を呼び出して指定画像を自動でトリミングするAppleScriptです。

OS X 10.10以降用にビルドしたフレームワークのバイナリを用意しておきました。興味のある方は自己責任で~/Library/Frameworksフォルダに入れてお試しください。

–> Download Framework Binary

指定画像(背景を透明に指定したPNGで実行)を自動トリミングして、デスクトップに結果を書き出します。

Photoshopにも同様の機能があったような記憶がありますが、フレームワーク経由で実行することで並列処理を行いやすい部品を作っておくことが目的です。

original_and_trimed.png

AppleScript名:指定画像の余白の自動トリミング
– Created 2017-04-26 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “AppKit”
use framework “KGPixelBoundsClipKit” –https://github.com/kgn/KGPixelBoundsClip
–http://piyocast.com/as/archives/4611

set aFile to POSIX path of (choose file of type {“public.image”})
set anImage to (current application’s NSImage’s alloc()’s initWithContentsOfFile:aFile)

set bImage to anImage’s imageClippedToPixelBounds()

set aDesktopPath to (current application’s NSProcessInfo’s processInfo()’s environment()’s objectForKey:(“HOME”))’s stringByAppendingString:“/Desktop/”
set savePath to aDesktopPath’s stringByAppendingString:((current application’s NSUUID’s UUID()’s UUIDString())’s stringByAppendingString:“.png”)
set fRes to saveNSImageAtPathAsPNG(bImage, savePath) of me

–NSImageを指定パスにPNG形式で保存
on saveNSImageAtPathAsPNG(anImage, outPath)
  set imageRep to anImage’s TIFFRepresentation()
  
set aRawimg to current application’s NSBitmapImageRep’s imageRepWithData:imageRep
  
set pathString to current application’s NSString’s stringWithString:outPath
  
set newPath to pathString’s stringByExpandingTildeInPath()
  
set myNewImageData to (aRawimg’s representationUsingType:(current application’s NSPNGFileType) |properties|:(missing value))
  
set aRes to (myNewImageData’s writeToFile:newPath atomically:true) as boolean
  
return aRes
end saveNSImageAtPathAsPNG

★Click Here to Open This Script 

2017/04/24 画像中の色の置き換え

オープンソースのNSImage-replace-color(By braginets)をフレームワーク化した「replaceColorKit」を呼び出して指定画像中の指定色を置き換えるAppleScriptです。

OS X 10.10以降用にビルドしたフレームワークのバイナリを用意しておきました。興味のある方は自己責任で~/Library/Frameworksフォルダに入れてお試しください。

–> Download Framework Binary

piyo_wolf.png
▲Original

piyo_gray_02.png
▲Color Replaced Image (Yellow->Gray)

rep_doc.png

R, G, Bのグラデーション画像を作成して、色の置き換えをテストしてみたところ、置き換え色がR:255やB:255の色の場合に置き換え色がやや変わってしまうという傾向があるようです。

specificated_sampledata.png

rep_color_diff.png

AppleScript名:画像中の色の置き換え
– Created 2017-04-23 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version "2.4"
use scripting additions
use framework "Foundation"
use framework "replaceColorKit" –https://github.com/braginets/NSImage-replace-color
use framework "AppKit"
–http://piyocast.com/as/archives/4604

set aThreshold to 0.2

set aFile to POSIX path of (choose file of type {"public.image"})
set anImage to (current application’s NSImage’s alloc()’s initWithContentsOfFile:aFile)

set aColor to makeNSColorFromRGBA255val(246, 253, 0, 255) of me
set bColor to makeNSColorFromRGBA255val(154, 154, 154, 255) of me

set bImage to (anImage’s replaceColor:aColor withColor:bColor withThreshold:aThreshold)

set aDesktopPath to ((current application’s NSProcessInfo’s processInfo()’s environment()’s objectForKey:("HOME"))’s stringByAppendingString:"/Desktop/")
set savePath to (aDesktopPath’s stringByAppendingString:((current application’s NSString’s stringWithString:(aThreshold as string))’s stringByAppendingString:".png"))
set fRes to saveNSImageAtPathAsPNG(bImage, savePath) of me

–0〜255の数値でNSColorを作成する
on makeNSColorFromRGBA255val(redValue as integer, greenValue as integer, blueValue as integer, alphaValue as integer)
  set aRedCocoa to (redValue / 255) as real
  
set aGreenCocoa to (greenValue / 255) as real
  
set aBlueCocoa to (blueValue / 255) as real
  
set aAlphaCocoa to (alphaValue / 255) as real
  
set aColor to current application’s NSColor’s colorWithCalibratedRed:aRedCocoa green:aGreenCocoa blue:aBlueCocoa alpha:aAlphaCocoa
  
return aColor
end makeNSColorFromRGBA255val

–NSImageを指定パスにPNG形式で保存
on saveNSImageAtPathAsPNG(anImage, outPath)
  set imageRep to anImage’s TIFFRepresentation()
  
set aRawimg to current application’s NSBitmapImageRep’s imageRepWithData:imageRep
  
  
set pathString to current application’s NSString’s stringWithString:outPath
  
set newPath to pathString’s stringByExpandingTildeInPath()
  
  
set myNewImageData to (aRawimg’s representationUsingType:(current application’s NSPNGFileType) |properties|:(missing value))
  
set aRes to (myNewImageData’s writeToFile:newPath atomically:true) as boolean
  
  
return aRes
end saveNSImageAtPathAsPNG

★Click Here to Open This Script 

2017/04/21 GUI ScriptingによるTouchBarへのアクセス

Bill CheesemanがAppleScript Users MLに投稿したところによると、GUI Scriptingを用いてTouchBarへのアクセスに成功したとのこと。

TouchBar自体は価格が高く、本体価格が3万円近く上昇してしまうためMacBook Pro 15インチモデルにおいても近い将来TouchBarなしモデルの発売が検討されているなど、微妙な存在ではありますが・・・あると便利な気がします。

Bill Cheesemanによる本テストスクリプトは、ハードウェアとしてのTouchBarが存在する、あるいはソフトウェアベースのエミュレータ(TouchBar Serverなど)が存在する環境で実行すると、その情報を取得してくれます。

touchbar_resized.png

{minimum value:missing value, orientation:missing value, position:{80, 0}, class:pop up button, role description:”touchbarポップオーバー”, accessibility description:”文字ピッカー”, focused:false, title:”", size:{72, 30}, value:missing value, help:”特殊文字や絵文字を選択するときにタップします”, enabled:true, maximum value:missing value, role:”AXPopUpButton”, entire contents:{}, subrole:missing value, selected:missing value, name:missing value, description:”文字ピッカー”}

得られた情報を確認してみると、いろいろと興味深い情報が返ってきているようです。

touchbar2.png

TouchBarが存在しない環境で実行すると、

toucherror.png

のように、エラー情報を表示します。ダイアログ表示はテストScript側で行っているものであり、表示せずにスルーするのが実際の使い方になるはずです。

なお、本Scriptを実行する際にはシステム環境設定の「セキュリティとプライバシー」の「プライバシー」でアクセシビリティの項目に「スクリプトエディタ」を登録しておく必要があります(GUI Scriptingのいつものお約束)。

AppleScript名:TouchBarの検出デモ
– Touch Bar GUI Scripting Demo
– 1.0.0 Bill Cheeseman 2017-04-21

– Usage: Run this script in Script Editor or Script Debugger to see its Touch Bar information.

property touchBarRole : “AXFunctionRowTopLevelElement”

tell application “System Events”
  set frontApp to first application process whose frontmost is true
  
try
    set touchBar to first UI element of frontApp whose role is touchBarRole
  on error errMsg number errNum
    display alert “No Touch Bar support” message “This application or the Mac running it does not support the Touch Bar, or accessibility has not been allowed for script runner in the Security & Privacy pane of System Preferences.

& errMsg & space & errNum
    return
  end try
  
set touchBarItems to value of attribute “AXChildren” of touchBar
  
return properties of item 1 of touchBarItems
  
–> {minimum value:missing value, orientation:missing value, position:{80, 0}, class:pop up button, role description:”touchbarポップオーバー”, accessibility description:”文字ピッカー”, focused:false, title:”", size:{72, 30}, value:missing value, help:”特殊文字や絵文字を選択するときにタップします”, enabled:true, maximum value:missing value, role:”AXPopUpButton”, entire contents:{}, subrole:missing value, selected:missing value, name:missing value, description:”文字ピッカー”}
end tell

★Click Here to Open This Script 

2017/04/21 Safariの最前面のウィンドウで表示している内容をMacJournalの選択中のjournalに新規エントリを作成して入れ

Safariの最前面のウィンドウで表示しているページのテキストとタイトルで、MacJournalの選択中のJournalに新規エントリを作成するAppleScriptです。

mjournal1.png

さまざまなデータ処理を行うさいのコーパス(例文)を集めるために作成したものです。本来は指定URLをリストで保持しておいて、そこから順次Webページを表示して複数のページを一気に処理するAppleScriptを作ったときに「ついで」に作成。

SafariからWebサイトのテキストを取得するのは、なかなか大変です。

何が大変かといえば、「取得そのもの」ではなく、「取得した内容」が本当に文字化けしていないかどうか、チェックする必要があるということです。とくに、古いWebサイトだと文字コードの指定が不十分で、自動判別できないケースもあります

とりあえず、その処理は省略して(すでに書いてあるので)、MacJournalの中にWebサイトから取得した本文を入れてみることにしました。

すべて自動で連続して作成したときには問題はなかったのですが、「現在表示中のWebサイトの内容を現在選択中のMacJournalのジャーナルに新規エントリに作成」とかいう、1回実行するだけのScriptを走らせてみたところ、予想外の挙動がありました。

選択中のジャーナル(フォルダみたいなもの)の中に新規エントリ(記事)を作成すると、そのエントリへのオブジェクト参照が返ってくることが期待できます。ところが、MacJournalで実行したところ、なぜか以前に作成したエントリに内容が上書きされてしまいました。

おそらく、内部処理のバグだと思うのですが、本来であればID(固有値)が返ってくるべきところでindex(順番で数えた数)が返ってきてしまっている様子。エントリの新規作成時の返り値をそのまま使うとだまされるわけです。

そこで、新規作成エントリが選択中される(selected entry)ことを利用し、その選択中のエントリに対してタイトルと本文を設定することで、新規作成エントリを指定しないで対処しました。

何も考えずに単にObjective-Cの解釈と書き換えを行うだけのAppleScriptObjCのプログラムよりも、出来の悪いGUIアプリケーションを相手に対策を考えることのほうがプログラミングっぽい感じがします。

AppleScript名:Safariの最前面のウィンドウで表示している内容をMacJournalの選択中のjournalに新規エントリを作成して入れる
– Created 2017-04-21 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version "2.4"
use scripting additions
use framework "Foundation"
–http://piyocast.com/as/archives/4598

–現在選択中のJournalを取得
tell application "MacJournal"
  tell document 1
    set curJournal to selected journal
  end tell
end tell

set titleRes to getPageTitleOfFrontmostWindow() of me
if titleRes = false then return

set textRes to getPageTextOfFrontmostWindow() of me
if textRes = false then return

tell application "MacJournal"
  tell curJournal
    set jRes to make new journal entry –ここで新規作成したentryへの参照を取得するが、どうも固定のIDではなくindexが返ってくるもよう
  end tell
  
  
tell selected entry
    set name to titleRes
    
set plain text content to textRes
  end tell
end tell

on getPageTextOfFrontmostWindow()
  tell application "Safari"
    if (count every window) = 0 then return false
    
tell window 1
      set aProp to properties
    end tell
    
set aDoc to document of aProp
    
set aText to text of aDoc
  end tell
  
return aText
end getPageTextOfFrontmostWindow

on getPageTitleOfFrontmostWindow()
  tell application "Safari"
    if (count every window) = 0 then return false
    
tell window 1
      set aProp to properties
    end tell
    
set aDoc to document of aProp
    
set aText to name of aDoc
  end tell
  
return aText
end getPageTitleOfFrontmostWindow

★Click Here to Open This Script 

2017/04/20 日本語音声認識テスト

日本語音声認識コマンドを待機、認識するAppleScriptです。

とくに日本語であることは指定していませんが、実行ユーザー環境が日本語環境で、Macに日本語音声認識エンジンがインストールされていて、サウンド入力デバイスが存在している場合には音声認識を行います(対象言語を指定して音声認識エンジンを起動できるといいのに。あるいは、与えるコマンド文字列から対応するエンジンが起動されるのか、、、、)。

OS側で用意している日本語音声認識によるAppleScript呼び出し機能よりも、素朴な機能ではありますが、音声認識文字列をリストで動的にAppleScript側から指定できる点や、他の音声認識機能の抑止指定が便利なこともあることでしょう。

recog1.png

普通に認識してくれます。認識フローティングウィンドウの「表示」をクリックすると、

recog2.png

指定したコマンド文字列一覧を表示します。

問題は音声認識の停止です。stopListening()を実行するとコマンド認識は停止するようですが、この認識フローティングウィンドウが消えないので、ちょっと困ります。

AppleScript名:日本語音声認識テスト
– Created 2017-04-20 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.5″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “AppKit”
–http://piyocast.com/as/archives/4595

set aCmdList to {“こんにちは”, “こんばんは”, “おはよう”}
–set aCmdList to {”Hello”, “goodnight”, “goodevening”}

set aRecognizer to current application’s NSSpeechRecognizer’s alloc()’s init()
aRecognizer’s setCommands:aCmdList
aRecognizer’s setDelegate:me
aRecognizer’s setListensInForegroundOnly:true
aRecognizer’s startListening()
aRecognizer’s setBlocksOtherRecognizers:true

on speechRecognizer:aSender didRecognizeCommand:aCmd
  set recogCmd to aCmd as string
  
say recogCmd using “Otoya” –Japanese Male Voice
  
–aSender’s stopListening()
end speechRecognizer:didRecognizeCommand:

★Click Here to Open This Script 

2017/04/19 NSColorからCIColorを作成

NSColorからCIColorを作成するAppleScriptです。

CoreImageの各種フィルタを利用して画像加工するさいに、色オブジェクトを指定するフィルタがいくつかあります。その際に指定するのがCIColor。そのため、NSColorからCIColorを求めるサンプルを書いてみました。

ただ、パラメータを指定してCIColorを作ってみても、たいして難しくもなんともないんですね(汗)

AppleScript名:NSColorからCIColorを作成
– Created 2017-04-19 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “QuartzCore”
use framework “AppKit”
–http://piyocast.com/as/archives/4591

set redValue to 0
set greenValue to 0
set blueValue to 1
set alphaVlaue to 1.0

set aNSColor to current application’s NSColor’s colorWithCalibratedRed:redValue green:greenValue blue:blueValue alpha:alphaVlaue
set aCIColor to current application’s CIColor’s alloc()’s initWithColor:aNSColor
–>  (CIColor) (0 0 1 1)

★Click Here to Open This Script 

AppleScript名:値を指定してCIColorを作成
– Created 2017-04-19 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “QuartzCore”
–http://piyocast.com/as/archives/4591

set redValue to 0
set greenValue to 0
set blueValue to 1
set alphaVlaue to 1.0

set aCIColor to current application’s CIColor’s alloc()’s initWithRed:redValue green:greenValue blue:blueValue alpha:alphaVlaue
–>  (CIColor) (0 0 1 1)

★Click Here to Open This Script 

2017/04/18 HelpBookの項目表示、キーワード検索

macOS上でヘルプを表示するHelpViewerはAppleScriptに対応しており、任意の項目の表示、キーワード検索、指定URLのオープンなどを行えるようになっています。

ただし、HelpViewerをAppleScriptから普通に操作したときの動作が怪しいので、Cocoa経由でも操作する方法を調べておきました。

HelpViewerで指定HelpBook中の指定のアンカーを表示させるだけであれば、

AppleScript名:help_sample
tell application “HelpViewer”
  activate
  
try
    lookup anchor “scpedt1126″ in book “com.apple.ScriptEditor.help”
  end try
end tell

★Click Here to Open This Script 

このぐらいの簡素な記述でOKです。これをCocoa経由で操作すると、

AppleScript名:指定アプリケーションのヘルプブック内の指定アンカーを表示する
– Created 2017-04-18 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “AppKit”
–http://piyocast.com/as/archives/4590

set anAppName to “Script Editor”
set aTargAnchor to “scpedt1126″ —-https://help.apple.com/scripteditor/mac/10.12/index.html?localePath=ja.lproj#/scpedt1126
set hRes to openHelpBook(anAppName, aTargAnchor) of me

–指定アプリケーションのヘルプブックで、指定アンカーを表示する
on openHelpBook(anAppName, aTargAnchor)
  set locBookName to getHelpBook(anAppName) of me
  
if locBookName = false then return false
  
current application’s NSHelpManager’s sharedHelpManager()’s openHelpAnchor:aTargAnchor inBook:locBookName
end openHelpBook

–指定アプリケーションのヘルプブック名称を取得する
on getHelpBook(anAppName)
  set aWorkspace to current application’s NSWorkspace’s sharedWorkspace()
  
set appPath to aWorkspace’s fullPathForApplication:anAppName
  
if appPath is equal to missing value then return false
  
  
set locBookName to (current application’s NSBundle’s bundleWithPath:appPath)’s objectForInfoDictionaryKey:“CFBundleHelpBookName”
  
if locBookName is equal to missing value then return false
  
–> “com.apple.ScriptEditor.help”
  
return locBookName
end getHelpBook

★Click Here to Open This Script 

このぐらいになります。ただし、前者の記述ではHelpBook名称があらかじめわかっていることが前提、後者ではアプリケーション名からHelpBook名を取得して項目表示するという違いがあります。

問題はキーワード検索で、HelpViewerを直接コントロールすると、

AppleScript名:HelpViewerで検索する?(未遂)
tell application “HelpViewer”
  activate
  
search looking for “用語説明”
end tell

★Click Here to Open This Script 

このぐらいの簡素な記述で済むはずですが、結果はHelpViewerに表示されません(単に記述が違っているという可能性もあります)。

これをCocoaの機能を用いて操作すると、きちんと検索結果が表示されます。Webサーバー上にあるヘルプのコンテンツを連続して同一ページを表示させると、5回に1回はエラー(未表示)になるなど、挙動がよくわかりません。

HelpViewerの中身はほぼ(遅い)Webブラウザで、有用性についても疑問が残ります。

AppleScript名:指定アプリケーションのヘルプブック内で指定キーワードを検索する
– Created 2017-04-18 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “AppKit”
–http://piyocast.com/as/archives/4590

set anAppName to “Script Editor”
set aTargString to “用語説明” –”Script Dictionary” in Japanese
set hRes to searchHelpBook(anAppName, aTargString) of me

–指定アプリケーションのヘルプブックで、指定アンカーを表示する
on searchHelpBook(anAppName, aTargString)
  set locBookName to getHelpBook(anAppName) of me
  
if locBookName = false then return false
  
current application’s NSHelpManager’s sharedHelpManager()’s findString:aTargString inBook:locBookName
end searchHelpBook

–指定アプリケーションのヘルプブック名称を取得する
on getHelpBook(anAppName)
  set aWorkspace to current application’s NSWorkspace’s sharedWorkspace()
  
set appPath to aWorkspace’s fullPathForApplication:anAppName
  
if appPath is equal to missing value then return false
  
  
set locBookName to (current application’s NSBundle’s bundleWithPath:appPath)’s objectForInfoDictionaryKey:“CFBundleHelpBookName”
  
if locBookName is equal to missing value then return false
  
–> “com.apple.ScriptEditor.help”
  
return locBookName
end getHelpBook

★Click Here to Open This Script 

2017/04/17 新刊書籍「iTunes Control」のオンライン販売を開始しました

新刊書籍「iTunes Control」の販売を開始しました。全48ページ、全ページカラーです。

AppleScriptがわからなくても、簡単な記述でアプリケーションの情報をとってきたり、アプリケーションに情報を設定したり、曲を検索して再生させるなどの高度な操作がかんたんに行える「体験」をご提供する本です。

AppleScriptをわかっている人には、よりGUIアプリケーションの操作をわかっていただけるものと思います。

「ホップ」「ステップ」「ジャンプ」の3段階難易度設定で、急に難しくならない「痛くない入門書」。一番最後に掲載されているプログラムリストでも10行に満たないコンパクトさ。それでいて、iTunesをはじめとしたGUIアプリケーション操作の真髄ともいえる、フィルタ参照を実際に体感できます。

なお、初心者向けの「Control」シリーズと、中級者向けの「Scripting」シリーズを計画しており、「iTunes Control」の続刊にはご要望にお応えして「Keynote Control」を予定しています。

2017/04/17 リストをクラス名でフィルタする v0

リストをクラス名でフィルタするAppleScriptです。指定クラスに合致するデータをリスト中から抽出します。

Charanさんから先日掲載したリストに対して「もっと簡単に書けるよ」と指摘があって、試してみたらそのとおり! ひととおり動作確認して掲載しておくことにしました。

一応、対応OSを10.9からと記載してありますが、この内容だとおそらくもっと古いOSでも問題なく動作することでしょう。

as137.png
▲Classic Mac OS 8.6上のAppleScript J1-1.3.7で動作することを確認

AppleScript名:リストをクラス名でフィルタする v0
–http://piyocast.com/as/archives/4588

set theList to {1, 2, 2.0, “aaa”, “bbb”, {a:1}, {1, 3, 4, 5, 6}, false, true}

lists of theList
–>{{1, 3, 4, 5, 6}}
text of theList
–> {”aaa”, “bbb”}
strings of theList
–> {”aaa”, “bbb”}
–unicode texts of theList
–> error
records of theList
–> {{a:1}}
booleans of theList
–> {false, true}
reals of theList
–> {2.0}
integers of theList
–> {1, 2}
numbers of theList
–> {1, 2, 2.0}

★Click Here to Open This Script 

「integers」ということは「every integer」と書き換えることが可能なので、そのとおりに書き換えてみたら、予想通り動きました。

AppleScript名:リストをクラス名でフィルタする v0a
–http://piyocast.com/as/archives/4588

set theList to {1, 2, 2.0, "aaa", "bbb", {a:1}, {1, 3, 4, 5, 6}, false, true}

set bList to every integer of theList
–> {1, 2}
set cList to every real of theList
–> {2.0}
set dList to every string of theList
–> {"aaa", "bbb"}
set eList to every list of theList
–> {{1, 3, 4, 5, 6}}
set fList to every record of theList
–> {{a:1}}
set gList to every boolean of theList
–> {false, true}

★Click Here to Open This Script 

2017/04/15 リストをクラス名でフィルタする v2

リストをクラス名でフィルタするAppleScriptです。指定クラスに合致するデータをリスト中から抽出します。

修正:listに対して簡単に直接フィルターする方法については別途記述しておきます。本Scriptは他の用途に転用するような場合の記述例として掲載しておきます

NSArrayに入れてNSPredicateで抽出を行う方法があります。ただし、これだとクラス名がCocoaとAppleScriptで合わないので、いまひとつ使えません。

そこで、ひたすら原始的ではありますが、リストをループで回してクラス名を照合して別リストに追加、という処理を回してみました。超高級言語のAppleScriptですが、たまーにこういう泥くさいチェック処理を書く瞬間があります。

そのままだと知性のカケラもなんにもないので、せめてクラス名の同義語辞書を定義して、クラス名の表記ゆらぎ(というよりも、クラス間の内包関係。integerとrealはnumberに含まれるなど)に対応させてみました。

AppleScript名:リストをクラス名でフィルタする v2
– Created 2017-04-15 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”

set aList to {1, “ABC”, 0.3, 5, {1, 2, 3}, {abc:“record”}, false}
set bList to filterListByClass(aList, “integer”)
–> {1, 5}
set cList to filterListByClass(aList, “number”)
–> {1, 0.3, 5}
set dList to filterListByClass(aList, “real”)
–> {0.3}
set eList to filterListByClass(aList, “string”)
–> {”ABC”}
set fList to filterListByClass(aList, “record”)
–> {{abc:”record”}}
set gList to filterListByClass(aList, “boolean”)
–> {false}

on filterListByClass(aList as list, aClass as string)
  set classNameList to getClassNameConsideringSynonyms(aClass) of me
  
  
set newList to {}
  
repeat with i in aList
    set j to contents of i
    
set myClass to (class of j) as string
    
if myClass is in classNameList then
      set the end of newList to j
    end if
  end repeat
  
return newList
end filterListByClass

on getClassNameConsideringSynonyms(aClassString)
  set smallClass to ((current application’s NSString’s stringWithString:aClassString)’s lowercaseString()) as string
  
set classRec to {|list|:{“list”}, |record|:{“record”}, |number|:{“number”, “integer”, “real”}, |integer|:{“integer”}, |real|:{“real”}, |text|:{“text”, “string”, “unicode text”}, |string|:{“text”, “string”, “unicode text”}, |unicode text|:{“text”, “string”, “unicode text”}, |boolean|:{“boolean”}}
  
set classDict to current application’s NSDictionary’s dictionaryWithDictionary:classRec
  
set aVal to (classDict’s valueForKey:smallClass) as list
  
if aVal = {missing value} then error “Unexpected class name string”
  
return aVal
end getClassNameConsideringSynonyms

★Click Here to Open This Script 

2017/04/12 Xcode上のAppleScriptのプログラム内でpragma markを表示する

「pragma mark」については最近まで存在自体を知らなかったのですが、Xcodeのプロパティやメソッドの一覧メニューに任意の文字列を表示させる定型コメント文の一種です。

xcode3_resized.png

プログラム的には何も意味はありませんが、Xcodeのメニューに項目を表示させるためだけの定型コメント文です。メニューを整理するための項目を表示させます。

xcode5_resized.png

このメニューには、プロパティやハンドラの一覧が上から順番に表示されるため、プログラムが複雑になるとメニュー項目数が多くなりがちです。

そのため、メニュー表示内容を特殊なコメント文でカスタマイズできるようになっているというわけです(自分は、最近「Cocoa勉強会池袋」で知りました)。それが、pragma markです(マクロの一種かと思ってました、、、)。

Objective-Cでは「//pragma mark:」、Swiftでは「// MARK:」。
AppleScriptでは「# MARK:」「– MARK:」「(* MARK: *)」のように書けます。
メニューに区切り線を入れる場合には、「# MARK -」と書きます。

xcode4.png

通常項目の「# MARK:」、ToDo項目を表示させる「# TODO:」、修正項目を表示させる「# FIXME:」などもあります。この3種類はとくにプログラム的な扱いの違いはありませんが、メニューに表示されるアイコンが異なります。

Edama2さんから「# MARK:」のパターンについては聞いていたのですが、他のパターンも調べてみたら実際にXcode 8.3.1上で表示されました。ただし、これを使うことの副作用としてときどき日本語が入ったAppleScriptのソース表示が文字化けするという問題があるようです。いったん文字化け状態になったら、外部のスクリプトエディタ(スクリプトエディタ、ASObjC Explorer 4、Script Debugger)で当該のAppleScriptを編集することでXcodeのエディタ上でもリロードが行われ、文字化けが解消していました(知らずに文字化け現象に直面すると驚かされます)。

スクリプトエディタ上でも実験してみましたが、そういうpragma markの表示機能はないようです。

xcode2.png

スクリプト名:pragma_mark_test
  #  MARK: 見出し1
  
#  MARK: -
  
#  MARK: 見出し2
  
#  MARK: -
  
#  TODO: 見出し3
  
#  FIXME: 見出し4
  
#  !!!: 見出し5
  
#  ???: 見出し6

  –   MARK: 見出し11
  
– MARK: -
  
– MARK: 見出し12
  
– MARK: -
  
– TODO: 見出し13
  
– FIXME: 見出し14
  
– !!!: 見出し15
  
– ???: 見出し16
  
  
(* MARK: 見出し 21 *)
  
(* MARK: - *)
  
(* MARK: 見出し22 *)
  
(* MARK: - *)
  
(* TODO: 見出し23 *)
  
(* FIXME: 見出し24 *)
  
(* !!!: 見出し25 *)
  
(* ???: 見出し26 *)

▼新規書類に ▼カーソル位置に ▼ドキュメント末尾に

2017/04/11 指定のテキストから言語コードや言語名を取得する

Shane Stanleyによる、指定テキストを識別して言語コードや言語名を取得するAppleScriptです。

割とアラビア語のテキストを判定するのに文字数が必要だったのが意外です。

以前に掲載した「2015/09/10 テキストの言語を推測する」よりも若干(1行ぐらい)短くなっています。

AppleScript名:指定のテキストから言語コードや言語名を取得する
– Created 2017-04-10 by Shane Stanley
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”

set str1 to “Ilmatyynyalukseni on täynnä ankeriaita.”
set str2 to “Luftputebåten min er full av ål”
set str3 to “私の名前は長野谷です。”
set str4 to أنشأ فوكوزاوا يوكيتشي (١٨٣٥-١٩٠١) في اكتوبر عام ١٨٥٨ مدرسة للدراسات الهولندية (تحولت بعد ذلك لمدرسة للغة الانكليزية) في ايدو (طوكيو حاليا). يعد فوكوزاوا يوكيتشي من أحد مؤسسي نهضة اليابان الحديثة، فونهتم بمدرستنا بنوع التعليم الذي ينمي القدرات الإبداعية والفنية التي يتطلب توافرها في طلاب الجامعة بحيث لا ينشغل الطلاب باختبار قبول الجامعات ونحترم استقلالية وتفرد كل طالب وذلك في جو دافئ في بيئة طبيعية مليئة بأشجار
set str5 to 게이오 기주쿠는 어디에나 있는 학교의 하나로 만족하지 않습니다. 게이오 기주쿠는 기주쿠(義塾, 의숙)에서 배우는 학생과 교원이 일본의기품의 원천지덕의 모범 되는 것을 목표로 하는 학숙(學塾)입니다. “
set str6 to 庆应义塾不是仅仅满足于成常常到的一般性学校。”

set a1Res to my guessLanguageCodeOf:str1 –>  ”fi”
set a2Res to my guessLanguageCodeOf:str2 –>  ”sv”
set a3Res to my guessLanguageCodeOf:str3 –>  ”ja”
set a4Res to my guessLanguageCodeOf:str4 –>  ”ar”
set a5Res to my guessLanguageCodeOf:str5 –>  ”ko”
set a6Res to my guessLanguageCodeOf:str6 –>  ”zh-Hans”

set b1Res to my guessLanguageOf:str1 –>  ”Finnish”
set b2Res to my guessLanguageOf:str2 –>  ”Swedish”
set b3Res to my guessLanguageOf:str3 –>  ”Japanese”
set b4Res to my guessLanguageOf:str4 –>  ”Arabic”
set b5Res to my guessLanguageOf:str5 –>  ”Korean”
set b6Res to my guessLanguageOf:str6 –>  ”Chinese”

on guessLanguageOf:theString
  set theTagger to current application’s NSLinguisticTagger’s alloc()’s initWithTagSchemes:{current application’s NSLinguisticTagSchemeLanguage} options:0
  
theTagger’s setString:theString
  
set languageID to theTagger’s tagAtIndex:0 |scheme|:(current application’s NSLinguisticTagSchemeLanguage) tokenRange:(missing value) sentenceRange:(missing value)
  
return ((current application’s NSLocale’s localeWithLocaleIdentifier:“en”)’s localizedStringForLanguageCode:languageID) as text
end guessLanguageOf:

on guessLanguageCodeOf:theString
  set theTagger to current application’s NSLinguisticTagger’s alloc()’s initWithTagSchemes:{current application’s NSLinguisticTagSchemeLanguage} options:0
  
theTagger’s setString:theString
  
set languageID to theTagger’s tagAtIndex:0 |scheme|:(current application’s NSLinguisticTagSchemeLanguage) tokenRange:(missing value) sentenceRange:(missing value)
  
return languageID as text
end guessLanguageCodeOf:

★Click Here to Open This Script 

2017/04/11 NSMutableArrayの特定要素の書き換え

NSMutableArray中の特定要素を書き換えるAppleScriptです。

NSMutableArrayの内容をpredicateで条件を指定してフィルタリングする処理はAppleScriptでも頻繁に使うようになってきました。他のSQLデータベースに依存する必要もなく、処理速度も速いため非常に有効な手段です。

ただ、抽出処理は行えるものの、当該アイテムの書き換えを行って、もとのNSMutableArrayに書き戻せないとデータベース的な運用はできません。

そこで、簡単なサンプルScriptを作ってみて、Array中の特定要素を検索して書き換える処理を書いてみました。

AppleScript名:リスト中の指定アイテムを置き換える
– Created 2017-04-11 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4579

set anArray to current application’s NSMutableArray’s arrayWithArray:{5, 2, 1, 3, 4}
anArray’s replaceObjectsAtIndexes:(current application’s NSIndexSet’s indexSetWithIndex:0) withObjects:{-1}
return anArray as list
–> {-1, 2, 1, 3, 4}

★Click Here to Open This Script 

AppleScript名:レコード入りリスト中の指定アイテムを置き換える
– Created 2017-04-11 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4579

set anArray to current application’s NSMutableArray’s arrayWithArray:{{aLabel:0, bLabel:2, cLabel:100}, {aLabel:2, bLabel:3, cLabel:1}}
anArray’s replaceObjectsAtIndexes:(current application’s NSIndexSet’s indexSetWithIndex:0) withObjects:{{aLabel:-1, bLabel:-2, cLabel:-3}}
return anArray as list
–>  {{cLabel:-3, aLabel:-1, bLabel:-2}, {cLabel:1, aLabel:2, bLabel:3}}

★Click Here to Open This Script 

AppleScript名:リスト中の指定アイテムを置き換える(登場アイテム番号自動検索)
– Created 2017-04-11 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4579

set aTargValue to 2
set aNewValue to -100
set anArray to current application’s NSMutableArray’s arrayWithArray:{5, 2, 1, 3, 4}
set aInd to anArray’s indexOfObject:aTargValue
anArray’s replaceObjectsAtIndexes:(current application’s NSIndexSet’s indexSetWithIndex:aInd) withObjects:{aNewValue}
return anArray as list
–>  {5, -100, 1, 3, 4}

★Click Here to Open This Script 

AppleScript名:レコード入りリスト中の指定アイテムを置き換える(登場アイテム番号自動検索)
– Created 2017-04-11 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4579

set aTargValue to {aLabel:2, bLabel:3, cLabel:1}
set aNewValue to {aLabel:-1, bLabel:-2, cLabel:-3}

set anArray to current application’s NSMutableArray’s arrayWithArray:{{aLabel:0, bLabel:2, cLabel:100}, {aLabel:2, bLabel:3, cLabel:1}, {aLabel:0, bLabel:0, cLabel:0}}
set aInd to anArray’s indexOfObject:aTargValue

anArray’s replaceObjectsAtIndexes:(current application’s NSIndexSet’s indexSetWithIndex:aInd) withObjects:{aNewValue}
return anArray as list
–>  {{cLabel:100, aLabel:0, bLabel:2}, {cLabel:-3, aLabel:-1, bLabel:-2}, {cLabel:0, aLabel:0, bLabel:0}}

★Click Here to Open This Script 

2017/04/10 技術書典2で販売した電子書籍のダウンロードリクエストを手動で処理

ダウンロードリクエストのメールに対して、取り急ぎすべて手動で応答しておきました。

tbf2_salesys.png
▲技術書典2の書籍販売用に作成したシステム

プログラム的な問題の解決よりも、まずは購入者の方々に書籍をお届けすることを優先しました。

Mail.appからメールを取得する部分と、メールアドレスからレジストコードを分離するシーケンスでの問題、およびQRコード読み取り時に拡張Gmailアドレス中の「+」の文字が抜け落ちる現象が確認されています。

Gmailアドレスから「+」が抜け落ちて伝わる現象については、よくメールが届くものだと感心します(^ー^;

想定していなかったさまざまな形式のメールアドレスのデータは、こういう機会がなければ集められないものでした。とくに、QRコードでGmailの拡張メールアドレスを配布して、仕様がバラバラなQRコード読み取りソフトウェアで読み取った場合の挙動については、想定外の連続で(汗)

当日にカッコよく決めることはできませんでしたが、破損画像データのように事故発生事例データというのは、なかなか得がたいものがあります。成功から学ぶことはできませんが、失敗からは山のように学ぶべきことがあります。

2017/04/09 技術書典2にお越しいただき、ありがとうございました!

雨天の中、技術書典2にお越しいただき誠にありがとうございました! 今回の技術書典では、電子書籍をオンライン販売するシステムを直前に開発し、朝から稼動させることも1つのテーマにしておりました。

稼動状況はSlack経由でiPhoneでモニターしていたのですが、事前にテストしていた範囲では発生していなかった問題点が多数発生!!!

何通か、正常にダウンロード先URLをお送りできていることは確認しているのですが、大部分でトラブルが発生。以下、その状況をお知らせいたします。

(1)QRコードのメール受信を行うMacでメーラーで「迷惑メール」フィルタがオンになっていた!!!

これは盲点でした(汗) 発見し、すぐさまオフにした運用に移行しました。

(2)メールアドレスの入り方のバリエーションが多く、そのすべてのパターンに対処できていなかった

事前のテストプラットフォームが主にiOSだったので、それ以外のプラットフォームで問題が発生しているようです。実に、バリエーション豊かな入り方をしています。

目下、順次問題を解消して対処すべく作業を行っております。また、maro@piyocast.comからご連絡のメールをお送りしている分もあるのですが、このメールアドレスからのメールが迷惑メールに仕分けられていないか、祈るばかりです。

エラー分に仕分けられていたメール3通については、手動でDropboxへのPDFのアップロードとメッセージ通知を行いました。処理キューに入っていたメールについては、本日はいったん対処を打ち切ってシステムを休止。明日、ステップごとの処理を順次行ってデータを検証しつつ、問題箇所の切り分けを実施。メール受け付け分については最悪でも手動でPDFの返送を行います。

イレギュラーを発生させていた形式のメールについてはそのフィードバックを行い、1週間程度のシステム稼動を継続します。

まずは、状況確認とご報告までに。

2017/04/01 4/9(日)秋葉原で開催される「技術書典」への準備すすむ

4/9(日)に秋葉原「AKIBA SQUARE」で開催される技術書系同人誌即売会「技術書典2」への参加のために、準備をすすめています。

ぴよまるソフトウェア(え-11)ブースの目印は、こののぼりになる予定です。

のぼりは、書斎に飾ってあります。

img_0283_mini.png

2017/04/01 Wikipediaの任意の項目の本文に入っているURLがリンク切れになっていないかどうかチェック v2

Wikipedia(日本語版)の任意の項目の本文に入っているURLがリンク切れかどうかを確認するAppleScriptです。

Wikipedia(日本語版)にREST API経由でアクセスして指定項目の本文を取得し、本文に含まれているURLを抽出。抽出されたURLをすべて総当たりで存在確認して、リンク切れになっているものがあるかどうかを確認します。

一応、「Mac OS X」→「MacOS」と項目転送されているキーワード項目については自動転送を検出し、転送先のキーワードで再アクセスしています。ただし、「Mac OS X」ぐらいの項目でしかチェックしていないので、エラーチェックもほとんどなきに等しく大甘です。

自分が投稿した項目のリンク切れ自動チェックのために書いた「書き捨てレベル」のAppleScriptなので、だいたいこんなものだと思っています。

リンク切れチェックについては順次アクセスしてWebサーバーからのResponse Codeを取得しています。チェックするURLの数が増えると処理時間が長くなるので、このあたりは(使い捨てレベルではなく本気で組む場合には)並列処理で行っておきたいところです。

AppleScript名:Wikipediaの任意の項目の本文に入っているURLがリンク切れになっていないかどうかチェック v2
– Created 2017-03-29 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.5″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–https://www.mediawiki.org/wiki/API:Main_page/ja
–http://piyocast.com/as/archives/4573

set aKeyword to “AppleScript”

set aStr to getBody(aKeyword) of me

–ものすごく大甘な転送検出
if aStr begins with “#転送” then
  set bStr to detectForwarding(aStr) of me
  
–転送先のキーワードで再度処理
  
set aStr to getBody(bStr) of me
end if

set aRes to extractURLsAndValidateThem(aStr) of me
–>  {safeURL:27, forwardedURL:19, brokenURL:0, brokenURLs:{}}

on detectForwarding(aStr)
  if aStr begins with “#転送” then
    set aRes to parseByDelim(aStr, {“[[”, “]]”}) of me
    
–>  {”#転送 “, “MacOS”, “”}
    
return item 2 of aRes –エラーチェックはやっていない。大甘
  else
    return aStr
  end if
end detectForwarding

on extractURLsAndValidateThem(aStr)
  set urlList to extractLinksFromNaturalText(aStr) of me as list
  
  
set okList to {}
  
set fwList to {}
  
set ngList to {}
  
  
repeat with i in urlList
    set j to contents of i
    
set aTarg to j’s absoluteString() as string
    
set {exRes, headerRes, aData, resURL} to checkURLResourceExistence(j, 30) of me
    
    
if exRes = false then
      –URL取得時に連続するスペースをURLの一部として誤解して取得するケースがあるので、クリーニングしてリトライ  
      
set bStr to cleaningURLStr(aTarg) of me
      
      
if bStr = false then
        –クリーニング対象文字列がなかった。本当にダメだった
        
set the end of ngList to aTarg
      else
        –リトライ(タイムアウト条件も緩和)
        
set bURL to (current application’s |NSURL|’s URLWithString:bStr)
        
set {exRes, headerRes, aData, resURL} to checkURLResourceExistence(bURL, 60) of me
        
        
if exRes = false then
          –やっぱりダメでした。ごめんなさい(T_T)
          
set the end of ngList to bStr
        else if resURL is not equal to bStr then
          –URLがForwardされていた
          
set the end of fwList to bStr
        else
          –OKだった(リクエストしたURLとリプライURLが同じ、そこに何かの同名のファイルが存在した)
          
set the end of okList to bStr
        end if
        
      end if
      
    else if resURL is not equal to aTarg then
      –URLがForwardされていた
      
set the end of fwList to aTarg
    else
      –OKだった(リクエストしたURLとリプライURLが同じ、そこに何かの同名のファイルが存在した)
      
set the end of okList to aTarg
    end if
    
  end repeat
  
  
set resList to {safeURL:length of okList, forwardedURL:length of fwList, brokenURL:length of ngList, brokenURLs:ngList}
  
return resList
end extractURLsAndValidateThem

on cleaningURLStr(aStr)
  set anOffset to offset of “%20″ in aStr
  
if anOffset = 0 then return false
  
set bStr to text 1 thru (anOffset - 1) of aStr
  
return bStr
end cleaningURLStr

on getBody(aKeyword)
  –set reqURLStr to “https://en.wikipedia.org/w/api.php”–English Version
  
set reqURLStr to “https://jp.wikipedia.org/w/api.php” –Japanese Version
  
  
set aRec to {action:“query”, titles:aKeyword, |prop|:“revisions”, rvprop:“content”, |format|:“json”}
  
–set aRec to {action:”query”, titles:”AppleScript|Mac OS X|Objective-C”, |prop|:”revisions”, rvprop:”content”, |format|:”json”}
  
set aURL to retURLwithParams(reqURLStr, aRec) of me
  
set aRes to callRestGETAPIAndParseResults(aURL) of me
  
  
set aRESTres to (json of aRes)
  
–> {query:{pages:{2954:{pageid:2954, title:”AppleScript”, revisions:{{contentformat:”text/x-wiki”, *:”{{Infobox プログラミング言語|名前 = AppleScript ……., contentmodel:”wikitext”}}, ns:0}}}, batchcomplete:”"}
  
  
–最初にヒットしたものだけを返す(同じ名前の項目が複数存在した場合でも)
  
set aRes to (aRESTres’s valueForKeyPath:“query.pages”)
  
set aKeyStr to (aRes’s allKeys()’s firstObject()) as string
  
set aKeyPath to aKeyStr & “.revisions.*”
  
  
set aBody to (aRes’s valueForKeyPath:aKeyPath)’s firstObject() as string
  
return aBody
end getBody

–GET methodのREST APIを呼ぶ
on callRestGETAPIAndParseResults(aURL)
  set aRequest to current application’s NSMutableURLRequest’s requestWithURL:(current application’s |NSURL|’s URLWithString:aURL)
  
  
aRequest’s setHTTPMethod:“GET”
  
aRequest’s setCachePolicy:(current application’s NSURLRequestReloadIgnoringLocalCacheData)
  
aRequest’s setHTTPShouldHandleCookies:false
  
aRequest’s setTimeoutInterval:60
  
aRequest’s setValue:“application/json” forHTTPHeaderField:“Accept”
  
  
set aRes to current application’s NSURLConnection’s sendSynchronousRequest:aRequest returningResponse:(reference) |error|:(missing value)
  
set resList to aRes as list
  
  
set bRes to contents of (first item of resList)
  
set resStr to current application’s NSString’s alloc()’s initWithData:bRes encoding:(current application’s NSUTF8StringEncoding)
  
  
set jsonString to current application’s NSString’s stringWithString:resStr
  
set jsonData to jsonString’s dataUsingEncoding:(current application’s NSUTF8StringEncoding)
  
set aJsonDict to current application’s NSJSONSerialization’s JSONObjectWithData:jsonData options:0 |error|:(missing value)
  
  
–Get Response Code & Header
  
set dRes to contents of second item of resList
  
if dRes is not equal to missing value then
    set resCode to (dRes’s statusCode()) as number
    
set resHeaders to (dRes’s allHeaderFields()) as record
  else
    set resCode to 0
    
set resHeaders to {}
  end if
  
  
return {json:aJsonDict, responseCode:resCode, responseHeader:resHeaders}
end callRestGETAPIAndParseResults

on retURLwithParams(aBaseURL, aRec)
  set aDic to current application’s NSMutableDictionary’s dictionaryWithDictionary:aRec
  
  
set aKeyList to (aDic’s allKeys()) as list
  
set aValList to (aDic’s allValues()) as list
  
set aLen to length of aKeyList
  
  
set qList to {}
  
repeat with i from 1 to aLen
    set aName to contents of item i of aKeyList
    
set aVal to contents of item i of aValList
    
set the end of qList to (current application’s NSURLQueryItem’s queryItemWithName:aName value:aVal)
  end repeat
  
  
set aComp to current application’s NSURLComponents’s alloc()’s initWithString:aBaseURL
  
aComp’s setQueryItems:qList
  
set aURL to (aComp’s |URL|()’s absoluteString()) as text
  
  
return aURL
end retURLwithParams

on urlencodeStr(aStr)
  set aString to current application’s NSString’s stringWithString:aStr
  
set aString to (aString’s stringByAddingPercentEncodingWithAllowedCharacters:(current application’s NSCharacterSet’s URLQueryAllowedCharacterSet())) as text
  
return aString
end urlencodeStr

– 指定URLにファイル(画像など)が存在するかチェック
–> {存在確認結果(boolean), レスポンスヘッダー(NSDictionary), データ(NSData), 最終的なURLの文字列}
on checkURLResourceExistence(aURL, timeOutSec as real)
  set aRequest to (current application’s NSURLRequest’s requestWithURL:aURL cachePolicy:(current application’s NSURLRequestUseProtocolCachePolicy) timeoutInterval:timeOutSec)
  
set aRes to (current application’s NSURLConnection’s sendSynchronousRequest:aRequest returningResponse:(reference) |error|:(missing value))
  
  
set dRes to (first item of (aRes as list))
  
set bRes to (second item of (aRes as list))
  
  
set resURL to ((|URL| of bRes)’s |absoluteURL|()’s absoluteString()) as string
  
  
  
if bRes is not equal to missing value then
    set hRes to (bRes’s allHeaderFields())
    
set aResCode to (bRes’s statusCode()) as integer
  else
    set hRes to {}
    
set aResCode to -1 –error
  end if
  
  
return {(aResCode = 200), hRes, dRes, resURL}
end checkURLResourceExistence

on extractLinksFromNaturalText(aString)
  set anNSString to current application’s NSString’s stringWithString:aString
  
  
set {theDetector, theError} to current application’s NSDataDetector’s dataDetectorWithTypes:(current application’s NSTextCheckingTypeLink) |error|:(reference)
  
  
set theMatches to theDetector’s matchesInString:anNSString options:0 range:{0, anNSString’s |length|()}
  
set theResults to theMatches’s valueForKey:“URL”
  
  
return theResults as list
end extractLinksFromNaturalText

on parseByDelim(aData, aDelim)
  set curDelim to AppleScript’s text item delimiters
  
set AppleScript’s text item delimiters to aDelim
  
set dList to text items of aData
  
set AppleScript’s text item delimiters to curDelim
  
return dList
end parseByDelim

★Click Here to Open This Script