Archive for the 'OmniPlan' Category

2008/12/11 OmniPlanで最前面のウィンドウで選択されているリソースの情報を取得する

OmniPlanの最前面のウィンドウで選択されているリソースの情報を取得します。

op5.jpeg

スクリプト名:OmniPlanで最前面のウィンドウで選択されているリソースの情報を取得する
【コメント】 
tell application "OmniPlan"
  tell window 1
    set aSel to selected resources
  end tell
end tell
> {resource id 15 of project of document id "948E3142-A45D-4B45-B9DB-C4CFE4F7475B" of application "OmniPlan"}

▼新規書類に ▼カーソル位置に ▼ドキュメント末尾に

2008/12/11 OmniPlanで最前面のウィンドウで選択されているタスクの情報を取得する

OmniPlanで、最前面のウィンドウ上で選択中のタスクの情報を取得するサンプルです。選択中のタスクを特定して、情報を取得し……他のアプリケーション上のデータを検索したり、データを個別に書き出したりするといった処理への展開が考えられます。

複数のタスクを選択することが許容されているのと、何も選択されていない場合には空のリストが返ってくるので、その点を考慮して処理を行う必要があります。

op4.jpeg

スクリプト名:OmniPlanで最前面のウィンドウで選択されているタスクの情報を取得する
【コメント】 
tell application OmniPlan
  tell window 1
    set aSel to selected tasks
  end tell
end tell
> {task id 17 of project of document id “B9CB236B-0E26-4054-83E3-77B0BF13AD1D” of application “OmniPlan”, task id 7 of project of document id “B9CB236B-0E26-4054-83E3-77B0BF13AD1D” of application “OmniPlan”}

▼新規書類に ▼カーソル位置に ▼ドキュメント末尾に

2008/12/11 OmniPlanでTaskの情報を取得する

OmniPlanで、指定のTaskの情報を取得するサンプルです。どのような情報が返ってくるかを確認できます。

op3.jpeg

スクリプト名:OmniPlanでTaskの情報を取得する
【コメント】 
tell application "OmniPlan"
  tell document 1
    set tCount to count every task
    
tell task 1
      properties
    end tell
  end tell
end tell

> {task status:past due, duration:2.025E+5, effort:1.125E+5, completed:0.161119997501, starting date:date "2006年 8月 15日 火曜日 8:00:00 AM", recalculates effort:false, completed effort:1.8126E+4, priority:0, custom data:{}, remaining effort:9.4374E+4, total cost:0.0, parent task:missing value, outline depth:1, starting baseline variance:0.0, recalculates duration:true, expanded:true, note expanded:false, filtered:false, note:"", name:"放送局用資料", outline number:"1", starting baseline date:missing value, reserve time:0.0, starting date locked:false, id:6, ending baseline variance:0.0, ending date:date "2006年 8月 24日 木曜日 4:00:00 PM", task type:group task, static cost:0.0, reserving time:false, starting constraint date:missing value, style:style of task id 6 of project of document id "B9CB236B-0E26-4054-83E3-77B0BF13AD1D" of application "OmniPlan", critical:false, resource cost:0.0, class:child task, ending date locked:false, ending baseline date:missing value, ending constraint date:missing value}

▼新規書類に ▼カーソル位置に ▼ドキュメント末尾に

2008/12/10 OmniPlanでドキュメント内のプロジェクトを数える

OmniPlanで、ドキュメント中に含まれるプロジェクトの数を数えます。現状で、1ドキュメント中には1プロジェクトしか入らないはずなので(違った場合にはぜひご指摘を)、1以外が返ってくるはずはないのですが……とりあえず地道に調べてみました。

スクリプト名:OmniPlanでドキュメント内のプロジェクトを数える
tell application "OmniPlan"
  tell document 1
    set pCount to count every project
  end tell
end tell

> 1

▼新規書類に ▼カーソル位置に ▼ドキュメント末尾に

2008/12/10 OmniPlanでWindowの情報を取得する

OmniPlanで表示中のウィンドウの情報を取得し、どのような情報が返ってくるかという事例です。

スクリプト名:OmniPlanでWindowの情報を取得する
【コメント】 
tell application "OmniPlan"
  tell window 1
    properties
  end tell
end tell

> {task columns:{"Violations", "Notes", "Title", "Time"}, zoomed:false, closeable:true, resizable:true, miniaturized:false, document:document id "B9CB236B-0E26-4054-83E3-77B0BF13AD1D" of application "OmniPlan", bounds:{19, 22, 1211, 444}, calendar columns:{"IM", "Notes", "Type", "Resource", "#"}, zoomable:true, selected resources:{}, resource columns:{"IM", "Notes", "Type", "Resource", "#"}, miniaturizable:true, selected tasks:{}, has overview:false, class:window, name:"進行中プロジェクト", id:21221, index:3, visible:true}

▼新規書類に ▼カーソル位置に ▼ドキュメント末尾に

2008/12/10 OmniPlanでドキュメントの情報を取得する

アップデートするたびに、微妙にAppleScript系の機能がアップデートされる傾向にあるOmniGroupのソフトウェア。その中でもOmniPlanは大幅に変わることなく安定して(小刻みな)アップデートが行われている印象があります。

OmniPlanでドキュメントの情報を取得する記述例です。ただ、記述例といっても特殊な書き方はどこにもないので、どのような情報が返ってくるかというのが注目すべきポイントです。


op1.jpeg

スクリプト名:OmniPlanでドキュメントの情報を取得する
tell application "OmniPlan"
  tell document 1
    properties
  end tell
end tell
> {modified:false, name:"進行中プロジェクト", project:project of document id "B9CB236B-0E26-4054-83E3-77B0BF13AD1D" of application "OmniPlan", template:missing value, can undo:false, file:file "Cherry:Users:maro:Desktop:進行中プロジェクト.omniplan:", class:document, id:"B9CB236B-0E26-4054-83E3-77B0BF13AD1D", can redo:false}

▼新規書類に ▼カーソル位置に ▼ドキュメント末尾に