Archive for the 'InDesign CC 2014' Category

2015/06/17 Adobe CC 2015がリリース、InDesign 11でpropertiesが取得できない致命的なバグが修正される

毎年機能アップされ、Adobeアプリケーションも使い放題・・・というふれこみのAdobe Creative Cloudでしたが、「新しいバグが追加され、まったく直らない」という傾向が観測されていました。

id151.png

InDesign CC 2014では「AppleScriptからオブジェクトのプロパティ値が取得できない」という致命的なバグがあり(これでプログラムを組めといわれても無理、、、)、Adobeのフォーラムに英語でバグの報告をしてもリアクションも何もなく、「直す気がない」ものと判断。

Adobeの対応がこんなにダメな状況では、2年しばりの契約が終わったらAdobe CCの契約終了が妥当と判断していました

本日CC 2015のアップデートが来ていたので、ためしに(前バージョンを削除せずに)アップデートしてみました。すると、InDesignの上記のバグが発生していないことが確認できました。つまり、普通にオブジェクトのプロパティが取得できる、と。

id152.png

これによって、「運がよければ翌年に修正される可能性がある」という経験則が得られました。cc2015で新たなバグが発見された場合には、cc2015では修正されずcc2016を待つ必要があるのでしょう。

AppleScript名:InDesign CC 2015のバグ修正確認
tell application “Adobe InDesign CC 2015″
  tell document 1
    set aSel to selection
    
set aaSel to first item of aSel
    
properties of aaSel
  end tell
end tell

–> {absolute rotation angle:0.0, absolute horizontal scale:100.0, absolute shear angle:0.0, absolute vertical scale:100.0, baseline frame grid options:baseline frame grid options of text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, horizontal layout constraints:{flexible dimension, fixed dimension, flexible dimension}, id:268, grid data:grid data of text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, overflows:false, overridden:false, parent page:page id 232 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, flip:none, vertical layout constraints:{flexible dimension, fixed dimension, flexible dimension}, associated XML element:nothing, all graphics:{}, all page items:{}, applied object style:object style id 152 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, content type:text type, end cap:butt end cap, end join:miter end join, fill tint:-1.0, fill color:swatch id 14 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, absolute flip:none, start text frame:text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, gap color:swatch id 14 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, gap tint:-1.0, geometric bounds:{37.49999999973, 50.999999999936, 68.166666666397, 135.333333333269}, text frame index:1, rotation angle:0.0, stroke tint:-1.0, left line end:none, stroke color:swatch id 14 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, stroke weight:0.0, linked Page Item options:linked Page Item options of text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, end text frame:text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, miter limit:4.0, nonprinting:false, next text frame:nothing, object export options:object export options of text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, overridden master page item:nothing, anchored object settings:anchored object settings of text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, animation settings:animation settings of text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, all articles:{}, local display setting:default, shear angle:0.0, text frame preferences:text frame preferences of text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, timing settings:timing settings of text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, parent:spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, top left corner option:none, top right corner option:none, bottom left corner option:none, bottom right corner option:none, contents:”aaaaaaaaaaaaaaaa”, top left corner radius:5.0, top right corner radius:5.0, bottom left corner radius:5.0, bottom right corner radius:5.0, gradient fill angle:0.0, gradient fill length:0.0, gradient stroke angle:0.0, gradient stroke length:0.0, gradient stroke start:{93.166666666603, 52.833333333064}, gradient fill start:{93.166666666603, 52.833333333064}, horizontal scale:100.0, index:1, item layer:layer id 224 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, locked:false, name:”", object reference:text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, label:”", previous text frame:nothing, visible:true, vertical scale:100.0, right line end:none, stroke alignment:center alignment, parent story:text flow id 250 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, stroke type:stroke style id 23081 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, text wrap preferences:text wrap preferences of text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, visible bounds:{37.49999999973, 50.999999999936, 68.166666666397, 135.333333333269}, content transparency settings:content transparency settings of text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, fill transparency settings:fill transparency settings of text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, transparency settings:transparency settings of text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″, stroke transparency settings:stroke transparency settings of text frame id 268 of spread id 227 of document id 1 of application “Adobe InDesign CC 2015″}

★Click Here to Open This Script 

▲InDesign上でドキュメントを作成し、何らかのオブジェクトを配置・選択した状態で実行

2014/09/10 InDesign CC 2014がアップデート、AppleScriptのバグ直らず

InDesign CC 2014がアップデート(10.0.0.70ビルド)しましたが、オブジェクトのpropertiesを取得できないバグは直っていません。

indd2014_buggy_yet.png

2014/06/20 InDesign CC 2014でpropertiesを取得できないバグ

InDesign CC 2014のAppleScript用語辞書の(InDesign CCからの)差分内容を確認していたところ、このInDesign CC 2014の最初のリリースにはバグがあり、オブジェクトのpropertiesを一切取得できないことが判明しました。

idcc20141.png

ものすごくよく使う、GUI上で選択したテキストフレームのpropertiesを取得するという、まさに「display dialogでメッセージを表示するぐらい基本的な」Scriptを実行するとエラーになります。

idcc20142.png

アプリケーション自体のpropertiesを取得しようとしても……

idcc20144.png

エラーになります。何をやろうとしてもお手上げ状態です。これだけ属性の多いInDesignで属性値をproperties ofで取得できないのは、事実上Scriptingができないのと同じことです。

idcc20145.png

……もしかして、AppleScript用語辞書から「properties」という予約語がなくなったのかも? と思って確認してみると……

idcc20143.png

なくなったわけではありません。この程度で見つかるバグを放置するというのは、出荷前にまったくチェックしてないんでしょうねぇ。

InDesign CC 2014は、早々にSSD上から消去しました(InDesign CCにバージョンダウン)。

2014/06/19 Adobe Creative Cloud 2014がリリース

AdobeのCreative Cloudの各アプリが更新され、身近なところではAdobe Photoshop CC 2014、Adobe Illustrator CC 2014、Adobe InDesign CC 2014がリリースされました。

cc2014.png

主要なアプリケーションのバージョンアップの履歴や動向などを(勝手に想像して)まとめていますが、2014年はMicrosoft Officeもバージョンアップする見込みですし、FileMaker Proも小幅なバージョンアップをしてきそうですし、なかなか過渡期感がたっぷりです。

cc20142.png

今回のCC 2014のPhotoshop、Illustrator、InDesignのバージョンは上記のようになっています。アプリケーション名はそれぞれ「Adobe Photoshop CC 2014」「Adobe Illustrator CC 2014」「Adobe InDesign CC 2014」となっており、前バージョンと別にインストールされます(Gバイト級のアプリケーションが3つも増えて、SSDの空き容量が減ったので、CCの方を消しておきました)。

名前がとても長いのでbundle idで指定したほうが便利と思えるほどです。

cc20143.png

それぞれ、AppleScript用語辞書のバージョン間のdiffをとって確認していますが……

Photoshop:変更点なし。ASからファイルをオープンできないという伝統のバグが残っているかどうか?(確認しました。はい、あいかわらずです)
Illustrator:2箇所追加(preset settings dialog option、artwork)
InDesign:追加箇所たくさん

となっているようです。

InDesign CC 2014のCCからの変更点(追加点)について概要を調べてみたところ、

・Event Listener関連の機能拡張
・グループ化(階層化)されたSwatchの取扱いについての機能追加
・packageコマンドの属性追加
・epubプレビューアプリケーション(外部ヘルパーアプリケーション)の登録、確認、削除など
・data mergeでqrcode関連の機能にアクセスできるようになった(らしい)

といったところです。すべてサンプルコードまでチェックしたわけではないので概要のみ。階層化されたSwatchについてはけっこうしつこくコードを書いて確認しましたが、そもそもInDesign CC 2014に巨大なバグがあるので、作業が停まっていました。