Archive for the 'ファイル検索(spotlight)' Category

2017/10/13 指定クラスがどのFrameworkに所属しているか検索

文字列として与えたCocoaのClassがどのFrameworkに所属しているかを検索するAppleScriptです。Spotlight検索のためにShane Stanleyの「Metadata Lib」のインストールを必要とします。

割と切実に欲しかったAppleScriptです。よくShane Stanleyから「そのクラス呼ぶんだったら、このFrameworkをuseで宣言しとかないとダメだぞー」と小突かれているので、「自動でチェックしてえなぁ(涙)」と思っていたところでした。

use文によるFrameworkの使用宣言は、AppleScriptそれ自体で宣言していなくても、Script Editor側で使用宣言しているとそのまま動いてしまったりするパターンがあるため、割と見過ごしてしまう例がありました(Script Editor上でエラーメッセージ出ないし)。

わざわざAppleのWeb Referenceを検索したりと、本質的でない不毛な作業が必要。

そこで、Class名を文字列で与えるとどのFrameworkをuseしないといけないのかを調べる本AppleScriptを書いたわけです。

ながらく「書きたい」と思っていたわけですが、どこを手がかりにすればよいか長らくわかっていませんでした。

それが、macOS 10.13.0のScripting Bridgeのバグに直面して、Scripting Bridgeの「仕組み」そのものについて自分でも調べる機会がありました(正確に把握するため、どこがダメでどこでAppleがミスしたのか追調査)。

すると、macOS内の/System/Library/Frameworksフォルダ内にあるApple純正フレームワークの中に「(フレームワーク名).bridgesupport」という記述ファイルが存在しており、この中にScripting Bridge経由で機能を公開する内容が書いてあることが見て取れました。

macOS 10.13.0では、この.bridgesupportファイルの記述が間違っていた、というのがShane Stanleyの指摘です。

あれ??? この.bridgesupportファイルの中には当該フレームワークが他の言語に対して公開しているクラス名やメソッド名などの一覧が書かれているわけで、この中を検索すれば、目的のクラスを使うにはどのフレームワークをuseコマンドで参照するように宣言すればよいかわかる???? 

完全にもともとの用途とは違う使い道ですが、わかることはわかる(はず)。

冗談半分で書いてみたら、自分の目的を果たすことができました。1回の検索あたり0.7〜1.1秒程度です。結果をキャッシュするとか、検索するごとに毎回読むのをやめるとかすればもっと大幅に高速化はできるものと思われますが、そこまで気合いを入れる内容ではないのでこんな感じでしょうか。

ただし、例外で「CIColor」がみつかりません。ほかにも、この方法で見つけられないものがあるかもしれません。思いつきを形にしたぐらいの内容なので、ミスがあってもご容赦を。

AppleScript名:指定クラスがどのFrameworkに所属しているか検索
– Created 2017-10-13 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version "2.4"
use scripting additions
use framework "Foundation"
use mdLib : script "Metadata Lib" version "1.0.0"
–http://piyocast.com/as/archives/4894

property NSString : a reference to current application’s NSString
property NSUTF8StringEncoding : a reference to current application’s NSUTF8StringEncoding

set t1Res to searchInBridgeSupport("NSString") of me
–>  {"Foundation.framework"}

set t2Res to searchInBridgeSupport("CLLocation") of me
–>  {"MapKit.framework", "CoreLocation.framework"}

set t3Res to searchInBridgeSupport("NSRect") of me
–>  {"WebKit.framework", "Foundation.framework", "AppKit.framework", "ScreenSaver.framework", "Quartz.framework", "Quartz.framework", "Carbon.framework"}

on searchInBridgeSupport(aKeyword)
  set theFolder to "/System/Library/Frameworks/"
  
set theFiles to mdLib’s searchFolders:{theFolder} searchString:"kMDItemDisplayName ENDSWITH %@" searchArgs:{".bridgesupport"}
  
  
set keyList to {}
  
set the end of keyList to "<class name=’" & aKeyword & "’>"
  
set the end of keyList to aKeyword
  
  
repeat with ii in keyList
    set matchedList to {}
    
set targString to contents of ii
    
    
repeat with i in theFiles
      set j to contents of i
      
      
set aStr to (NSString’s stringWithContentsOfFile:j encoding:NSUTF8StringEncoding |error|:(missing value))
      
set aRange to (aStr’s rangeOfString:targString)
      
      
if aRange’s location() ≠ current application’s NSNotFound and (aRange’s location()) < 9.99999999E+8 then
        if j does not contain "PyObjC" then –ignore PyObjC’s bridge support
          set tmpStr to (current application’s NSString’s stringWithString:j)
          
set pathList to tmpStr’s pathComponents() as list
          
set pathRes to contents of item 5 of pathList
          
set the end of matchedList to pathRes
        end if
      end if
    end repeat
    
    
if length of matchedList > 0 then
      return matchedList
    end if
    
  end repeat
  
  
return {}
end searchInBridgeSupport

★Click Here to Open This Script 

2017/09/23 指定日時以降に作成されたファイルをSpotlight検索 v3

指定フォルダ(Desktop)以下のファイルで、指定日時以降に作成されたものをSpotlight検索するAppleScriptの修正版です。

Metadata Libの作者であるShane Stanleyから直接「こうしたほうがいいよ」と教えてもらいました。たしかに、dateをイチイチISO8601日付文字列に変換しないといけないというのは、さすがにおかしいと思っていました(汗)。

記述と処理がシンプルになっただけで、v2でもv3でも処理時間に大差はありません。同じ対象に対して同じ検索を行なって、0.01秒弱というところでした。

本ルーチンでは指定年月日でNSDateオブジェクトを生成し、それをもとにMetadata LibでSpotlight検索を行なっています。実行のさいには、Metadata Libを~/Library/Script Libraries/フォルダに入れておく必要があります。

従来、自分はAppleのMailing ListやWebフォーラムなどの情報、および海外で販売されていたAppleScript CD-ROMなどを購入するなどして、ほぼ一方的に英語ベースの情報を受け身で収集していたわけですが、このようなBlogによる情報発信やらGoogle翻訳の精度向上の影響で、割と些細な情報も相互に伝わるようになりつつある昨今です。

AppleScript名:指定日時以降に作成されたファイルをSpotlight検索 v3
– Created 2017-09-21 by Takaaki Naganoya
– Modified 2017-09-22 by Shane Stanley
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.5″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use mdLib : script “Metadata Lib” version “1.0.0″
–http://piyocast.com/as/archives/4841

property NSTimeZone : a reference to current application’s NSTimeZone
property NSCalendar : a reference to current application’s NSCalendar

set aDate to getDateInternationalYMDhms(2017, 9, 21, 23, 2, 0) of me
–>  (NSDate) 2017-09-21 14:02:00 +0000

set thePath to POSIX path of (path to desktop)
–>  ”/Users/me/Desktop/”

set theFiles to mdLib’s searchFolders:{thePath} searchString:(“kMDItemFSCreationDate >= %@”) searchArgs:{aDate}
–> returns POSIX path list

on getDateInternationalYMDhms(aYear, aMonth, aDay, anHour, aMinute, aSecond)
  set theNSCalendar to NSCalendar’s currentCalendar()
  
set theDate to theNSCalendar’s dateWithEra:1 |year|:aYear |month|:aMonth |day|:aDay hour:anHour minute:aMinute |second|:aSecond nanosecond:0
  
return theDate
end getDateInternationalYMDhms

★Click Here to Open This Script 

2017/09/22 指定日時以降に作成されたファイルをSpotlight検索 v2

指定フォルダ(Desktop)以下のファイルで、指定日時以降に作成されたものをSpotlight検索するAppleScriptです。

本ルーチンの原型は、電子書籍を作成する際にMarkdown書類(MacDown)とPages書類をまとめてPDFに出力して1つのPDFに連結するAppleScriptで使っていたものです(こういう武器がないと、電子書籍を執筆からレイアウトから何から何までひとりで行うことなんてできません)。

bookfiles2.png
Pagesはともかく、MacDownからは指定フォルダにPDFを書き出すという機能は(MacDownのAppleScript用語辞書に機能が用意されていないため)AppleScriptからは利用できませんでした。そこで、GUI Scriptingで強引にデスクトップにPDF書き出しすることに。

デスクトップに書き出させたのは、保存ダイアログ上でCommand-Dのキーボードショートカットで一意に指定できる数少ないフォルダだからです(このあたり、生活の知恵)。

GUI Scriptingでファイル保存やファイル書き出しを行う場合、保存ダイアログがどこのフォルダを指し示すかはアプリケーション側まかせなので、保存/書き出し先フォルダをデスクトップに強引に指定する処理はたいへん重要です。GUI Scriptingはたいへんに弱点が多く不確実な手段ですが、不確実さを地道につぶしてあげることで、信頼性のある処理フローを構築できます。

PDF書き出し開始時のタイムスタンプを変数に記憶させておき、その時刻以降でデスクトップに生成されたPDFをすべて取得し、ファイル名でソート(ファイル名の先頭にソート用の仮想ノンブルをつけて管理)し、(末尾に生じていた意図しない空白ページ自動削除しつつ)1つのPDFに合成していました。

そのため、日時を指定して指定フォルダに存在するファイルをSpotlight検索する本ルーチンの重要度はとても高かったわけです。

当初は日付情報をJan 1 2001 00:00:00 GMTからの相対秒(Absolute Time)で指定していたのですが、OSのバージョンアップにともないこの書き方が使えなくなったため、仕方なく対処。

本ルーチンでは指定年月日でdateオブジェクトを生成したあと、ISO8601形式の日付文字列に変換し、それをもとにShane StanleyのMetadata LibでSpotlight検索を行なっています。実行のさいには、Metadata Libを~/Library/Script Libraries/フォルダに入れておく必要があります。

AppleScript名:指定日時以降に作成されたファイルをSpotlight検索 v2
– Created 2017-09-21 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.5″
use framework “Foundation”
use scripting additions
use mdLib : script “Metadata Lib” version “1.0.0″
–http://piyocast.com/as/archives/4838

property NSTimeZone : a reference to current application’s NSTimeZone
property NSCalendar : a reference to current application’s NSCalendar
property NSDateFormatter : a reference to current application’s NSDateFormatter

set aDate to getDateInternationalYMDhms(2017, 9, 21, 23, 2, 0) of me
–>  date “2017年9月21日木曜日 23:02:00″

set bStr to retISO8601DateTimeString(aDate) as string
–>  ”2017-09-21T14:02:00Z”

set thePath to POSIX path of (path to desktop)

set theFiles to mdLib’s searchFolders:{thePath} searchString:(“kMDItemFSCreationDate >= ’$time.iso(\”" & bStr & “\”)’”) searchArgs:{}
–> returns POSIX path list

–NSDate -> ISO8601 Date & Time String
on retISO8601DateTimeString(targDate)
  set theNSDateFormatter to NSDateFormatter’s alloc()’s init()
  
theNSDateFormatter’s setDateFormat:“yyyy-MM-dd’T’HH:mm:ss’Z’”
  
theNSDateFormatter’s setTimeZone:(NSTimeZone’s alloc()’s initWithName:“UTC”)
  
return (theNSDateFormatter’s stringFromDate:targDate) as text
end retISO8601DateTimeString

–現在のカレンダーで指定年月のdate objectを返す(年、月、日、時、分、秒)
on getDateInternationalYMDhms(aYear, aMonth, aDay, anHour, aMinute, aSecond)
  set theNSCalendar to NSCalendar’s currentCalendar()
  
set theDate to theNSCalendar’s dateWithEra:1 |year|:aYear |month|:aMonth |day|:aDay hour:anHour minute:aMinute |second|:aSecond nanosecond:0
  
return theDate as date
end getDateInternationalYMDhms

★Click Here to Open This Script 

2017/09/21 Finder上で指定文字列でSpotlight検索を行なった結果を表示する

FinderのWindowで指定文字列によるSpotlight検索結果を表示するAppleScriptです。

このScriptによるSpotlight検索結果は、あくまでSpotlight結果表示を行うだけのものです。本当にSpotlightによる検索結果を取得したい場合には、大量にサンプルがあるのでそちらを参考にしてください。

たったの1行ですが、Pure AppleScriptだけでは実現できない機能です。何かの実行結果により作成した文字列でSpotlight検索を行い、結果をFinder上で表示するような用途で使えそうです。

spotlight2.png
▲Finderの検索フィールドに検索文字列を入れたのと同じ状態を作ります

spotlight1.png
▲Finder上で指定文字列によるSpotlight検索結果が表示されます

AppleScript名:Finder上で指定文字列でSpotlight検索を行なった結果を表示する
– Created 2017-09-21by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “AppKit”
–http://piyocast.com/as/archives/4835

set aResCode to current application’s NSWorkspace’s sharedWorkspace()’s showSearchResultsForQueryString:“Framework”

★Click Here to Open This Script 

2017/09/05 指定フォルダ以下のテキストファイルのファイル名冒頭についている数字から欠番を求める

ファイル名の先頭に1〜3桁の数字がついているテキストファイルに対して、指定フォルダ以下のものをすべて取得し、これらの数(連番)に抜けがないかをチェックするAppleScriptです。

filenames2.png

指定フォルダ以下に存在するテキストファイルをSpotlightで検索し、すべてのファイル名を取得してそこから先頭に存在する1〜3桁の数字を取得。全角文字が混入している場合にそなえて数字をすべて全角→半角変換。これらの数(おそらく連番)で途中に抜けがないかチェックします。

実行にはShane StanleyのAppleScript Libraries「BridgePlus」「MetaData Lib」のインストールが必要です。

連番リストの作成や全角→半角変換、Spotlight検索などをScript Librariesの機能に依存して書いています。また、集合(NSMutableSet)を扱えることで非常に高度な処理を完結に記述できています。処理速度も非常に高速です。

 127ファイルの連番チェック処理:0.113457024097 sec.
 449ファイルの連番チェック処理:0.381642997265 sec.

(結果はMacBook Pro Retina 2012 Core i7 2.66GHz+8GBでの所用時間)

AppleScript名:指定フォルダ以下のテキストファイルのファイル名冒頭についている数字から欠番を求める
– Created 2017-09-04 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use framework “Foundation”
use scripting additions
use mdLib : script “Metadata Lib” version “1.0.0″
use bPlus : script “BridgePlus”
–http://piyocast.com/as/archives/4803

property SMSForder : a reference to current application’s SMSForder
property NSMutableArray : a reference to current application’s NSMutableArray
property NSMutableSet : a reference to current application’s NSMutableSet
property NSIndexSet : a reference to current application’s NSIndexSet
property NSRegularExpressionDotMatchesLineSeparators : a reference to current application’s NSRegularExpressionDotMatchesLineSeparators
property NSRegularExpressionAnchorsMatchLines : a reference to current application’s NSRegularExpressionAnchorsMatchLines
property NSRegularExpression : a reference to current application’s NSRegularExpression
property NSString : a reference to current application’s NSString

load framework –BridgePlus’s force framework loading command

–選択したフォルダ以下のPlain TextをすべてSpotlightで求める(POSIX path list)
set theFolder to (choose folder)
set aRes to retMissingNumberFromEachFiles(theFolder, {“public.plain-text”}) of me
–>  {}

on retMissingNumberFromEachFiles(theFolder, fileTypeList)
  set theFiles to mdLib’s searchFolders:{theFolder} searchString:“kMDItemContentType IN[c] %@” searchArgs:fileTypeList
  
if theFiles = {} then return
  
  
–取得したPOSIX Pathのリストからファイル名の部分のみ抽出
  
set anArray to NSMutableArray’s arrayWithArray:theFiles
  
set bArray to (anArray’s valueForKeyPath:“lastPathComponent”) as list
  
  
–各ファイルの名称の冒頭から1〜3桁 の数字を取り出して、全角–>半角変換を行いつつリストに追加
  
set nArray to NSMutableArray’s new()
  
repeat with i in bArray
    set j to contents of i
    
set aRes to (my findPattern:“^\\d{1,3}” inString:j)
    
if aRes is not equal to {} then
      set jj to (contents of first item of aRes) as string
      
set jj2 to (SMSForder’s transformedFrom:jj ICUTransform:“Fullwidth-Halfwidth” inverse:false) as integer
      (
nArray’s addObject:jj2)
    end if
  end repeat
  
  
–最大値、最小値をもとに連番リストを作成し、ファイル名から得られた配列データとの補集合を求める
  
set maxRes to (nArray’s valueForKeyPath:“@max.self”)’s intValue()
  
set minRes to (nArray’s valueForKeyPath:“@min.self”)’s intValue()
  
  
–最小値から最大値までの連番リスト作成
  
set theIndexSet to NSIndexSet’s indexSetWithIndexesInRange:{minRes, maxRes}
  
set theList to (SMSForder’s arrayWithIndexSet:theIndexSet) as list
  
  
set aSet to NSMutableSet’s setWithArray:theList
  
set bSet to NSMutableSet’s setWithArray:nArray
  
aSet’s minusSet:bSet –補集合
  
  
return (aSet’s allObjects() as list)
  
end retMissingNumberFromEachFiles

on findPattern:thePattern inString:theString
  set theOptions to ((NSRegularExpressionDotMatchesLineSeparators) as integer) + ((NSRegularExpressionAnchorsMatchLines) as integer)
  
set theRegEx to NSRegularExpression’s regularExpressionWithPattern:thePattern options:theOptions |error|:(missing value)
  
set theFinds to theRegEx’s matchesInString:theString options:0 range:{location:0, |length|:length of theString}
  
set theFinds to theFinds as list
  
set theResult to {}
  
set theNSString to NSString’s stringWithString:theString
  
  
repeat with i in theFinds
    set theRange to (contents of i)’s range()
    
set end of theResult to (theNSString’s substringWithRange:theRange) as string
  end repeat
  
return theResult
end findPattern:inString:

★Click Here to Open This Script 

2017/08/31 指定フォルダ以下のすべてのファイルを再帰で取得 v2

指定フォルダ以下のすべてのファイルを再帰で取得するAppleScriptです。Finder経由ではなくNSFileManager経由で高速に処理します。

さすがにSpotlightの方が(実測値で70倍ぐらい)高速なので、Spotlightが効かない場所に対する非常用という位置づけです。

掲載リストのようにデスクトップフォルダ以下の、拡張子「.scpt」「.scptd」の書類のパスをPOSIX pathのlistで取得する処理を自分の環境で行なってみたところ、

  NSFileManager経由での再帰取得処理:1.5 sec.
  Spotlight経由でのファイル取得処理:0.02 sec.

という結果になりました(5回実行時の平均値)。いまどきFinderで再帰処理とかいうのは選択肢として「絶対にありえない」ので比較もしていませんが、同じ環境で同じ処理を行うとおそらく「数分」から「十数分」といったオーダーになるものと思います。

日常的にSpotlightによるファイル取得を行なっているので、本処理が活躍するケースはほとんどない見込みですが、ねんのため(Spotlightが効かない&メタデータが破損しているダメ環境でファイルを取得するための臨時処理)。

一緒に掲載しているSpotlight検索Scriptでは、Shane StanleyのMetadata Libを呼び出しています。実行のためには、Metadata Libを~/Libraries/Script Librariesフォルダにインストールしておく必要があります。

AppleScript名:指定フォルダ以下のすべてのファイルを再帰で取得 v2
– Created 2017-08-04 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “AppKit”
–http://piyocast.com/as/archives/4796

property NSFileManager : a reference to current application’s NSFileManager
property NSString : a reference to current application’s NSString
property NSPredicate : a reference to current application’s NSPredicate
property NSMutableArray : a reference to current application’s NSMutableArray

–set aFol to POSIX path of (choose folder)
set aFol to POSIX path of (path to desktop folder)

–set aList to retFullPathWithinAFolderWithRecursive(aFol) of me
–set bList to retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExt(aFol, “scpt”) of me
set cList to retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExtList(aFol, {“scpt”, “scptd”}) of me
–set dList to retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExtAndFileNameString(aFol, “png”, “スクリーン”) of me
–set eList to retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExtAndFileNameString(aFol, {”scpt”, “scptd”}, “並列”) of me

–指定フォルダ以下のすべてのファイルを再帰で取得
on retFullPathWithinAFolderWithRecursive(aFol)
  set anArray to NSMutableArray’s array()
  
set aPath to NSString’s stringWithString:aFol
  
set dirEnum to NSFileManager’s defaultManager()’s enumeratorAtPath:aPath
  
  
repeat
    set aName to (dirEnum’s nextObject())
    
if aName = missing value then exit repeat
    
set aFullPath to aPath’s stringByAppendingPathComponent:aName
    
anArray’s addObject:aFullPath
  end repeat
  
  
return anArray as list
end retFullPathWithinAFolderWithRecursive

–指定フォルダ以下のすべてのファイルを再帰で取得(拡張子で絞り込み)
on retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExt(aFol, aExt)
  set anArray to NSMutableArray’s array()
  
set aPath to NSString’s stringWithString:aFol
  
set dirEnum to NSFileManager’s defaultManager()’s enumeratorAtPath:aPath
  
  
repeat
    set aName to (dirEnum’s nextObject())
    
if aName = missing value then exit repeat
    
set aFullPath to aPath’s stringByAppendingPathComponent:aName
    
anArray’s addObject:aFullPath
  end repeat
  
  
set thePred to NSPredicate’s predicateWithFormat:“pathExtension == [c]%@” argumentArray:{aExt}
  
set bArray to anArray’s filteredArrayUsingPredicate:thePred
  
  
return bArray as list
end retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExt

–指定フォルダ以下のすべてのファイルを再帰で取得(拡張子リストで絞り込み)
on retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExtList(aFol, aExtList)
  set anArray to NSMutableArray’s array()
  
set aPath to NSString’s stringWithString:aFol
  
set dirEnum to NSFileManager’s defaultManager()’s enumeratorAtPath:aPath
  
  
repeat
    set aName to (dirEnum’s nextObject())
    
if aName = missing value then exit repeat
    
set aFullPath to aPath’s stringByAppendingPathComponent:aName
    
anArray’s addObject:aFullPath
  end repeat
  
  
set thePred to NSPredicate’s predicateWithFormat:“pathExtension IN [c]%@” argumentArray:{aExtList}
  
set bArray to anArray’s filteredArrayUsingPredicate:thePred
  
  
return bArray as list
end retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExtList

–指定フォルダ以下のすべてのファイルを再帰で取得(文字列と拡張子で絞り込み)
on retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExtListAndFileNameString(aFol, aExt, aNameString)
  set anArray to NSMutableArray’s array()
  
set aPath to NSString’s stringWithString:aFol
  
set dirEnum to NSFileManager’s defaultManager()’s enumeratorAtPath:aPath
  
  
repeat
    set aName to (dirEnum’s nextObject())
    
if aName = missing value then exit repeat
    
set aFullPath to aPath’s stringByAppendingPathComponent:aName
    
anArray’s addObject:aFullPath
  end repeat
  
  
set thePred to NSPredicate’s predicateWithFormat:“pathExtension == [c]%@ && lastPathComponent CONTAINS %@” argumentArray:{aExt, aNameString}
  
set bArray to anArray’s filteredArrayUsingPredicate:thePred
  
  
return bArray as list
end retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExtListAndFileNameString

–指定フォルダ以下のすべてのファイルを再帰で取得(文字列と拡張子リストで絞り込み)
on retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExtAndFileNameString(aFol, aExtList, aNameString)
  set anArray to NSMutableArray’s array()
  
set aPath to NSString’s stringWithString:aFol
  
set dirEnum to NSFileManager’s defaultManager()’s enumeratorAtPath:aPath
  
  
repeat
    set aName to (dirEnum’s nextObject())
    
if aName = missing value then exit repeat
    
set aFullPath to aPath’s stringByAppendingPathComponent:aName
    
anArray’s addObject:aFullPath
  end repeat
  
  
set thePred to NSPredicate’s predicateWithFormat:“pathExtension IN [c]%@ && lastPathComponent CONTAINS %@” argumentArray:{aExtList, aNameString}
  
set bArray to anArray’s filteredArrayUsingPredicate:thePred
  
  
return bArray as list
end retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExtAndFileNameString

★Click Here to Open This Script 

AppleScript名:指定フォルダ以下のすべてのファイルを再帰で取得(spotlightで処理).scpt
use AppleScript version “2.4″
use framework “Foundation”
use scripting additions
use mdLib : script “Metadata Lib” version “1.0.0″
–http://piyocast.com/as/archives/4796

–set theFolder to choose folder
set theFolder to (path to desktop folder)
set theFiles to mdLib’s searchFolders:{theFolder} searchString:“kMDItemContentType IN[c] %@” searchArgs:{“com.apple.applescript.script”, “com.apple.applescript.script-bundle”}

★Click Here to Open This Script 

2017/08/28 指定フォルダ内の指定文字列を名称に含むファイル、フォルダを抽出する v2

指定フォルダ内に存在するファイル/フォルダを名称の一部に含むキーワードで抽出するAppleScriptです。NSFileManager経由で高速に処理します。

指定フォルダ内のファイルやフォルダを求める処理は、初歩の初歩で行うものですが、macOS 10.6以降はFinder経由でこれを行うと処理速度が落ちるようになってきました。Finderのチューニングの問題だと思うのですが、AppleScriptからの問い合わせに対してあまり高速に結果を返さないようになってきました(時期的に見ると、ちょうどFinderがCocoa化されたタイミング。Finderのパフォーマンスを確保するための技術的な問題があったのでは?)。

macOS 10.6当時は「ゆくゆくはFile処理はすべてSystem Eventsに移管するのではないか?」と感じていましたが、どうもこのプランは立ち消えになったようで、Finder TabやらFinder TagがFinderのAppleScript用語辞書に実装されないまま、うやむやに。

今日、Finder経由でのファイル情報の取得はとてもコスト(=処理時間)のかかる処理になってきました(条件を何も指定しなければそれなりの速度は出ます。条件指定を行うとちょっと、、、)。逆に、ファイルの移動や削除については大幅に速度が落ちるといったことはありません。

さらに、macOS 10.13で試してみると、Finder経由で指定文字列をファイル名に含むファイルの抽出が遅くなっています(as alias listで処理結果をcastしても遅い)。数千ファイル存在するようなフォルダで実行すると、かーなり遅いです(4,300ファイルのフォルダに対して実行してみたら、SSD搭載機であってもAppleEvent Time Out(=180 sec)にひっかかるぐらい待たされる)。

# 搭載RAM 4GBのMacBook Air 2011でmacOS 10.13betaを試しているので、メモリが少なすぎてパフォーマンス低下をきたしている可能性もあります。ねんのため。

macOS 10.13上でもshell scriptやCocoa経由でのAppleScript処理は問題なく速いので、実用的な速度のAppleScriptを書こうとしたら「なるべくFinder経由でファイル処理を行わない」のがセオリーになりつつあります。

さらに、Xcode上のCocoa AppleScript appletでも各種ファイル処理(System Events経由で特定フォルダへのパスを求めるような気軽な処理)が実行できないケースもあります。指定フォルダ内のファイル/フォルダの一覧取得については、NSFileManager経由で処理することが妥当だと感じるようになりました。

処理結果についてはfileのリストで返すものとPOSIX pathで返すものを用意してみました。fileで返しておけばaliasに型変換してGUIアプリケーションに渡せますし、POSIX pathで返しておけばCocoa系のAPI経由での処理との相性がいいところです。

AppleScript名:指定フォルダ内の指定文字列を名称に含むファイル、フォルダを抽出する v2
– Created 2017-08-28 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4794

property NSURLIsDirectoryKey : a reference to current application’s NSURLIsDirectoryKey
property NSDirectoryEnumerationSkipsHiddenFiles : a reference to current application’s NSDirectoryEnumerationSkipsHiddenFiles
property NSPredicate : a reference to current application’s NSPredicate
property NSMutableArray : a reference to current application’s NSMutableArray
property NSDirectoryEnumerationSkipsPackageDescendants : a reference to current application’s NSDirectoryEnumerationSkipsPackageDescendants
property NSFileManager : a reference to current application’s NSFileManager
property |NSURL| : a reference to current application’s |NSURL|
property NSDirectoryEnumerationSkipsSubdirectoryDescendants : a reference to current application’s NSDirectoryEnumerationSkipsSubdirectoryDescendants

set sourceFolder to POSIX path of (choose folder)
set aKeyword to “スクリーン”

set file1Res to my filterOutFilesByFileName:aKeyword fromDirectory:sourceFolder
–>  {file “Cherry:Users:maro:Desktop:スクリーンショット 2017-04-15 13.18.03.png”, file “Cherry:Users:maro:Desktop:スクリーンショット 2017-04-15 13.48.44.png”, …}
set file2Res to my filterOutPOSIXPathsByFileName:aKeyword fromDirectory:sourceFolder
–>  {”/Users/maro/Desktop/スクリーンショット 2017-04-15 13.18.03.png”, “/Users/maro/Desktop/スクリーンショット 2017-04-15 13.48.44.png”, ….}

set folder1Res to my filterOutFoldersByFolderName:aKeyword fromDirectory:sourceFolder
–>  {file “Cherry:Users:maro:Desktop:スクリーン”}
set folder2Res to my filterOutDirPOSIXPathsByFolderName:aKeyword fromDirectory:sourceFolder
–>  {”/Users/maro/Desktop/スクリーン”}

–Get files

–指定フォルダ内の指定文字列を含むファイル名のファイルをfileのlistで抽出する
on filterOutFilesByFileName:fileNameStr fromDirectory:sourceFolder
  set fileManager to NSFileManager’s defaultManager()
  
set aURL to |NSURL|’s fileURLWithPath:sourceFolder
  
set theOptions to ((NSDirectoryEnumerationSkipsPackageDescendants) as integer) + ((NSDirectoryEnumerationSkipsHiddenFiles) as integer) + ((NSDirectoryEnumerationSkipsSubdirectoryDescendants) as integer)
  
set directoryContents to fileManager’s contentsOfDirectoryAtURL:aURL includingPropertiesForKeys:{} options:theOptions |error|:(missing value)
  
set findPredicates to NSPredicate’s predicateWithFormat_(“lastPathComponent CONTAINS %@”, fileNameStr)
  
set foundItemList to directoryContents’s filteredArrayUsingPredicate:findPredicates
  
  
–Remove Folders From found URL Array
  
set theEnumerator to foundItemList’s objectEnumerator()
  
set anArray to NSMutableArray’s alloc()’s init()
  
repeat
    set aValue to theEnumerator’s nextObject()
    
if aValue = missing value then exit repeat
    
set {theResult, isDirectory} to aValue’s getResourceValue:(reference) forKey:(NSURLIsDirectoryKey) |error|:(missing value)
    
if (isDirectory as boolean) = false then
      anArray’s addObject:(aValue’s |path|() as «class furl»)
    end if
  end repeat
  
  
return anArray as list
end filterOutFilesByFileName:fromDirectory:

–指定フォルダ内の指定文字列を含むファイル名のファイルをPOSIX pathのlistで抽出する
on filterOutPOSIXPathsByFileName:fileNameStr fromDirectory:sourceFolder
  set fileManager to NSFileManager’s defaultManager()
  
set aURL to |NSURL|’s fileURLWithPath:sourceFolder
  
set theOptions to ((NSDirectoryEnumerationSkipsPackageDescendants) as integer) + ((NSDirectoryEnumerationSkipsHiddenFiles) as integer) + ((NSDirectoryEnumerationSkipsSubdirectoryDescendants) as integer)
  
  
set directoryContents to fileManager’s contentsOfDirectoryAtURL:aURL includingPropertiesForKeys:{} options:theOptions |error|:(missing value)
  
set findPredicates to NSPredicate’s predicateWithFormat_(“lastPathComponent CONTAINS %@”, fileNameStr)
  
set foundItemList to directoryContents’s filteredArrayUsingPredicate:findPredicates
  
  
–Remove Folders From found URL Array
  
set theEnumerator to foundItemList’s objectEnumerator()
  
set anArray to NSMutableArray’s alloc()’s init()
  
repeat
    set aValue to theEnumerator’s nextObject()
    
if aValue = missing value then exit repeat
    
set {theResult, isDirectory} to aValue’s getResourceValue:(reference) forKey:(NSURLIsDirectoryKey) |error|:(missing value)
    
if (isDirectory as boolean) = false then
      anArray’s addObject:(aValue’s |path|())
    end if
  end repeat
  
  
return anArray as list
end filterOutPOSIXPathsByFileName:fromDirectory:

–Get folders

–指定フォルダ内の指定文字列を含むフォルダ名のフォルダをfileのlistで抽出する
on filterOutFoldersByFolderName:folderNameStr fromDirectory:sourceFolder
  set fileManager to NSFileManager’s defaultManager()
  
set aURL to |NSURL|’s fileURLWithPath:sourceFolder
  
set theOptions to ((NSDirectoryEnumerationSkipsPackageDescendants) as integer) + ((NSDirectoryEnumerationSkipsHiddenFiles) as integer) + ((NSDirectoryEnumerationSkipsSubdirectoryDescendants) as integer)
  
set directoryContents to fileManager’s contentsOfDirectoryAtURL:aURL includingPropertiesForKeys:{} options:theOptions |error|:(missing value)
  
set findPredicates to NSPredicate’s predicateWithFormat_(“lastPathComponent CONTAINS %@”, folderNameStr)
  
set foundItemList to directoryContents’s filteredArrayUsingPredicate:findPredicates
  
  
–Remove Folders From found URL Array
  
set theEnumerator to foundItemList’s objectEnumerator()
  
set anArray to NSMutableArray’s alloc()’s init()
  
repeat
    set aValue to theEnumerator’s nextObject()
    
if aValue = missing value then exit repeat
    
set {theResult, isDirectory} to aValue’s getResourceValue:(reference) forKey:(NSURLIsDirectoryKey) |error|:(missing value)
    
if (isDirectory as boolean) = true then
      anArray’s addObject:(aValue’s |path|() as «class furl»)
    end if
  end repeat
  
  
return anArray as list
end filterOutFoldersByFolderName:fromDirectory:

–指定フォルダ内の指定文字列を含むフォルダ名のフォルダをPOSIX pathのlistで抽出する
on filterOutDirPOSIXPathsByFolderName:folderNameStr fromDirectory:sourceFolder
  set fileManager to NSFileManager’s defaultManager()
  
set aURL to |NSURL|’s fileURLWithPath:sourceFolder
  
set theOptions to ((NSDirectoryEnumerationSkipsPackageDescendants) as integer) + ((NSDirectoryEnumerationSkipsHiddenFiles) as integer) + ((NSDirectoryEnumerationSkipsSubdirectoryDescendants) as integer)
  
  
set directoryContents to fileManager’s contentsOfDirectoryAtURL:aURL includingPropertiesForKeys:{} options:theOptions |error|:(missing value)
  
set findPredicates to NSPredicate’s predicateWithFormat_(“lastPathComponent CONTAINS %@”, folderNameStr)
  
set foundItemList to directoryContents’s filteredArrayUsingPredicate:findPredicates
  
  
–Remove Folders From found URL Array
  
set theEnumerator to foundItemList’s objectEnumerator()
  
set anArray to NSMutableArray’s alloc()’s init()
  
repeat
    set aValue to theEnumerator’s nextObject()
    
if aValue = missing value then exit repeat
    
set {theResult, isDirectory} to aValue’s getResourceValue:(reference) forKey:(NSURLIsDirectoryKey) |error|:(missing value)
    
if (isDirectory as boolean) = true then
      anArray’s addObject:(aValue’s |path|())
    end if
  end repeat
  
  
return anArray as list
end filterOutDirPOSIXPathsByFolderName:fromDirectory:

★Click Here to Open This Script 

2017/03/15 Spotlightで指定フォルダ以下の指定文字を含むファイル一覧を取得

Cocoaの機能を呼び出すAppleScriptObjCでは、さまざまなCocoaのAPIを呼び出す手法が模索されてきました。その中でもSpotlight検索は「割とまだ決定版の手法が確立していない」ものでありました。

spotlightでタグを指定して検索
http://piyocast.com/as/archives/3731

ASOCでmdfindするじっけん v4(フルパスを返す)
http://piyocast.com/as/archives/4122

などなど、徐々に進化してきて、Shane StanleyのAppleScript Libraries「BridgePlus」にSpotlightの呼び出し命令が実装されたりと、手段が洗練されてきたという経緯があります。

書籍「AppleScript 10大最新技術」にも掲載していますが、その時点のバージョンよりもはるかにこなれた書き方がML上でShane Stanleyから提示されました。いままでよりもはるかに短いので、ちょっと腰を抜かしてしまったほど。しかも、とてもさりげなく、、、

「ああ、こういう書き方でもいいんだ、、、」

と、かなりすごいことになっています。

AppleScript名:Spotlightで指定フォルダ以下の指定文字を含むファイル一覧を取得
– Created 2017-03-15 By Shane Stanley
use AppleScript version “2.4″ – Yosemite (10.10) or later
use framework “Foundation”
use scripting additions
–http://piyocast.com/as/archives/4528

set thePath to POSIX path of (path to desktop) – whatever

–ファイル名で検索
set theKeyword to “スクリーンショット”
set fResList to my searchPath:thePath searchPredicate:“(kMDItemFSName CONTAINS [c]%@)” predicateArgs:{theKeyword}
–>  {”/Users/me/Desktop/2013/03/スクリーンショット 2016-12-15 8.44.28.png”, “/Users/me/Desktop/FromDesktop/samples/list splitted or broken/スクリーンショット 2015-08-31 10.49.30.png”, …… }

–UTI(File Kind)で検索
set theKeyword to “public.png”
set fResList to my searchPath:thePath searchPredicate:“(kMDItemContentType == [c]%@)” predicateArgs:{theKeyword}
–> {”/Users/me/Desktop/2013/03/スクリーンショット 2016-12-15 8.44.28.png”, “/Users/me/Desktop/FromDesktop/IMG_3143_resized.png”, “/Users/me/Desktop/FromDesktop/asoctable.png”….}

–ファイルの内容で検索
set fResList to my searchPath:thePath searchPredicate:“(kMDItemTextContent == [c]%@)” predicateArgs:{“戦場の絆”}
–>  {”/Users/me/Desktop/2013/01/gundam_games_history.txt”, “/Users/me/Desktop/book1_2.0.pdf”}

on searchPath:thePath searchPredicate:predString predicateArgs:argList
  set thePred to current application’s NSPredicate’s predicateWithFormat:predString argumentArray:argList
  
set targetURL to current application’s |NSURL|’s fileURLWithPath:thePath
  
set theQuery to current application’s NSMetadataQuery’s new()
  
  
theQuery’s setPredicate:thePred
  
theQuery’s setSearchScopes:{targetURL}
  
theQuery’s startQuery()
  
  
repeat while theQuery’s isGathering() as boolean
    delay “0.001″ as real
  end repeat
  
theQuery’s stopQuery()
  
  
set theCount to theQuery’s resultCount()
  
set theResults to current application’s NSMutableArray’s array()
  
  
repeat with i from 1 to theCount
    set aResult to (theQuery’s resultAtIndex:(i - 1))
    
set thePath to (aResult’s valueForAttribute:(current application’s NSMetadataItemPathKey))
    (
theResults’s addObject:thePath)
  end repeat
  
  
return (theResults’s sortedArrayUsingSelector:“compare:”) as list
end searchPath:searchPredicate:predicateArgs:

★Click Here to Open This Script 

2016/07/12 Absolute Timeを取得

2001年1月1日 00:00:00からの相対時間であるAbsolute Timeを求めるAppleScriptです。

なんでこんなものが必要になったのかといえば、Spotlightでファイル作成日時を指定して検索したいと思ったときに、例によってFinder上でSpotlight検索を行い、その内容を保存。

保存すると紫色のアイコンである「保存された検索クエリー」になるので、Command-iで情報を見るとかんたんにmdfindの検索パラメータが確認できます。

saved_search.png

なじみのない数値が……。そこで、1年の秒数(3600×24×365)で割ってみたところ、2000年近辺の数字が出てきました。

そのため、2000年あたりからの相対秒だと当たりをつけて、Appleのオンラインドキュメントを検索してみたところ、大当たり。これで、(実行時の)現在時刻からAbsolute Timeを求めることができました。ただ求めただけでは、AppleScriptの数値では指数表示になってしまうため、なるべくオリジナルのまま壊さないように文字列化してみました。

Absolute Timeを求める方法はほかにもありそうなので、探してみることとしましょう。

この記述を用いて、「指定フォルダ内のPages書類とMarkdown書類をデスクトップ上にPDF出力し、それを順番に連結して1つのPDFに出力。デスクトップ上に書き出した不要なPDFは削除する」というAppleScriptを仕上げることができました。

つまり、電子ブック1冊分を完全自動でビルドできるようになったわけで(以前は、書類ごとのPDFを書き出すプロセスとPDFの合成プロセスが別々)、たいへんにけっこうなことです。

AppleScript名:Absolute Timeを取得
– Created 2016-07-12 by Takaaki Naganoya
– 2016 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”

–タイムスタンプ取得(Jan 1 2001 00:00:00 GMTからの相対秒、Absolute Timeで取得)
set aTime to current application’s NSString’s stringWithFormat_(“%@”, current application’s CFAbsoluteTimeGetCurrent()) as string
–>  ”490022703.57607″

★Click Here to Open This Script 

2016/06/18 指定フォルダ以下にあるMacDownとPages書類をソートしてPDFに書き出す

指定フォルダ以下にあるMacDownで記述したMarkdown書類と、Pages書類をすべての階層からピックアップしてファイル名でソートして、すべてデスクトップにPDFで書き出すAppleScriptです。

コンパイル(構文確認)および実行に際しては、Shane StanleyのScript Library「Bridge Plus」をインストールしておく必要があります。また、GUI Scriptingを利用しているため「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「プライバシー」>「アクセシビリティ」でスクリプトエディタ(アプレットとして実行する場合にはアプレットそのもの)を登録して許可しておく必要があります。

「技術書典」に出す電子ブックのフォーマットがギリギリまで決まらず、しかも縦長のスクロールさせるタイプのものにできないかとあがいていたのですが、結局iPadあたりで読むことを考慮するとiPadのリーダーの仕様にしたがう必要があります。

……あれ?(^ー^; 結局、ページめくりは発生するし、一般的な本と同じような体裁になってしまいますよ → フォーマットがPDFになりました。

Markdown書類とPages書類が混在しているフォルダ構造のトップ階層のフォルダを指定すると、Markdown書類とPages書類をピックアップし、ファイル名でそれらをソートし、順次PDFに書き出すAppleScriptを書いてみました(必要は発明のマザー!)。

book1.png

ただ、MacDownには「書類をPDFに書き出す」という機能がAppleScript側に公開されていません(T_T)。

macdown_dict.png

ないものを「ないない」と嘆いても仕方がないので、さっさとGUI Scriptingで強制的にメニュー操作することにしました。

macdown_gui.png

で、どこに? どこに保存させるのでしょう??

大丈夫! そんなときには、保存ダイアログで幾つかのフォルダに強制的に移動させるキーボードショートカットが存在しており、Command-Dは「カレントディレクトリをデスクトップに移動させる」=「保存先をデスクトップにする」働きをします。

このため、保存先を操作しづらい(不可能とはいいませんけれども)GUI Scriptingにおいて保存先を指定することが、デスクトップフォルダについては可能になっています。

Pagesの方はひじょうに素直に(GUI Scriptingなんて使わずに)PDF書き出しが可能です。

そんなわけで、時間に追い詰められながらもなんとか大量のデータ処理を行っているのでありました。書き出した大量のPDFもAppleScriptでさくっと連結できるので、非常にいい感じです。あとは、本が完成すれば、、、、

AppleScript名:指定フォルダ以下にあるMDとPagesをソートしてPDFに書き出す
– Created 2016-06-17 by Takaaki Naganoya
– 2016 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use BridgePlus : script “BridgePlus”
–use spotLight : script “spotlightLib”

property searchRes : {}

load framework

set origPath to POSIX path of (choose folder with prompt “Markdown/Pages ファイルの入っているフォルダを選択”)

set aResList to (spotlightSearch(origPath, “kMDItemKind == ’Markdown’ || kMDItemKind == ’Pages 一般書類’”) of me) as list –Caution! this parameter is *localized*

–フルパスとファイル名のペアの2D Listを作成
set newList to {}
repeat with i in aResList
  set j to contents of i
  
set aStr to (current application’s NSString’s stringWithString:j)
  
set aFileName to aStr’s lastPathComponent()
  
set the end of newList to {aStr, aFileName}
end repeat

–番号順にソート
set sortIndexes to {1} –Key Item id: begin from 0, Sort by filename
set sortOrders to {true}
set sortTypes to {“compare:”}
set resList to (current application’s SMSForder’s subarraysIn:(newList) sortedByIndexes:sortIndexes ascending:sortOrders sortTypes:sortTypes |error|:(missing value)) as list
if resList = {} then return –No Result

–ソートした順番にMarkdownファイル/Pages書類ファイルをオープンしてデスクトップにPDF生成してクローズ
repeat with i in newList
  copy i to {fullPath, aFileName}
  
  
set apFile to (POSIX file (fullPath as string))
  
set anAlias to apFile as alias
  
set aFileName to aFileName as string
  
  
if aFileName ends with “.md” then
    exportFromMacDown(anAlias) of me –Markdown
  else if aFileName ends with “.pages” then
    exportFromPages(anAlias) of me –Pages
  end if
end repeat

–指定のPagesファイル(alias)をデスクトップ上にPDFで書き出し
on exportFromPages(anAlias)
  tell application “Finder”
    set aName to name of anAlias
  end tell
  
  
set dtPath to (path to desktop) as string
  
set outPath to dtPath & aName & “.pdf”
  
  
tell application “Pages”
    close every document without saving
    
open anAlias
    
export document 1 to file outPath as PDF with properties {image quality:Best}
    
close every document without saving
  end tell
end exportFromPages

–指定のMacDownファイル(alias)をデスクトップ上にPDFで書き出し
on exportFromMacDown(anAlias)
  tell application “MacDown”
    open {anAlias}
  end tell
  
  
tell current application
    delay 1 –ここの時間待ちが少ないと画像抜けが発生?
  end tell
  
macDownForceSave() of me
  
  
tell application “MacDown”
    close every document without saving
  end tell
end exportFromMacDown

–注意!! ここでGUI Scriptingを使用。バージョンが変わったときにメニュー階層などの変更があったら書き換え
on macDownForceSave()
  activate application “MacDown”
  
tell application “System Events”
    tell process “MacDown”
      – File > Export > PDF
      
click menu item 2 of menu 1 of menu item 14 of menu 1 of menu bar item 3 of menu bar 1
      
      
–Go to Desktop Folder
      
keystroke “d” using {command down}
      
      
–Save Button on Sheet
      
click button 1 of sheet 1 of window 1
    end tell
  end tell
end macDownForceSave

–Spotlight Libの内容を引っ張り出してきた
on spotlightSearch(origPOSIXpath, aCondition)
  
  
set searchRes to {} –initialize
  
  
initiateSearchForFullPath(aCondition, origPOSIXpath) –Predicate & Scope Directory
  
  
–Waiting for the result
  
repeat while searchRes = {}
    current application’s NSThread’s sleepForTimeInterval:(“0.001″ as real) –delay 0.001
  end repeat
  
  
set anObj to searchRes’s firstObject() –Pick up the first one for test
  
if anObj = missing value then return {} –No Result
  
  
–set anAttrList to anObj’s attributes() –”mdls” attributes
  
–>  (NSArray) {”kMDItemContentTypeTree”, “kMDItemContentType”, “kMDItemPhysicalSize”, …}
  
  
set resArray to {}
  
repeat with anItem in my searchRes
    set j to contents of anItem
    
set aPath to (j’s valueForAttribute:“kMDItemPath”) as string
    
set the end of resArray to aPath
  end repeat
  
  
return resArray
end spotlightSearch

on initiateSearchForFullPath(aQueryStrings, origPath)
  
  
set aSearch to current application’s NSMetadataQuery’s alloc()’s init()
  
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s addObserver:(me) selector:“queryDidUpdate:” |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidUpdateNotification) object:aSearch
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s addObserver:(me) selector:“initalGatherComplete:” |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification) object:aSearch
  
  
set aPredicate to current application’s NSPredicate’s predicateWithFormat:aQueryStrings
  
aSearch’s setPredicate:aPredicate
  
  
set aScope to current application’s NSArray’s arrayWithObjects:{origPath}
  
aSearch’s setSearchScopes:aScope
  
  
set sortKeys to current application’s NSSortDescriptor’s sortDescriptorWithKey:“kMDItemFSName” ascending:true
  
aSearch’s setSortDescriptors:(current application’s NSArray’s arrayWithObject:sortKeys)
  
  
aSearch’s startQuery()
  
end initiateSearchForFullPath

on queryDidUpdate:sender
  –  
end queryDidUpdate:

on initalGatherComplete:sender
  set anObject to sender’s object
  
anObject’s stopQuery()
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s removeObserver:me |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidUpdateNotification) object:anObject
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s removeObserver:me |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification) object:anObject
  
set my searchRes to anObject’s results()
end initalGatherComplete:

★Click Here to Open This Script 

2016/06/17 ASOCでmdfindするじっけん v4(フルパスを返す)

Spotlightの機能をCocoa経由で呼び出してmdfindコマンドのクエリーと検索対象フォルダをPOSIX pathで与えると、条件に合致するファイルのPOSIX pathをリストに入れて返してくるAppleScriptです。

以前に掲載したバージョンを実際に使おうとしたら、激しく間違っていることを発見。なんで気がつかなかったんでしょう。いえ、なんでこんな忙しいときに気づいてしまうんでしょう。

AppleScript名:ASOCでmdfindするじっけん v4(フルパスを返す)
– Created 2016-06-17 by Takaaki Naganoya
– 2016 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”

property searchRes : {}

set origPath to POSIX path of (choose folder)
set aList to spotlightSearch(origPath, “kMDItemContentType == ’net.daringfireball.markdown’”) of me

on spotlightSearch(origPath, aMDfindParam)
  
  
set my searchRes to {} –initialize
  
initiateSearchForFullPath(aMDfindParam, origPath) –Predicate & Scope Directory
  
  
–Waiting for the result
  
repeat while my searchRes = {}
    delay 0.01
  end repeat
  
  
set anObj to my searchRes’s firstObject() –Pick up the first one for test
  
if anObj = missing value then return {} –No Result
  
  
set resArray to {}
  
repeat with anItem in my searchRes
    set j to contents of anItem
    
set aPath to (j’s valueForAttribute:“kMDItemPath”) as string
    
set the end of resArray to aPath
  end repeat
  
  
return resArray
  
end spotlightSearch

on initiateSearchForFullPath(aQueryStrings, origPath)
  
  
set aSearch to current application’s NSMetadataQuery’s alloc()’s init()
  
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s addObserver:(me) selector:“queryDidUpdate:” |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidUpdateNotification) object:aSearch
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s addObserver:(me) selector:“initalGatherComplete:” |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification) object:aSearch
  
  
set aPredicate to current application’s NSPredicate’s predicateWithFormat:aQueryStrings
  
aSearch’s setPredicate:aPredicate
  
  
set aScope to current application’s NSArray’s arrayWithObjects:{origPath}
  
aSearch’s setSearchScopes:aScope
  
  
set sortKeys to current application’s NSSortDescriptor’s sortDescriptorWithKey:“kMDItemFSName” ascending:true
  
aSearch’s setSortDescriptors:(current application’s NSArray’s arrayWithObject:sortKeys)
  
  
aSearch’s startQuery()
  
end initiateSearchForFullPath

on queryDidUpdate:sender
  log sender
  
–> (NSConcreteNotification) NSConcreteNotification 0×7fa618450820 {name = NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification; object = }
end queryDidUpdate:

on initalGatherComplete:sender
  set anObject to sender’s object
  
anObject’s stopQuery()
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s removeObserver:me |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidUpdateNotification) object:anObject
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s removeObserver:me |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification) object:anObject
  
  
set my searchRes to anObject’s results()
end initalGatherComplete:

★Click Here to Open This Script 

2015/09/25 spotlightでタグを指定して検索

Cocoaの機能を用いてSpotlight検索で指定フォルダ以下の指定タグのついているファイルを検索するAppleScriptです。

Shane StanleyがAppleScript Users MLに投稿したもので、Spotlightの検索待ち処理でプロパティをループで監視するやり方が採用されていますが、delayの秒数に0.01と指定して済ますあたりが書きこなれています。

実際0.1秒以下の数値指定は無効ではあるものの、delayを使わないとうまく動きません。動いているし、この書き方でエラーを回避できているので、これでいいんでしょう。

複数のPOSIX pathおよび定数で指定されるフォルダをリストにして与え、一括検索を行っているあたりもみどころです。

AppleScript名:spotlightでタグを指定して検索
– Created 2015-09-25 by Shane Stanley
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”

property searchIsDone : false

set aRes to my searchInListOfPaths:{POSIX path of (path to home folder)} forTags:{“レッド”}
–>  {{kMDItemPath:”/Users/me/Xxxxxxxxx/XxxxxXxxxxx/XX出撃回数集計(xxxxx)/XXXX_9xxxx_x9(XXXX_XXXX統合版) _9999.9.9XX変更対応.scptd”, kMDItemUserTags:{”レッド”}}, {kMDItemPath:”/Users/me/Xxxxxxxxx/XxxxxXxxxxx/XxxXxxx上のリプレイのダウンロード(alive)/指定IDの戦場の絆のムービーをOffLiberty経由でローカルにダウンロード v3.scpt”, kMDItemUserTags:{”レッド”}}, {kMDItemPath:”/Users/me/Xxxxxxxxx/XxxxxXxxxxx/クリップボードの内容をRTFとPDFとHTMLで書き出す v2.scptd”, kMDItemUserTags:{”レッド”}},…….}

(* scope can be a list of POSIX paths and/or the following enums:
NSMetadataQueryUserHomeScope
NSMetadataQueryLocalComputerScope
NSMetadataQueryNetworkScope
NSMetadataQueryUbiquitousDocumentsScope
NSMetadataQueryUbiquitousDataScope
NSMetadataQueryAccessibleUbiquitousExternalDocumentsScope
NSMetadataQueryIndexedLocalComputerScope — 10.10 or later
NSMetadataQueryIndexedNetworkScope

Eg:
searchInListOfPaths:{current application’s NSMetadataQueryLocalComputerScope} forTags:tagList
*)

–スコープリストの範囲のフォルダから、指定タグを含むファイルをすべてリストアップ
on searchInListOfPaths:scopeList forTags:tagList – pass empty list for any tags
  
  
– Build the search predicate
  
set tagListCount to count of tagList
  
if tagListCount = 0 then – any tags
    set pred to current application’s NSPredicate’s predicateWithFormat:(“kMDItemUserTags LIKE ’*’”)
  else if tagListCount = 1 then
    set pred to current application’s NSPredicate’s predicateWithFormat:“kMDItemUserTags CONTAINS[c] %@” argumentArray:tagList
  else
    set predList to {}
    
repeat with aTag in tagList
      set end of predList to (current application’s NSPredicate’s predicateWithFormat:“kMDItemUserTags CONTAINS[c] %@” argumentArray:{aTag})
    end repeat
    
set pred to current application’s NSCompoundPredicate’s andPredicateWithSubpredicates:predList
  end if
  
  
– make the query
  
set theQuery to current application’s NSMetadataQuery’s alloc()’s init()
  
theQuery’s setPredicate:pred
  
  
– set its scope
  
theQuery’s setSearchScopes:scopeList
  
  
– tell the notification center to tell us when it’s done
  
set notifCenter to current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()
  
notifCenter’s addObserver:me selector:“searchDone:” |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification) object:theQuery
  
  
– start searching
  
set my searchIsDone to false
  
theQuery’s startQuery()
  
  
– loop until it’s done
  
repeat
    delay 0.01
    
if searchIsDone then exit repeat
  end repeat
  
  
– get results
  
theQuery’s stopQuery()
  
set theCount to theQuery’s resultCount()
  
set resultsArray to current application’s NSMutableArray’s array() – to hold results
  
repeat with i from 1 to theCount
    (resultsArray’s addObject:((theQuery’s resultAtIndex:(i - 1))’s valuesForAttributes:{current application’s NSMetadataItemPathKey, “kMDItemUserTags”}))
  end repeat
  
  
return resultsArray as list – will be list of records
  
end searchInListOfPaths:forTags:

on searchDone:notification
  set my searchIsDone to true
end searchDone:

★Click Here to Open This Script 

2015/09/05 ASOCでspotlight検索するじっけん v2

Cocoaの機能を用いてspotlight検索を行うAppleScriptです。Script Editor上でControl-Command-RでForeground実行する必要があります。

前バージョンでは、ファイル名しか取得できていませんでしたが、検索でヒットしたアイテムのフルパスを返すようにできたので、ようやくこれで実用レベルに達したと思います。

(1)検索対象フォルダを指定
(2)検索条件を設定

すると、実際にspotlight検索を行って結果を返します。

検索結果待ちループ側でdelayを極小にできるよう、試行錯誤してみましたが、

(1)delayを削除するとうまく動かない
(2)delay 0.01のとおりに本当に0.01秒待っているかはわからない
(3)手元の環境ではうまく動いているが、環境に応じたチューニングが必要?(2台で確認)

という印象を持っています。

ASOCで0.001という数値をプログラム内に記述するのにえっらい苦労しました。そのまま書くと指数表現されてしまい、Pure AppleScriptの世界ではエラーにならないんですが、Cocoaのオブジェクトに渡されるときにうまくブリッジされないのか、エラーに。NSSNumberでfloatValueを設定しようとしてもうまく行かないわで、結局、文字列で書いて強制的にcastするという強引な方法で解決。もっといい方法があるとよいのですが、相当苦労しました。

いろいろ条件を変えて検索の実験をしたところ、与えた検索条件でヒットがない場合には早々に{}を返してくるため、無限ループで処理が終わらないということはないようです。

これでもう、spotlight検索のためにshell commandのmdfindを呼び出す必要はなくなりました。

AppleScript Users MLの過去ログや、ShaneのEveryday AppleScriptObjC添付のサンプルコード、ASObjC Explorer 4添付のサンプルコードなども探し回ってspotlight検索のサンプルを探してみましたが、検索結果のフルパスを返すものはなかったので(ついでに言うとObjective-Cのプログラムを検索エンジンで探しても、けっこう見つからない)、これを書いておいた意義はあるものと思います。

AppleScript名:ASOCでmdfindするじっけん v2(フルパスを返す)
– Created 2015-09-03 by Takaaki Naganoya
– 2015 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”

property searchRes : {}

set searchRes to {} –initialize

set origPath to POSIX path of (choose folder)
initiateSearchForFullPath(“kMDItemDisplayName == ’ICON0.PNG’”, origPath) –Predicate & Scope Directory

–Waiting for the result
repeat while searchRes = {}
  current application’s NSThread’s sleepForTimeInterval:(“0.001″ as real) –delay 0.001
end repeat

set anObj to searchRes’s firstObject() –Pick up the first one for test
if anObj = missing value then return {} –No Result

–set anAttrList to anObj’s attributes() –”mdls” attributes
–>  (NSArray) {”kMDItemContentTypeTree”, “kMDItemContentType”, “kMDItemPhysicalSize”, …}

set resArray to current application’s NSMutableArray’s alloc()’s init()
repeat with anItem in searchRes
  (resArray’s addObject:(anObj’s valueForAttribute:“kMDItemPath”))
  
–>  (NSString) “/Users/me/Documents/機動戦士ガンダム戦場の絆 Folder/ULJS00181USERID_0000/ICON0.PNG”
end repeat

resArray
–>  (NSArray) {”/Users/me/Documents/機動戦士ガンダム戦場の絆 Folder/ULJS00181USERID_0000/ICON0.PNG”,……}

on initiateSearchForFullPath(aQueryStrings, origPath)
  
  
set aSearch to current application’s NSMetadataQuery’s alloc()’s init()
  
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s addObserver:(me) selector:“queryDidUpdate:” |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidUpdateNotification) object:aSearch
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s addObserver:(me) selector:“initalGatherComplete:” |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification) object:aSearch
  
  
set aPredicate to current application’s NSPredicate’s predicateWithFormat:aQueryStrings
  
aSearch’s setPredicate:aPredicate
  
  
set aScope to current application’s NSArray’s arrayWithObjects:{origPath}
  
aSearch’s setSearchScopes:aScope
  
  
set sortKeys to current application’s NSSortDescriptor’s sortDescriptorWithKey:“kMDItemFSName” ascending:true
  
aSearch’s setSortDescriptors:(current application’s NSArray’s arrayWithObject:sortKeys)
  
  
aSearch’s startQuery()
  
end initiateSearchForFullPath

on queryDidUpdate:sender
  log sender
  
–> (NSConcreteNotification) NSConcreteNotification 0×7fa618450820 {name = NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification; object = }
end queryDidUpdate:

on initalGatherComplete:sender
  set anObject to sender’s object
  
anObject’s stopQuery()
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s removeObserver:me |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidUpdateNotification) object:anObject
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s removeObserver:me |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification) object:anObject
  
  
set my searchRes to anObject’s results()
end initalGatherComplete:

★Click Here to Open This Script 

2015/08/31 ASOCでspotlight検索するじっけん

Cocoaの機能を用いてspotlightによる検索を行うAppleScriptの実験的な実装です。

オリジナルは、Appleのオンラインドキュメント「File Metadata Search Programming Guide」にあった、「Listing 2-1 Static Spotlight search implementation」です。これをAppleScriptObjCに(少しアレンジを加えつつ)翻訳したものです。

Script Editor上でCommand-Control-RによるForeground実行する必要があります。プログラムリスト中におけるログ内容はASObjC Explorer 4で表示させたもので、同様の内容を確認したい場合にはASObjC Explorer 4が必要です。

海外のユーザーから「どうやって表示してんの、それ?(Cocoa Objectのログ)」と、問い合わせがあって「通常のScript Editorでは表示できないよ」と回答。意外と知られていないようで、、、(もったいないので、ここで宣伝しておくことにしました)。

ASObjC Explorer 4のログ表示は、AppleScriptのプログラムの間にログ表示用のコードを挟んでいるとのことなので、必ずしも実際のオブジェクトとイコールの内容が表示されているわけではありませんが、実際の内容をつかみやすいものになっています。この機能を持つAppleScript系のエディタは、目下のところASObjC Explorer 4だけです。

Objective-CのプログラムをさらっとAppleScriptObjCのプログラムに書き換えできるのは、ASObjC ExplorerのCocoaオブジェクトログ機能があればこそです。ログを出しつつ属性値を確認できるため、おおいに役立っています。逆に、Cocoaオブジェクトログ機能がないと、全く歯が立ちません(AppleがShaneのプログラムを買い取って、標準のScript Editorに機能をマージすればいいのに、、、)。

AppleScript名:ASOCでspotlight検索するじっけん
– Created 2015-08-31 by Takaaki Naganoya
– 2015 Piyomaru Software

use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”

property searchRes : {}

set searchRes to {} –initialize
initiateSearch(“kMDItemContentTypeTree == ’public.image’”)

–Waiting for the result
repeat while searchRes = {} –Inifinity loop, danger!!
  delay 0.1
end repeat

set anObj to searchRes’s firstObject() –Pick up the first one for test
set anAttrList to anObj’s attributes() –”mdls” attributes
–>  (NSArray) {”kMDItemContentTypeTree”, “kMDItemContentType”, “kMDItemPhysicalSize”, …}

set aFileName to anObj’s valueForKey:“kMDItemDisplayName”
–>  (NSString) ” 1 - 95.7.16.jpg” — example

on initiateSearch(aQueryStrings)
  
  
set aSearch to current application’s NSMetadataQuery’s alloc()’s init()
  
–>  (NSMetadataQuery)
  
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s addObserver:(me) selector:“queryDidUpdate:” |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidUpdateNotification) object:aSearch
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s addObserver:(me) selector:“initalGatherComplete:” |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification) object:aSearch
  
  
  
set aPredicate to current application’s NSPredicate’s predicateWithFormat:aQueryStrings
  
–> (NSComparisonPredicate) kMDItemContentTypeTree == “public.image”
  
aSearch’s setPredicate:aPredicate
  
  
  
set aScope to current application’s NSArray’s arrayWithObjects:{current application’s NSMetadataQueryUserHomeScope, current application’s NSMetadataQueryUbiquitousDocumentsScope}
  
–> (NSArray) {{”kMDQueryScopeHome”, “NSMetadataQueryUbiquitousDocumentsScope”}
  
aSearch’s setSearchScopes:aScope
  
  
  
set sortKeys to current application’s NSSortDescriptor’s sortDescriptorWithKey:“kMDItemDisplayName” ascending:true
  
aSearch’s setSortDescriptors:(current application’s NSArray’s arrayWithObject:sortKeys)
  
  
  
aSearch’s startQuery()
  
end initiateSearch

on queryDidUpdate:sender
  log sender
  
–> (NSConcreteNotification) NSConcreteNotification 0×7fa618450820 {name = NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification; object = }
end queryDidUpdate:

on initalGatherComplete:sender
  log sender
  
–> (NSConcreteNotification) NSConcreteNotification 0×7fa618450820 {name = NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification; object = }
  
  
set anObject to sender’s object
  
anObject’s stopQuery()
  
  
set aRes to anObject’s resultCount()
  
–>  173352 –different in each environment. Just a test
  
  
set my searchRes to anObject’s results()
  
–>  (NSArray) {(NSMetadataItem) , (NSMetadataItem) , ……
  
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s removeObserver:me |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidUpdateNotification) object:anObject
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s removeObserver:me |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification) object:anObject
  
  
set anObject to missing value –really needed?
  
end initalGatherComplete:

★Click Here to Open This Script 

2015/04/22 Spotlight検索インデックスを再生成

起動ディスクのSpotlight検索インデックスを再生成するAppleScriptです。ふつうに、スクリプトエディタ上で実行するものです。実行時に管理者パスワードの入力を求められます。

さまざまなマシン環境を見たときに、Spotlightの検索インデックスが「壊れている」マシンを見かけることがあります。こうなると、mdfindコマンドでspotlightの機能を呼び出して、指定のファイルを見つけ出す処理が有効に機能しません。このような場合には、インデックスの再生成が必要になります。

Spotlightのインデックス再生成は、システム環境設定で行うようになっており、そのものズバリの名前がついていないため、ひじょうに分かりにくくなっています。

そのため、説明を省くことを目的にAppleScriptで書いておきました。Terminalが使えないユーザーでも、スクリプトを実行するだけなら可能でしょう。

ただし、Spotlight復旧のためにはSpotlightのインデックス再生成のほか、ディスクユーティリティーで「ユーザー権限の修復」を行う必要があったり、そもそも起動ディスクの一部のセクタが損傷しているケースなどもあり、「万能薬」ではないことに注意が必要です。

AppleScript名:Spotlight検索インデックスを再生成
do shell script “mdutil -E /” with administrator privileges

★Click Here to Open This Script 

2015/01/24 spotlightでファイルタグを指定してファイル一覧を取得

OS X 10.9, Mavericksで採用されたFinderのFile Tagで、指定フォルダ以下のファイルをリストアップするAppleScriptです。

だいたい、OS Xの新機能については1つのバージョンを置いてAppleScript側が追いつく、というスタイルが定着していたので、OS X 10.10でFile Tagのサポートがなかったことには(よくないほうの意味で)驚きました。

ただ、10.10で導入されたScript Editor上でのAppleScriptObjCの機能のサポートによって、File Tagの設定、取得、追加についてはAppleScriptObjCで書くもの、という認識を持っていました。

それでも、指定フォルダ以下のFile Tagによるファイル抽出については情報が出ていなかったので、いろいろと調べたところ・・・mdfindで検索するのが一番簡単という結論に。

filetag1.png

本来的には、フィルタ参照(get every file whose tags is equal to {”Blue”, “Green”} 的な)で抽出できることがAppleScript的な「作法」ではあるものの、Appleがそうした機能を提供していない(できていない)という状況に対処するためには、こうしたサブルーチンの利用が現実的でしょう。

ただ、{”グリーン”, “ブルー”, “ヤンキー”} というファイルタグを持つファイルが{”グリーン”, “ブルー”}でリストアップされてしまうので、まだ調整の余地がありそうです。

filetag2.png

などと書いたので、Finder上でSpotlightの動作を調べてみたら・・・この通りの動きをするようなので、仕方ないのかも、、

filetag3.png

AppleScript名:spotlightでファイルタグを指定してファイル一覧を取得
– Created 2015-01-24 by Takaaki Naganoya
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions

set aFol to path to desktop
set aTagList to {“グリーン”, “ブルー”}
set aRes to getFileListByTagsWithSpotLight(aTagList, aFol) of me
–> {alias “Macintosh HD:Users:me:Desktop:fra5.png”, alias “Macintosh HD:Users:me:Desktop:fra6.png”}

–指定階層下で、指定タグ(複数をリストで指定)を持つファイルを取得(alias list)
on getFileListByTagsWithSpotLight(aTagList as list, startDir as {alias, string})
  –Error Case
  
if aTagList = {} then return {}
  
if startDir as string = “” then return
  
  
–Make File Tag Search Query String
  
set aQuery to {}
  
repeat with i in aTagList
    set aTag to contents of i
    
set aStr to “kMDItemUserTags==” & aTag
    
set the end of aQuery to aStr
  end repeat
  
set queryText to retArrowText(aQuery, ” && “) of me
  
  
–Make mdfind command string
  
set sDirText to quoted form of POSIX path of startDir
  
set shellText to “/usr/bin/mdfind ’” & queryText & “’ -onlyin “ & sDirText
  
try
    set aRes to do shell script shellText
  on error
    return {}
  end try
  
  
–Parse Result into alias list
  
set pList to paragraphs of aRes
  
set aList to {}
  
repeat with i in pList
    set aPath to POSIX file i
    
set aPath to aPath as alias
    
set the end of aList to aPath
  end repeat
  
return aList
  
end getFileListByTagsWithSpotLight

–リストを任意のデリミタ付きでテキストに
on retArrowText(aList, aDelim)
  set aText to “”
  
set curDelim to AppleScript’s text item delimiters
  
set AppleScript’s text item delimiters to aDelim
  
set aText to aList as text
  
set AppleScript’s text item delimiters to curDelim
  
return aText
end retArrowText

★Click Here to Open This Script 

2014/12/25 アプリケーションごとのローカライズ言語数を求める

/Applicationsフォルダ以下の全アプリケーションのローカライズ言語数を求めて多い順にソートして返すAppleScriptです。

便利な部品ができてきたので、本来の用途以外に転用するのも簡単になってきました。

ただ、こういう「調査活動」以外にこの処理が生きるかどうかは未知数です、、、

OS X自体のローカライズ言語数=35ということが見て取れますが(ただし、対応言語は幾つかのレベルに分けられており、ユーザー数によって対応度が違うはず)、それ以上のローカライズ言語を持っているアプリケーションの存在が気になります。

AppleScript名:アプリケーションごとのローカライズ言語数を求める
– Created 2014-12-25 by Takaaki Naganoya

use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “ASObjCExtras”

–/Applications以下のアプリケーションのパスをすべて求める
set apPath1 to (path to applications folder) as string
set aList to getFileListWithSpotLight(“kMDItemContentType”, “com.apple.application-bundle”, apPath1) of me

–各アプリケーションのローカリゼーション情報を取得(重複情報はカウントしつつ保持)
set aaList to {}

repeat with i in aList
  set j to contents of i
  
  
–アプリケーションのローカリゼーションを取得する(重複言語の除去ずみ)
  
set locList to getSpecifiedAppFilesLocalizationList(j) of me
  
  
tell application “System Events”
    set aName to name of j
  end tell
  
  
set the end of aaList to {aName, length of locList}
  
end repeat

–Sort Result (Many->Little)
set sortIndexes to {1} –Key Item id: begin from 0
set sortOrders to {false} –Descending Sort Order
set sortTypes to {“compare:”}
set rList to (current application’s SMSFord’s subarraysIn:aaList sortedByIndexes:sortIndexes ascending:sortOrders sortTypes:sortTypes |error|:(missing value)) as list

return rList
–> {{”VLC.app”, 93}, {”Creative Cloud.app”, 61}, {”Adobe Application Manager.app”, 61}, {”Google Drive.app”, 53}, {”Google Chrome.app”, 53}, {”Uninstall Product.app”, 43}, {”Uninstall Product.app”, 43}, {”Google Earth.app”, 42}, {”VueScan.app”, 40}, {”Evernote.app”, 40}, {”Adobe Muse CC 2014.app”, 37}, {”iTunes.app”, 35}, {”Digital Color Meter.app”, 35}, {”Image Capture.app”, 35}, {”Grab.app”, 35}, {”Game Center.app”, 35}, {”iBooks.app”, 35}, {”Boot Camp Assistant.app”, 35}, {”Bluetooth File Exchange.app”, 35}, {”System Information.app”, 35}, {”Safari.app”, 35}, {”Terminal.app”, 35}, {”Contacts.app”, 35}, {”Preview.app”, 35}, {”App Store.app”, 35}, {”Automator.app”, 35}, ……

–指定アプリケーションファイルの、指定Localeにおけるローカライズ言語リストを求める。重複を排除
on getSpecifiedAppFilesLocalizationList(anAppAlias as alias)
  
  
set aURL to (current application’s SMSFord’s URLFrom:anAppAlias)
  
set aBundle to current application’s NSBundle’s bundleWithURL:aURL
  
  
set theNSLocale to current application’s NSLocale’s localeWithLocaleIdentifier:“en” –Output Locale Name in English (en)
  
  
–Get Localization Info
  
set locList to aBundle’s localizations()
  
–> {”de”, “English”, “fr”, “French”, “German”, “ja”, “Japanese”}
  
set theEnumerator to locList’s objectEnumerator()
  
  
set theSet to current application’s NSMutableSet’s |set|()
  
  
repeat
    set aValue to theEnumerator’s nextObject()
    
if aValue is missing value then exit repeat
    
    
set theName to (theNSLocale’s displayNameForKey:(current application’s NSLocaleIdentifier) value:aValue)
    
    
if theName is missing value then
      –”English”や”French”などは、missing valueが返ってくるので、”English”や”French”などをそのまま追加
      
theSet’s addObject:aValue
    else
      –”de”や”fr”などは、”German”や”French”が返ってくるので、それを追加
      
theSet’s addObject:theName
    end if
  end repeat
  
  
–NSCountedSetをNSMutableArrayに変換
  
set theArray to current application’s NSMutableArray’s array()
  
set theEnumerator to theSet’s objectEnumerator()
  
  
–NSMutableArrayから順次取り出して、NSArrayに出力
  
repeat
    set aValue to theEnumerator’s nextObject()
    
if aValue is missing value then exit repeat
    
theArray’s addObject:aValue
  end repeat
  
  
return theArray as list
  
end getSpecifiedAppFilesLocalizationList

–指定階層下で、指定メタデータが指定パラメータであるファイルを取得(alias list)
on getFileListWithSpotLight(aMetaDataItem as string, aParam as string, startDir as {alias, string})
  set sDirText to quoted form of POSIX path of startDir
  
set shellText to “/usr/bin/mdfind ’” & aMetaDataItem & ” == \”" & aParam & “\”’ -onlyin “ & sDirText
  
try
    set aRes to do shell script shellText
  on error
    return {}
  end try
  
set pList to paragraphs of aRes
  
set aList to {}
  
repeat with i in pList
    set aPath to POSIX file i
    
set aPath to aPath as alias
    
set the end of aList to aPath
  end repeat
  
return aList
end getFileListWithSpotLight

★Click Here to Open This Script 

2009/02/04 指定階層下で、指定クリエータコードのファイルを取得

指定フォルダ以下に存在する、指定クリエーターコードのファイル一覧をmdfindコマンド(Spotlight)で取得します。

スクリプト名:指定階層下で、指定クリエータコードのファイルを取得
set startDir to choose folder
set bList to getFileListWithSpotLight(”kMDItemContentType“, com.apple.xcode.project“, startDir) of me Xcodeのファイルをクリエータコードで検索

指定階層下で、指定クリエータコードのファイルを取得(Mac OS X 10.4.x以上で動作)
on getFileListWithSpotLight(aMetaDataItem, aParam, startDir)
  if my checkTiger() = false then return {}
  
  
set sDirText to quoted form of POSIX path of startDir
  
set shellText to mdfind ‘ & aMetaDataItem & == \” & aParam & \”‘ -onlyin & sDirText
  
try
    set aRes to do shell script shellText
  on error
    return {}
  end try
  
set pList to paragraphs of aRes
  
set aList to {}
  
repeat with i in pList
    set aPath to POSIX file i
    
set aPath to aPath as alias
    
set the end of aList to aPath
  end repeat
  
return aList
end getFileListWithSpotLight

Mac OS X 10.4以上で動作中かどうかチェック
on checkTiger()
  tell application System Events
    set sysV to system attribute sysv
    
if sysV < 4159 then
      return false
    else
      return true
    end if
  end tell
end checkTiger

▼新規書類に ▼カーソル位置に ▼ドキュメント末尾に

2008/04/05 SpotLightで検索

AppleScriptでも、Mac OS X 10.4で導入されたSpotlightを使って、ファイルの検索を行えます。shellコマンドのmdfindで検索を、mdlsでSpotlightの検索要素を調べます。指定ディレクトリ下の特定ファイルのリストアップなど、再帰処理で探すよりもSpotlightで探した方が圧倒的に高速処理できるため、実行環境をMac OS X 10.4以降に限定できる場合にはSpotlightの使用をお勧めします。

なお、mdfindのパラメータをよく理解できない場合には、Finderで検索したい内容のSmart Folderを作成し、出来上がったSmart Folderの情報をFinder上で確認すると、「クエリー」の欄にそのパラメータが書かれています。これがほぼそのまま使えます。ある程度の試行錯誤は必要ですが、予想外に簡単なのでぜひトライしてみてください。

Spotlight検索パラメータの調べ方1

Spotlightパラメータの調べ方2

スクリプト名:SpotLightで検索
return do shell scriptmdfind \”kMDItemTextContent == ‘ぴよまる’ || kMDItemTitle == ‘ぴよまる’\”

▼新規書類に ▼カーソル位置に ▼ドキュメント末尾に