Archive for the 'Pages 5' Category

2016/06/18 指定フォルダ以下にあるMacDownとPages書類をソートしてPDFに書き出す

指定フォルダ以下にあるMacDownで記述したMarkdown書類と、Pages書類をすべての階層からピックアップしてファイル名でソートして、すべてデスクトップにPDFで書き出すAppleScriptです。

コンパイル(構文確認)および実行に際しては、Shane StanleyのScript Library「Bridge Plus」をインストールしておく必要があります。また、GUI Scriptingを利用しているため「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「プライバシー」>「アクセシビリティ」でスクリプトエディタ(アプレットとして実行する場合にはアプレットそのもの)を登録して許可しておく必要があります。

「技術書典」に出す電子ブックのフォーマットがギリギリまで決まらず、しかも縦長のスクロールさせるタイプのものにできないかとあがいていたのですが、結局iPadあたりで読むことを考慮するとiPadのリーダーの仕様にしたがう必要があります。

……あれ?(^ー^; 結局、ページめくりは発生するし、一般的な本と同じような体裁になってしまいますよ → フォーマットがPDFになりました。

Markdown書類とPages書類が混在しているフォルダ構造のトップ階層のフォルダを指定すると、Markdown書類とPages書類をピックアップし、ファイル名でそれらをソートし、順次PDFに書き出すAppleScriptを書いてみました(必要は発明のマザー!)。

book1.png

ただ、MacDownには「書類をPDFに書き出す」という機能がAppleScript側に公開されていません(T_T)。

macdown_dict.png

ないものを「ないない」と嘆いても仕方がないので、さっさとGUI Scriptingで強制的にメニュー操作することにしました。

macdown_gui.png

で、どこに? どこに保存させるのでしょう??

大丈夫! そんなときには、保存ダイアログで幾つかのフォルダに強制的に移動させるキーボードショートカットが存在しており、Command-Dは「カレントディレクトリをデスクトップに移動させる」=「保存先をデスクトップにする」働きをします。

このため、保存先を操作しづらい(不可能とはいいませんけれども)GUI Scriptingにおいて保存先を指定することが、デスクトップフォルダについては可能になっています。

Pagesの方はひじょうに素直に(GUI Scriptingなんて使わずに)PDF書き出しが可能です。

そんなわけで、時間に追い詰められながらもなんとか大量のデータ処理を行っているのでありました。書き出した大量のPDFもAppleScriptでさくっと連結できるので、非常にいい感じです。あとは、本が完成すれば、、、、

AppleScript名:指定フォルダ以下にあるMDとPagesをソートしてPDFに書き出す
– Created 2016-06-17 by Takaaki Naganoya
– 2016 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use BridgePlus : script “BridgePlus”
–use spotLight : script “spotlightLib”

property searchRes : {}

load framework

set origPath to POSIX path of (choose folder with prompt “Markdown/Pages ファイルの入っているフォルダを選択”)

set aResList to (spotlightSearch(origPath, “kMDItemKind == ’Markdown’ || kMDItemKind == ’Pages 一般書類’”) of me) as list –Caution! this parameter is *localized*

–フルパスとファイル名のペアの2D Listを作成
set newList to {}
repeat with i in aResList
  set j to contents of i
  
set aStr to (current application’s NSString’s stringWithString:j)
  
set aFileName to aStr’s lastPathComponent()
  
set the end of newList to {aStr, aFileName}
end repeat

–番号順にソート
set sortIndexes to {1} –Key Item id: begin from 0, Sort by filename
set sortOrders to {true}
set sortTypes to {“compare:”}
set resList to (current application’s SMSForder’s subarraysIn:(newList) sortedByIndexes:sortIndexes ascending:sortOrders sortTypes:sortTypes |error|:(missing value)) as list
if resList = {} then return –No Result

–ソートした順番にMarkdownファイル/Pages書類ファイルをオープンしてデスクトップにPDF生成してクローズ
repeat with i in newList
  copy i to {fullPath, aFileName}
  
  
set apFile to (POSIX file (fullPath as string))
  
set anAlias to apFile as alias
  
set aFileName to aFileName as string
  
  
if aFileName ends with “.md” then
    exportFromMacDown(anAlias) of me –Markdown
  else if aFileName ends with “.pages” then
    exportFromPages(anAlias) of me –Pages
  end if
end repeat

–指定のPagesファイル(alias)をデスクトップ上にPDFで書き出し
on exportFromPages(anAlias)
  tell application “Finder”
    set aName to name of anAlias
  end tell
  
  
set dtPath to (path to desktop) as string
  
set outPath to dtPath & aName & “.pdf”
  
  
tell application “Pages”
    close every document without saving
    
open anAlias
    
export document 1 to file outPath as PDF with properties {image quality:Best}
    
close every document without saving
  end tell
end exportFromPages

–指定のMacDownファイル(alias)をデスクトップ上にPDFで書き出し
on exportFromMacDown(anAlias)
  tell application “MacDown”
    open {anAlias}
  end tell
  
  
tell current application
    delay 1 –ここの時間待ちが少ないと画像抜けが発生?
  end tell
  
macDownForceSave() of me
  
  
tell application “MacDown”
    close every document without saving
  end tell
end exportFromMacDown

–注意!! ここでGUI Scriptingを使用。バージョンが変わったときにメニュー階層などの変更があったら書き換え
on macDownForceSave()
  activate application “MacDown”
  
tell application “System Events”
    tell process “MacDown”
      – File > Export > PDF
      
click menu item 2 of menu 1 of menu item 14 of menu 1 of menu bar item 3 of menu bar 1
      
      
–Go to Desktop Folder
      
keystroke “d” using {command down}
      
      
–Save Button on Sheet
      
click button 1 of sheet 1 of window 1
    end tell
  end tell
end macDownForceSave

–Spotlight Libの内容を引っ張り出してきた
on spotlightSearch(origPOSIXpath, aCondition)
  
  
set searchRes to {} –initialize
  
  
initiateSearchForFullPath(aCondition, origPOSIXpath) –Predicate & Scope Directory
  
  
–Waiting for the result
  
repeat while searchRes = {}
    current application’s NSThread’s sleepForTimeInterval:(“0.001″ as real) –delay 0.001
  end repeat
  
  
set anObj to searchRes’s firstObject() –Pick up the first one for test
  
if anObj = missing value then return {} –No Result
  
  
–set anAttrList to anObj’s attributes() –”mdls” attributes
  
–>  (NSArray) {”kMDItemContentTypeTree”, “kMDItemContentType”, “kMDItemPhysicalSize”, …}
  
  
set resArray to {}
  
repeat with anItem in my searchRes
    set j to contents of anItem
    
set aPath to (j’s valueForAttribute:“kMDItemPath”) as string
    
set the end of resArray to aPath
  end repeat
  
  
return resArray
end spotlightSearch

on initiateSearchForFullPath(aQueryStrings, origPath)
  
  
set aSearch to current application’s NSMetadataQuery’s alloc()’s init()
  
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s addObserver:(me) selector:“queryDidUpdate:” |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidUpdateNotification) object:aSearch
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s addObserver:(me) selector:“initalGatherComplete:” |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification) object:aSearch
  
  
set aPredicate to current application’s NSPredicate’s predicateWithFormat:aQueryStrings
  
aSearch’s setPredicate:aPredicate
  
  
set aScope to current application’s NSArray’s arrayWithObjects:{origPath}
  
aSearch’s setSearchScopes:aScope
  
  
set sortKeys to current application’s NSSortDescriptor’s sortDescriptorWithKey:“kMDItemFSName” ascending:true
  
aSearch’s setSortDescriptors:(current application’s NSArray’s arrayWithObject:sortKeys)
  
  
aSearch’s startQuery()
  
end initiateSearchForFullPath

on queryDidUpdate:sender
  –  
end queryDidUpdate:

on initalGatherComplete:sender
  set anObject to sender’s object
  
anObject’s stopQuery()
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s removeObserver:me |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidUpdateNotification) object:anObject
  
current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()’s removeObserver:me |name|:(current application’s NSMetadataQueryDidFinishGatheringNotification) object:anObject
  
set my searchRes to anObject’s results()
end initalGatherComplete:

★Click Here to Open This Script 

2016/05/11 FileMaker Pro v15, Keynote v6.6.2, Pages v5.6.2, Numbers v3.6.2が登場

今日は大物プリケーションのアップデートが集中してやってきました。

FileMaker Proの新バージョン、v15のお試し版をダウンロードしてためしてみました。主にモバイル(iPhone、iPad)での機能アップが中心で、Mac上での開発および運用環境としては、スクリプト記述がやりやすくなった(エラーが発生したステップの色が変わるとか)、というあたりで「小幅な改善」という印象を受けます。

FileMaker v14からのAppleScript用語辞書の変更はとくにありません。

FileMakerのWeb系ソリューションについては、AmazonのAWSみたいなクラウド・ホスティングサービスでもないと正直手を出しにくい印象を受けています。

これらのほかに、AppleのKeynote、Pages、Numbersも小幅なアップデート。前バージョンからのAppleScript用語辞書の変更点はとくにありません。

keynote_sdef.png
ツール(ASDictionary)でアプリケーションの用語辞書をHTMLに書き出しして、diffツールで比較。有意な差分が認められた場合にはラベルをつけています

2015/11/13 iWorkアプリがアップデート。AppleScript関連の機能変更はなし

AppleのiWorkアプリケーションのアップデートがリリースされました。

Keynote 6.6→6.6.1、Pages 5.6→5.6.1、Numbers 3.6→3.6.1

AppleScript用語辞書ベースでの変更点はありません。

2015/10/17 iWorkアプリがアップデート、AppleScript対応機能が強化される

AppleのiWorkアプリケーション(Keynote、Pages、Numbers)がアップデートされ、Keynote v6.6、Pages v5.6、Numbers v3.6になりました。それぞれ、AppleScript関連機能が強化されています。

AppleのSal SoghoianがUSのAppleScript Users MLに投稿し、それぞれの解説ページへのリンクを紹介しています。

Keynote
Updates to export options:
PDF image quality

Pages
Updates to export options:
image quality
EPUB metadata: publisher, language, genre

Numbers
Transpose table command:
Updates to export options:
image quality
exclude summary worksheet option for exporting to Excel

英語で書かれていますが、しっかりと解説されており納得の行くレベルです。アプリケーション自体の機能では、Pagesでドキュメント内リンクが作れるようになってほしいところです(PDF書き出ししたときに、リンクで書類内を行き来できないのが辛い)。

2015/01/09 Keynote, Pages, Numbersがアップデート。AppleScript用語辞書は変更なし

Keynote、Pages、Numbersがアップデートされ、それぞれ、

 Keynote:Version 6.5.2
 Pages:Version 5.5.2
 Numbers:Version 3.5.2

となりました。マイナーバージョンアップであり、セキュリティ関連のみのアップデートで、AppleScript用語辞書には変更はありません。

毎回、例によってAS Dictionary(Now, By MugginSoft)でAppleScript用語辞書をHTMLに(AppleScriptで)書き出しして、FileMergeでdiffをとって用語辞書の差分を検出しており、今回は変更が検出されませんでした。

keynote.png

pages.png

numbers.png