Archive for the 'InDesign CC' Category

2014/01/21 InDesign CCで、ドキュメントの強制的なクローズ

InDesign CCで、オープン中のすべてのドキュメントの強制的なクローズを行うAppleScriptです。

スクリプト名:InDesign CCで、ドキュメントの強制的なクローズ
forceCloseINDdoc() of me

–InDesignドキュメントの強制的なクローズ
on forceCloseINDdoc()
  try
    using terms from application "Adobe InDesign CC"
      tell application "Adobe InDesign CC"
        set docCount to count every document
        
if docCount = 0 then return
        
tell every document
          close saving no
        end tell
      end tell
    end using terms from
  end try
end forceCloseINDdoc

▼新規書類に ▼カーソル位置に ▼ドキュメント末尾に

2014/01/21 InDesign CCで、table中のcellを結合

InDesign CCで、選択中のテキストフレーム内に存在する表のセルを結合するScriptです。

{2,4}のセルと{2,5}のセルを結合して1つのセルにしています。

id2.png
▲実行前

id3.png
▲実行後

スクリプト名:InDesign CCで、table中のcellを結合
tell application "Adobe InDesign CC"
  set a to selection
  
set aa to contents of item 1 of a
  
tell aa
    tell table 1
      merge cell 2 of row 4 with cell 2 of row 5
    end tell
  end tell
end tell

▼新規書類に ▼カーソル位置に ▼ドキュメント末尾に

2014/01/21 InDesign CCで、スウォッチ名称一覧を取得

InDesign CCで、スウォッチ名称一覧を取得するScriptです。

InDesign CS3用のScriptを無変更でそのまま動きます。

スクリプト名:InDesign CCで、スウォッチ名称一覧を取得
set swList to retColNameList() of me
–> {”None”, “Registration”, “Paper”, “Black”, “C=100 M=0 Y=0 K=0″, “C=0 M=100 Y=0 K=0″, “C=0 M=0 Y=100 K=0″, “C=15 M=100 Y=100 K=0″, “C=75 M=5 Y=100 K=0″, “C=100 M=90 Y=10 K=0″}

on retColNameList()
  tell application “Adobe InDesign CC”
    set sList to {}
    
    
–スウォッチアイテムの名前と色を取得
    
set allSW to object reference of every swatch
    
repeat with aSW in allSW
      tell aSW
        set aName to name as Unicode text
        
set aColVal to color value as list
        
set the end of sList to contents of aName
      end tell
    end repeat
  end tell
  
  
return sList
  
end retColNameList

▼新規書類に ▼カーソル位置に ▼ドキュメント末尾に

2014/01/21 InDesign CCで選択中のテキストフレーム中にある表オブジェクトの情報を取得

InDesign CCの動作確認のために、ドキュメント内で選択中のテキストフレームの中に存在している表オブジェクトのプロパティを調査するテストScriptを書いてみました。

id1.png

InDesign CCについては、さわりはじめたばかりですが、InDesign CS3からあまり変化はないという印象です。

スクリプト名:InDesign CCで選択中のテキストフレーム中にある表オブジェクトの情報を取得
tell application “Adobe InDesign CC”
  set a to selection
  
set aa to contents of item 1 of a
  
tell aa
    tell table 1
      properties
    end tell
  end tell
end tell

▼新規書類に ▼カーソル位置に ▼ドキュメント末尾に