Archive for the 'Application Control' Category

2017/11/18 指定文字の花文字を取得 v1.2

OS内にインストールされているフォントのうち収録グリフ数が8,000以上のフォントから50個をリストアップして、各フォントで花文字を作成してCotEditor上に花文字で新規ドキュメントを作成するAppleScriptです。

flowerchar3_resized.png

フォント50個に限定しているのは、大量にCotEditorでドキュメントを作成するとCotEditorのパフォーマンスが大幅に低下するためです(メモリの都合? 常識的な挙動なので問題ではありません。ドキュメントの開きすぎで)。

なお、OS内にインストールされているフォントの数が極端に少ない環境(条件に合致するフォントが50個ないとか)ではエラーになる可能性があります。

flowerchar2_resized.png

CotEditor上に50個の未保存のドキュメントができてしまうので、一括で破棄するAppleScriptを掲載しておきます。

tell application “CotEditor”
  tell every document
    close without saving
  end tell
end tell

★Click Here to Open This Script 

AppleScript名:指定文字の花文字を取得 v1.2
– Created 2017-11-18 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “AppKit”
–http://piyocast.com/as/archives/4984

property NSArray : a reference to current application’s NSArray
property NSMutableDictionary : a reference to current application’s NSMutableDictionary
property NSBezierPath : a reference to current application’s NSBezierPath
property NSMutableParagraphStyle : a reference to current application’s NSMutableParagraphStyle
property NSPNGFileType : a reference to current application’s NSPNGFileType
property NSFontAttributeName : a reference to current application’s NSFontAttributeName
property NSKernAttributeName : a reference to current application’s NSKernAttributeName
property NSLigatureAttributeName : a reference to current application’s NSLigatureAttributeName
property NSFont : a reference to current application’s NSFont
property NSMutableAttributedString : a reference to current application’s NSMutableAttributedString
property NSUnderlineStyleAttributeName : a reference to current application’s NSUnderlineStyleAttributeName
property NSImage : a reference to current application’s NSImage
property NSParagraphStyleAttributeName : a reference to current application’s NSParagraphStyleAttributeName
property NSString : a reference to current application’s NSString
property NSForegroundColorAttributeName : a reference to current application’s NSForegroundColorAttributeName
property NSBitmapImageRep : a reference to current application’s NSBitmapImageRep
property NSColor : a reference to current application’s NSColor
property NSColorSpace : a reference to current application’s NSColorSpace
property NSFontManager : a reference to current application’s NSFontManager
property NSPredicate : a reference to current application’s NSPredicate

set aString to “ぴ”

set fRes to getEveryFontPSNameANdGlyphsNum() of me
set theArray to current application’s NSArray’s arrayWithArray:fRes
set thePred to current application’s NSPredicate’s predicateWithFormat:“fontNum > 8000″
set bArray to (theArray’s filteredArrayUsingPredicate:thePred) as list
set cArray to items 1 thru 50 of bArray

repeat with i in cArray
  set aFontName to contents of i
  
set fRes to getHanamojiStr(18, fontName of aFontName, aString, 0.7, true) of me
  
makeNewCotEditorDoc(fRes) of me
end repeat

–花文字文字列を計算して返す
on getHanamojiStr(aFontSize, aFontName, aString, aThread, incFontName)
  if length of aString is not equal to 1 then return false
  
  
set aThreadShould to 768 * aThread
  
  
set fillColor to NSColor’s whiteColor –塗り色
  
set bString to aString & ” “
  
set anAssrStr to makeRTFfromParameters(bString, aFontName, aFontSize, -2, (aFontSize * 1.2)) of me
  
set aSize to anAssrStr’s |size|()
  
  
if class of aSize = record then
    set attrStrWidth to width of aSize
    
set attrStrHeight to height of aSize
  else if class of aSize = list then –macOS 10.13.xのバグ回避
    copy aSize to {attrStrWidth, attrStrHeight}
  end if
  
  
set {xPos, yPos} to {0, 0}
  
  
–下地の画像を作成
  
set tmpImg1 to makeImageWithFilledColor(attrStrWidth, attrStrHeight, fillColor) of me
  
  
–下地の画像の上にAttributed Stringを描画
  
set tmpImg2 to drawAttributedStringsOnImage(tmpImg1, anAssrStr, xPos, yPos) of me
  
  
–NSImageからRaw画像を作成
  
set aRawimg to NSBitmapImageRep’s imageRepWithData:(tmpImg2’s TIFFRepresentation())
  
  
–画像から順次指定座標の色データを拾って花文字listに反映
  
set strList to {}
  
repeat with y from 1 to attrStrHeight - 1
    
    
set strListX to {}
    
repeat with x from 0 to attrStrWidth - 1
      set tmpCol to getColorFromRawImage(aRawimg, x, y) of me
      
      
if tmpCol is not equal to false then
        if tmpCol is not equal to {255, 255, 255} then
          copy tmpCol to {tmpR, tmpG, tmpB}
          
if (tmpR + tmpG + tmpB) < aThreadShould then
            set the end of strListX to aString
          else
            set the end of strListX to “ ”
          end if
        else
          set the end of strListX to “ ”
        end if
      end if
      
    end repeat
    
set the end of strList to strListX
  end repeat
  
  
–2D List→Text
  
set aRes to list2dToStringByUsingDelimiters(strList, “ ”, return) of me
  
  
if incFontName = true then
    set fName to getDisplayedNameOfFont(aFontName) of me
    
set aRes to “■” & fName & return & return & aRes
  end if
  
  
return aRes
end getHanamojiStr

–指定Raw画像中の指定座標のピクセルの色をRGBで取り出す
on getColorFromRawImage(aRawimg, x, y)
  set origColor to (aRawimg’s colorAtX:x y:y)
  
set srgbColSpace to NSColorSpace’s deviceRGBColorSpace
  
if srgbColSpace = missing value then return false
  
  
set aColor to (origColor’s colorUsingColorSpace:srgbColSpace)
  
  
set aRed to (aColor’s redComponent()) * 255
  
set aGreen to (aColor’s greenComponent()) * 255
  
set aBlue to (aColor’s blueComponent()) * 255
  
  
return {aRed as integer, aGreen as integer, aBlue as integer}
end getColorFromRawImage

–画像のうえに指定のスタイル付きテキストを描画して画像を返す
on drawAttributedStringsOnImage(anImage, anAssrStr, xPos, yPos)
  anImage’s lockFocus()
  
anAssrStr’s drawAtPoint:(current application’s NSMakePoint(xPos, yPos))
  
anImage’s unlockFocus()
  
return anImage
end drawAttributedStringsOnImage

–書式つきテキストを組み立てる
on makeRTFfromParameters(aStr as string, fontName as string, aFontSize as real, aKerning as real, aLineSpacing as real)
  set aVal1 to NSFont’s fontWithName:fontName |size|:aFontSize
  
set aKey1 to (NSFontAttributeName)
  
  
set aVal2 to NSColor’s blackColor()
  
set aKey2 to (NSForegroundColorAttributeName)
  
  
set aVal3 to aKerning
  
set akey3 to (NSKernAttributeName)
  
  
set aVal4 to 0
  
set akey4 to (NSUnderlineStyleAttributeName)
  
  
set aVal5 to 2 –all ligature ON
  
set akey5 to (NSLigatureAttributeName)
  
  
set aParagraphStyle to NSMutableParagraphStyle’s alloc()’s init()
  
aParagraphStyle’s setMinimumLineHeight:(aLineSpacing)
  
aParagraphStyle’s setMaximumLineHeight:(aLineSpacing)
  
set akey7 to (NSParagraphStyleAttributeName)
  
  
set keyList to {aKey1, aKey2, akey3, akey4, akey5, akey7}
  
set valList to {aVal1, aVal2, aVal3, aVal4, aVal5, aParagraphStyle}
  
set attrsDictionary to NSMutableDictionary’s dictionaryWithObjects:valList forKeys:keyList
  
  
set attrStr to NSMutableAttributedString’s alloc()’s initWithString:aStr attributes:attrsDictionary
  
return attrStr
end makeRTFfromParameters

–指定サイズの画像を作成し、背景を指定色で塗る
on makeImageWithFilledColor(aWidth, aHeight, fillColor)
  set anImage to NSImage’s alloc()’s initWithSize:(current application’s NSMakeSize(aWidth, aHeight))
  
  
anImage’s lockFocus()
  
set theRect to {{x:0, y:0}, {width:aWidth, height:aHeight}}
  
set theNSBezierPath to NSBezierPath’s bezierPath
  
theNSBezierPath’s appendBezierPathWithRect:theRect
  
fillColor’s |set|()
  
theNSBezierPath’s fill()
  
anImage’s unlockFocus()
  
  
return anImage
end makeImageWithFilledColor

–2D Listをアイテム間および行間のデリミタを個別に指定してテキスト変換
on list2dToStringByUsingDelimiters(aList, itemDelimiter, lineDelimiter)
  set outList to {}
  
repeat with i in aList
    set aStr to listToStringUsingTextItemDelimiter(i, itemDelimiter) of me
    
set the end of outList to aStr
  end repeat
  
  
set bStr to listToStringUsingTextItemDelimiter(outList, lineDelimiter) of me
  
return bStr
end list2dToStringByUsingDelimiters

on listToStringUsingTextItemDelimiter(sourceList, textItemDelimiter)
  set CocoaArray to NSArray’s arrayWithArray:sourceList
  
set CocoaString to CocoaArray’s componentsJoinedByString:textItemDelimiter
  
return (CocoaString as string)
end listToStringUsingTextItemDelimiter

on getEveryFontPSNameANdGlyphsNum()
  set aFontList to NSFontManager’s sharedFontManager()’s availableFonts()
  
set thePred to NSPredicate’s predicateWithFormat:“NOT SELF BEGINSWITH ’.’”
  
set aFontList to (aFontList’s filteredArrayUsingPredicate:thePred) as list
  
  
set aList to {}
  
repeat with i in aFontList
    set aName to contents of i
    
set aNum to countNumberOfGlyphsInFont(aName) of me
    
set the end of aList to {fontName:aName, fontNum:aNum}
  end repeat
  
  
return aList
end getEveryFontPSNameANdGlyphsNum

–指定Postscript名称のフォントに定義されている文字数を数えて返す
on countNumberOfGlyphsInFont(fontName)
  set aFont to current application’s NSFont’s fontWithName:fontName |size|:9.0
  
if aFont = missing value then return false
  
set aProp to aFont’s numberOfGlyphs()
  
return aProp
end countNumberOfGlyphsInFont

–フォントのPostScript NameからDisplayed Nameを取得
on getDisplayedNameOfFont(aName)
  set aFont to current application’s NSFont’s fontWithName:aName |size|:9.0
  
set aDispName to (aFont’s displayName()) as string
  
return aDispName
end getDisplayedNameOfFont

on makeNewCotEditorDoc(aCon)
  tell application “CotEditor”
    set newDoc to make new document
    
tell newDoc
      set contents to aCon
    end tell
  end tell
end makeNewCotEditorDoc

★Click Here to Open This Script 

2017/11/17 指定文字の花文字を取得 v1

指定文字の花文字を取得するAppleScriptです。

hanamoji1.png

指定文字のStyledStringを作成して画像に描画し、各座標の色データを取得して判定しています。こんな処理がAppleScriptだけで記述できるようになったことは、素直に驚きです。

ブランクのNSImageにスタイル付きテキストで描画し、Raw画像の各座標からカラーデータを抽出して2D Listに反映させ、最終テキストに変換して0.1秒(MacBook Pro Retina 2012 Core i7 2.66GHz)ぐらいです。色ピックアップ部分がオーバーヘッドになっていると思います。

AppleScript名:指定文字の花文字を取得 v1.1.1
– Created 2017-11-16 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “AppKit”
–http://piyocast.com/as/archives/4843

property NSArray : a reference to current application’s NSArray
property NSMutableDictionary : a reference to current application’s NSMutableDictionary
property NSBezierPath : a reference to current application’s NSBezierPath
property NSMutableParagraphStyle : a reference to current application’s NSMutableParagraphStyle
property NSPNGFileType : a reference to current application’s NSPNGFileType
property NSFontAttributeName : a reference to current application’s NSFontAttributeName
property NSKernAttributeName : a reference to current application’s NSKernAttributeName
property NSLigatureAttributeName : a reference to current application’s NSLigatureAttributeName
property NSFont : a reference to current application’s NSFont
property NSMutableAttributedString : a reference to current application’s NSMutableAttributedString
property NSUnderlineStyleAttributeName : a reference to current application’s NSUnderlineStyleAttributeName
property NSImage : a reference to current application’s NSImage
property NSParagraphStyleAttributeName : a reference to current application’s NSParagraphStyleAttributeName
property NSString : a reference to current application’s NSString
property NSForegroundColorAttributeName : a reference to current application’s NSForegroundColorAttributeName
property NSBitmapImageRep : a reference to current application’s NSBitmapImageRep
property NSColor : a reference to current application’s NSColor
property NSColorSpace : a reference to current application’s NSColorSpace

set aString to “長”
set fRes to getHanamojiStr(24, “HiraginoSans-W0″, aString) of me

–花文字文字列を計算して返す
on getHanamojiStr(aFontSize, aFontName, aString)
  if length of aString is not equal to 1 then return false
  
  
set fillColor to NSColor’s whiteColor –塗り色
  
set bString to aString & ” “
  
set anAssrStr to makeRTFfromParameters(bString, aFontName, aFontSize, -2, (aFontSize * 1.2)) of me
  
set aSize to anAssrStr’s |size|()
  
  
if class of aSize = record then
    set attrStrWidth to width of aSize
    
set attrStrHeight to height of aSize
  else if class of aSize = list then –macOS 10.13.xのバグ回避
    copy aSize to {attrStrWidth, attrStrHeight}
  end if
  
  
set {xPos, yPos} to {0, 0}
  
  
–下地の画像を作成
  
set tmpImg1 to makeImageWithFilledColor(attrStrWidth, attrStrHeight, fillColor) of me
  
  
–下地の画像の上にAttributed Stringを描画
  
set tmpImg2 to drawAttributedStringsOnImage(tmpImg1, anAssrStr, xPos, yPos) of me
  
  
–NSImageからRaw画像を作成
  
set aRawimg to NSBitmapImageRep’s imageRepWithData:(tmpImg2’s TIFFRepresentation())
  
  
–画像から順次指定座標の色データを拾って花文字listに反映
  
set strList to {}
  
repeat with y from 2 to attrStrHeight - 2
    set strListX to {}
    
repeat with x from 0 to attrStrWidth - 1
      set tmpCol to getColorFromRawImage(aRawimg, x, y) of me
      
      
if tmpCol is not equal to false then
        if tmpCol is not equal to {255, 255, 255} then
          copy tmpCol to {tmpR, tmpG, tmpB}
          
if (tmpR + tmpG + tmpB) < 500 then
            set the end of strListX to aString
          else
            set the end of strListX to “ ”
          end if
        else
          set the end of strListX to “ ”
        end if
      end if
      
    end repeat
    
set the end of strList to strListX
  end repeat
  
  
–2D List→Text
  
set aRes to list2dToStringByUsingDelimiters(strList, “ ”, return) of me
  
return aRes
end getHanamojiStr

–指定Raw画像中の指定座標のピクセルの色をRGBで取り出す
on getColorFromRawImage(aRawimg, x, y)
  set origColor to (aRawimg’s colorAtX:x y:y)
  
set srgbColSpace to NSColorSpace’s deviceRGBColorSpace
  
if srgbColSpace = missing value then return false
  
  
set aColor to (origColor’s colorUsingColorSpace:srgbColSpace)
  
  
set aRed to (aColor’s redComponent()) * 255
  
set aGreen to (aColor’s greenComponent()) * 255
  
set aBlue to (aColor’s blueComponent()) * 255
  
  
return {aRed as integer, aGreen as integer, aBlue as integer}
end getColorFromRawImage

–画像のうえに指定のスタイル付きテキストを描画して画像を返す
on drawAttributedStringsOnImage(anImage, anAssrStr, xPos, yPos)
  anImage’s lockFocus()
  
anAssrStr’s drawAtPoint:(current application’s NSMakePoint(xPos, yPos))
  
anImage’s unlockFocus()
  
return anImage
end drawAttributedStringsOnImage

–書式つきテキストを組み立てる
on makeRTFfromParameters(aStr as string, fontName as string, aFontSize as real, aKerning as real, aLineSpacing as real)
  set aVal1 to NSFont’s fontWithName:fontName |size|:aFontSize
  
set aKey1 to (NSFontAttributeName)
  
  
set aVal2 to NSColor’s blackColor()
  
set aKey2 to (NSForegroundColorAttributeName)
  
  
set aVal3 to aKerning
  
set akey3 to (NSKernAttributeName)
  
  
set aVal4 to 0
  
set akey4 to (NSUnderlineStyleAttributeName)
  
  
set aVal5 to 2 –all ligature ON
  
set akey5 to (NSLigatureAttributeName)
  
  
set aParagraphStyle to NSMutableParagraphStyle’s alloc()’s init()
  
aParagraphStyle’s setMinimumLineHeight:(aLineSpacing)
  
aParagraphStyle’s setMaximumLineHeight:(aLineSpacing)
  
set akey7 to (NSParagraphStyleAttributeName)
  
  
set keyList to {aKey1, aKey2, akey3, akey4, akey5, akey7}
  
set valList to {aVal1, aVal2, aVal3, aVal4, aVal5, aParagraphStyle}
  
set attrsDictionary to NSMutableDictionary’s dictionaryWithObjects:valList forKeys:keyList
  
  
set attrStr to NSMutableAttributedString’s alloc()’s initWithString:aStr attributes:attrsDictionary
  
return attrStr
end makeRTFfromParameters

–指定サイズの画像を作成し、背景を指定色で塗る
on makeImageWithFilledColor(aWidth, aHeight, fillColor)
  set anImage to NSImage’s alloc()’s initWithSize:(current application’s NSMakeSize(aWidth, aHeight))
  
  
anImage’s lockFocus()
  
set theRect to {{x:0, y:0}, {width:aWidth, height:aHeight}}
  
set theNSBezierPath to NSBezierPath’s bezierPath
  
theNSBezierPath’s appendBezierPathWithRect:theRect
  
fillColor’s |set|()
  
theNSBezierPath’s fill()
  
anImage’s unlockFocus()
  
  
return anImage
end makeImageWithFilledColor

–2D Listをアイテム間および行間のデリミタを個別に指定してテキスト変換
on list2dToStringByUsingDelimiters(aList, itemDelimiter, lineDelimiter)
  set outList to {}
  
repeat with i in aList
    set aStr to listToStringUsingTextItemDelimiter(i, itemDelimiter) of me
    
set the end of outList to aStr
  end repeat
  
  
set bStr to listToStringUsingTextItemDelimiter(outList, lineDelimiter) of me
  
return bStr
end list2dToStringByUsingDelimiters

on listToStringUsingTextItemDelimiter(sourceList, textItemDelimiter)
  set CocoaArray to NSArray’s arrayWithArray:sourceList
  
set CocoaString to CocoaArray’s componentsJoinedByString:textItemDelimiter
  
return (CocoaString as string)
end listToStringUsingTextItemDelimiter

★Click Here to Open This Script 

2017/11/16 指定UTIでUTIを入れたリストをフィルタリング

指定のUTI(Uniform Type Identifier)で、UTIを入れたリストをフィルタリングするAppleScriptです。

UTIはデータのタイプを一意に識別する文字列で、「ざっくりとしたデータ区分」から「詳細なデータ区分」まで階層的に表現できます。AppleScriptではchoose fileコマンドに「of type」のオプションがあり、ここにUTIを記述する・・・という程度のつながり。JPEG画像のみ、PDFのみファイル一覧ダイアログに表示、といった「詳細なデータ型の抽出」機能が用いられてきました。

ただ、UTI自体はもうちょっと便利な概念なので、AppleScriptでもCocoaの機能やSpotlightの機能を日常的に利用するようになってきた今日においては、より活用すべき仕組みです。

たとえば、 “public.mp3″とUTIを指定したらMP3データしか対象になりませんが、より上位の概念を示す”public.audiovisual-content”と指定すれば、さまざまな形式のオーディオ、ビデオのデータファイルが対象になります。

こうしたUTIの概念ツリーを使って「このカテゴリに含まれるデータ型はどれ?」といった演算が手軽にできるようになっているため、調べてまとめておきました(探すのには苦労しましたけれど)。

本Scriptでは、 峪慊蠅靴UTi」に含まれるものを◆UTIのリスト」から抽出します。爬虫類に含まれるものをトカゲ、ヘビ、カエルのリストに対して抽出すると、トカゲとヘビが返ってくるような感じです。

ちなみに、ファイル拡張子からUTIを求める機能はShane StanleyのAppleScript Libraries「Bridge Plus」が提供しています。

AppleScript名:指定UTIでUTIを入れたリストをフィルタリング
– Created 2017-11-03 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4978

property NSPredicate : a reference to current application’s NSPredicate
property NSArray : a reference to current application’s NSArray

set aList to {“public.jpeg”, “com.compuserve.gif”, “public.svg-image”, “public.plain-text”, “com.apple.iwork.keynote.key”, “com.apple.iwork.pages.pages”, “com.apple.iwork.numbers.numbers”, “com.microsoft.word.doc”, “com.microsoft.excel.xls”, “com.microsoft.powerpoint.ppt”, “com.apple.mail.email”, “com.apple.applescript.script”, “com.apple.applescript.text”, “public.html”, “com.apple.property-list”, “public.zip-archive”, “public.au-audio”, “com.apple.m4a-audio”, “com.apple.m4v-video”}

set aRes to filterUTIList(aList, “public.text”)
–>  {”public.plain-text”, “com.apple.applescript.script”, “com.apple.applescript.text”, “public.html”}

set bRes to filterUTIList(aList, “public.image”)
–>  {”public.jpeg”, “com.compuserve.gif”, “public.svg-image”}

set cRes to filterUTIList(aList, “public.audiovisual-content”)
–>  {”public.au-audio”, “com.apple.m4a-audio”, “com.apple.m4v-video”}

on filterUTIList(aUTIList, aUTIstr)
  set anArray to NSArray’s arrayWithArray:aUTIList
  
set aPred to NSPredicate’s predicateWithFormat_(“SELF UTI-CONFORMS-TO %@”, aUTIstr)
  
set bRes to (anArray’s filteredArrayUsingPredicate:aPred) as list
  
return bRes
end filterUTIList

★Click Here to Open This Script 

2017/11/14 相対パスから絶対パスを計算して求める v2

相対パスから絶対パスを計算して求める( 峇霆爐箸覆訐簑丱僖后廚鮓気豊◆嵳燭┐蕕譴秦蠡丱僖后廚鬮「絶対パス」に変換する)AppleScriptです。

Markdown書類にリンクした画像のリンク切れチェックを行う必要があり、あまり考えずに作ってみました。

Markdown書類中にリンクした画像は相対パスでリンク先を記述しています。リンクについては指定画像を画像専用フォルダにコピーして相対パスを求め、リンクタグをクリップボードに入れるAppleScriptを書いて(リンクを)記述しています。

このとき、Markdown書類群のフォルダ階層構造を維持していればリンク切れは起こりませんが、一応チェックしておきたいのが人情。

そこで、チェック用のScriptを書いておくことに。だいたいはありあわせのサブルーチンを組み合わせることでSpotlight経由のMarkdown書類の検索や正規表現によるMarkdown中の画像リンク箇所の抽出など、たいした手間もかけずに記述できます。

ただ、Markdown書類のパス(絶対パス)をもとに、書類中に書かれている相対パスから実際にリンク画像が存在している絶対パスを求めるサブルーチンが存在していませんでした(OS側に用意されていてもよさそうなものですが)。

そこで、本ルーチンを書いて使ってみました。とくに問題もなく使えています。

AppleScript名:相対パスから絶対パスを計算して求める v2
– Created 2017-11-11 by Takaaki Naganoya
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4976

set absolutePath to “/Users/me/Documents/–Book 1「AppleScript最新リファレンス バージョン2」/5000 iOSデバイスとの連携/5100 iOSデバイスからMacに画面を出力するAirServer.md”
set relativePath to “../9999_images/img-1.jpeg”

set relativePath to calcAbsolutePath(absolutePath, relativePath) of me
–>  ”/Users/me/Documents/–Book 1「AppleScript最新リファレンス バージョン2」/9999_images/img-1.jpeg”

on calcAbsolutePath(aAbsolutePOSIXfile, bRelativePOSIXfile)
  set aStr to current application’s NSString’s stringWithString:aAbsolutePOSIXfile
  
set bStr to current application’s NSString’s stringWithString:bRelativePOSIXfile
  
  
set aList to aStr’s pathComponents() as list
  
set bList to bStr’s pathComponents() as list
  
  
set aLen to length of aList
  
  
set aCount to 1
  
repeat with i in bList
    set j to contents of i
    
if j is not equal to “..” then
      exit repeat
    end if
    
set aCount to aCount + 1
  end repeat
  
  
set tmp1List to items 1 thru (aLen - aCount) of aList
  
set tmp2List to items aCount thru -1 of bList
  
  
set allRes to current application’s NSString’s pathWithComponents:(tmp1List & tmp2List)
  
  
return allRes as text
end calcAbsolutePath

★Click Here to Open This Script 

2017/11/13 macOS 10.13ではファイル操作はFinderではなくSystem Eventsがおすすめ?

macOS 10.13のFinderをAppleScriptからコントロールすると、「指定のaliasをリネームした後に、aliasに対して存在確認を行うとfalseが返ってくる」という問題が見つかりました。

1フォルダ中に大量のファイルが存在していた場合の処理速度の問題もあるため、macOS 10.13ではもはや「Finderでファイル処理を行うと危ない」といえるレベル。

こっそり追加されつつも誰も本気で使っていなかった「System Eventsのファイル処理関連機能」の利用が検討すべき段階に来たように感じられます。

–http://piyocast.com/as/archives/4975
set aa to choose file

tell application “System Events”
  set a1 to (exists of aa) as string
  
set a2 to (class of aa) as string
  
set a3 to (name of aa) as string
  
  
display dialog a1 & “-” & a2 & “-” & a3
  
  
set name of aa to “changed_YYYYY”
  
  
set b1 to (exists of aa) as string
  
display dialog b1
end tell

★Click Here to Open This Script 

テストに使用したのはこのような(↑)簡単なScriptです。短いわりに破壊力は抜群で、macOS 10.13上で動かすと、リネーム後はファイルの存在(existence)がfalseで返ってきます。

macOS 10.13のFinderに問題があるのか、APFSがそもそもそのような仕様なのか、APFSとFinderの機能の整合性がとれていないのかは不明ですが、知らずに使うとハマるというか、怖い仕様です。

自分は最初からmacOS 10.13のFinderを信用せずにCocoaの機能でファイル処理を行うようにしていたので、この問題には直面していなかったのですが、誰にでもCocoa系の処理をおすすめするものではありません(手軽ではないので)。

そこで、System Eventsに実装されているファイル処理系の機能を真剣に検討してみました。

結論から言うと、Finder経由でファイル処理する場合とそれほど変わらない記述でファイル処理を記述できるため、手軽に処理できそうです。ただし、「ファイルのコピー(duplicate)」はどう書いても実行できなかったので、これ以外は大丈夫といったところでしょうか。

フォルダ中のファイル一覧を取得

定番中の定番処理ですが、ちょっとだけ書き方がFinderと違います。Finderだと結果をaliasのlistで取得するために「as alias list」といった書き方(これがない時代はけっこう大変でした)をしていましたが、これはSystem Eventsでは使えません。

また、every fileと書くとfileのlistが返ってきました(あとでaliasにcastする必要がある)。しかし、「every alias」という見たこともないような書き方をすることで、aliasのlistを取得できることが判明。びっくりです。

–http://piyocast.com/as/archives/4975
set a to choose folder

tell application “System Events”
  set aList to (every alias of a whose visible is true)
end tell

★Click Here to Open This Script 

フォルダ中のファイル一覧をフィルタ参照で取得

取得するオブジェクトを条件で抽出する「フィルタ参照」を用いて、条件に合うファイル(alias)のみを取得します。AppleScriptの定番中の定番処理です。

正直、Finderに対するフィルタ参照で、「すべての属性がフィルタ参照の対象として使えるかは(やってみないと)わからない」という状態だったので、System Eventsに対しても、ひととおり試してみる必要を感じます。

–http://piyocast.com/as/archives/4975
set a to choose folder

tell application “System Events”
  set aList to (every alias of a whose name extension is “pdf”)
end tell

★Click Here to Open This Script 

ファイルの存在確認

aliasに対してでもdisk itemに対してでも「exists」は取得できるようです。

–http://piyocast.com/as/archives/4975
set aFol to choose folder

tell application “System Events”
  tell folder (aFol as string)
    set eRes to exists of disk item “atext.txt”
    
–> true
  end tell
end tell

★Click Here to Open This Script 

ファイルの移動

指定ファイルを指定フォルダに移動させるコマンドです。ただし、Finderのmoveコマンドと異なり、移動先に同名のファイルが存在していても上書きするなどのオブションが用意されていない。
–http://piyocast.com/as/archives/4975
set aFile to choose file with prompt “Select a file to move”
set tFol to choose folder with prompt “Select target folder”

tell application “System Events”
  move (aFile as string) to (tFol as string)
end tell

★Click Here to Open This Script 

ファイル/フォルダ削除

Finderのdeleteコマンドは削除対象のファイル/フォルダをゴミ箱に移動させる命令だったが、System Eventsではいきなり削除する。
–http://piyocast.com/as/archives/4975
set a to choose file

tell application “System Events”
  set aa to (disk item (a as string))
  
delete aa
end tell

★Click Here to Open This Script 

リネーム

aliasに対してリネームを行う。System Eventsではファイルをdisk itemでアクセスする必要のあるコマンドやaliasでも処理できるコマンドが混在しているなど、いまひとつこなれていない印象がある。

–http://piyocast.com/as/archives/4975
set a to choose file

tell application “System Events”
  set aExt to name extension of a
  
set name of a to (“CCCC” & “.” & aExt)
  
return a
  
–> alias “Cherry:Users:me:Desktop:CCCC.png”
end tell

★Click Here to Open This Script 

フォルダ作成

Finderとあまり差がない。ただし、作成対象フォルダの指定はaliasを受け付けないのでas stringでパスを文字化してからfolderで指定する必要がある点に注意。

–http://piyocast.com/as/archives/4975
set a to choose folder

tell application “System Events”
  make new folder at folder (a as string) with properties {name:“new folder”}
end tell

★Click Here to Open This Script 

ひととおり、System EventsのAppleScript用語辞書を見て試してみただけのものであるため、今後もっといい書き方が発見される可能性もあります。あしからず。

2017/11/11 Metadata Lib 2.0

Shane StanleyによるSpotlight検索用のAppleScript Libraies「Metadata Lib」の新バージョン2.0が公開されました。

Metadata Libは登場頻度も高く、実際に便利であるため、万人におすすめできるライブラリです。「おすすめできないライブラリってあるのかよ?」という話もありますが、癖が強くて読みにくくて特定の言語環境(英語とか)でしか検証が行われていないライブラリは避けています。

Metadata Lib v1.0はmacOS 10.9以降を対象としていましたが、v2.0はmacOS 10.10以降を対象としています。正直、10.10はバグが多くて避けたいので、10.10以降と考えてもよいでしょう(macOS 10.10嫌い。でも、バグだらけで直る見通しすら立っていないmacOS 10.13が一番嫌い)。

Metadata Lib 1.0から2.0への変更点は、AppleScript用語辞書(sdef)が添付され、英語っぽい記法で呼び出せるようになった点です。バージョン1.0の「いわゆるサブルーチンの塊を呼び出している感」から、英文っぽいこなれた表記ができるようにテイストが変わりました。

いっぽうで、Metadata Lib v1.0を対象に書いたAppleScriptも、v2.0でそのまま使えます。

mdfind2.png

また、用例(Sample Searches.scpt)が添付されるようになったのも大きな違いです。

mdfind_resized.png

本ライブラリは実際に内容(ソース)を読むこともできるようになっており、用語辞書の用語を使って呼び出した場合とバージョン1.0的な普通のハンドラの両方が用意されていることが読み取れます。

AppleScript LibrariesはAppleScriptによってAppleScriptの予約語を拡張して機能を追加できるという、OSAXをAppleScript自身で書けるような存在で、ちょっとやりすぎな特徴として「自分自身のAppleScript用語辞書の用語を用いてライブラリを記述できる」というものがあります。

ただ、ライブラリ自身の用語辞書を用いてライブラリの内容を書くとメンテナンスがやりにくくなるので避けるべきです。

今回のMetadata Libのように「用語を使ったハンドラ」と「通常のサブルーチン的なハンドラ」の両方を用意して、基本的には通常のサブルーチンを呼び出すような記法で書いてあり、よいお手本となる内容です。

use AppleScript version “2.4″ – 10.10 or later
use framework “Foundation”
use mdLib : script “Metadata Lib” version “2.0.0″

–添付のAppleScript用語辞書を利用した英文っぽいハンドラ
on perform search predicate string predString in folders filesAliasesURLsOrPosixPaths : missing value just in fileAliasURLOrPosixPath : missing value in scopes listOfScopes : missing value search arguments argList : {} attributes to include attList : missing value converting dates datesFlag : false names only namesFlag : false
  –  
end perform search

–普通のサブルーチンっぽい(Objective-Cっぽい記法の)ハンドラ
on searchFolders:filesAliasesURLsOrPosixPaths searchString:predString searchArgs:argList
  
end searchFolders:searchString:searchArgs:

★Click Here to Open This Script 

ささっとMetadata Libの中を読んでみて驚いたのが、「using terms from scripting additions」という記述。これは見たことがありません(using termis from application “Finder” といったようにアプリケーション名を指定するものはありました)。

using terms from scripting additions
  tell (current date) to set {theASDate, year, day, its month, day, its hours, its minutes, its seconds} to {it, theYear, 1, theMonth, theDay, theHour, theMinute, theSeconds}
end using terms from

★Click Here to Open This Script 

2017/11/10 選択した画像を画像フォルダにコピーして、Markdown書式で画像パスタグをクリップボードに転送 v2

指定の画像を、書いている書籍の画像フォルダにコピーして、作成中のMarkdown書類からの相対パスを求めてMarkdown形式の画像リンクタグをクリップボードに転送するAppleScriptです。

md1.png

書籍の執筆作業は、「–」ではじまる名前の書籍ルートフォルダ以下に章ごとのフォルダを作成し、その中にMarkdown書類やPages書類を入れています。

画像については各原稿と同じフォルダ内ではなく、画像専用フォルダに配置(一般的なWebサイトの管理と同じ)。各Markdown書類には画像専用フォルダへの相対パスで画像リンクタグを入れています。

![md1.png](../9999_images/md1.png)

md2.png

本AppleScriptは、この書籍中の書籍中の画像専用フォルダに指定画像をコピーし、クリップボードに対して画像の相対パスを入れます。

書籍ルートフォルダ以下の画像専用フォルダを検索するためにSpotlight検索用の「MetaData Lib」を使用しています。

ファイルコピー時には画像専用フォルダ内のすべてのファイル名をチェックし、ファイル名の重複が発生していた場合にはファイル名末尾に連番をつけ、重複を回避しています。

前提としているMarkdownエディタは「MacDown」で、最前面の書類のパスを取得する部分でMacDownの機能を用いています。ただ、その程度の機能しか利用していないので、他のMarkdownエディタ用に転用するのも難しくないと思います(MarkdownエディタでAppleScriptに対応しているものが少数派なんですが)。

以前はMarkdown書類中にリンクする画像はDropboxにREST API経由でアップロードしてURLを用いていました。アップロード自体はそれなりですが、Markdown書類のオープン時や編集中、PDF出力時などは遅くて辟易しました。画像がローカルにあったほうが速度的なメリットが大きいと判断し、変更しました。

AppleScript名:選択した画像を画像フォルダにコピーして、Markdown書式で画像パスタグをクリップボードに転送 v2
– Created 2017-11-09 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use mdLib : script “Metadata Lib” version “1.0.0″
–http://piyocast.com/as/archives/4968

property NSOrderedSame : a reference to current application’s NSOrderedSame
property NSFileManager : a reference to current application’s NSFileManager
property NSString : a reference to current application’s NSString

set imgPath to choose file of type {“public.image”}
set imgPOSIX to NSString’s stringWithString:(POSIX path of imgPath)
set imgFileName to (imgPOSIX’s lastPathComponent()) as string

–Get Front Document Path
tell application “MacDown”
  set dList to every document
  
if length of dList = 0 then
    display dialog “No Documents…” buttons {“OK”} default button 1
    
return
  end if
  
  
tell front document
    set aProp to properties
  end tell
  
  
set aPOSIXpath to POSIX path of ((file of aProp) as alias)
end tell

–Calculate Parent Book Folder Path
set aStr to NSString’s stringWithString:aPOSIXpath
set bStr to aStr’s stringByDeletingLastPathComponent()
set aList to bStr’s pathComponents() as list
–> {”/”, “Users”, “me”, “Documents”, “ぴよまるソフトウェア”, “書籍執筆関連、技術書典など”, “書籍原稿”, “–Book 1「AppleScript最新リファレンス」”, “5000 iOSデバイスとの連携”}

set bList to reverse of aList
–> {”5000 iOSデバイスとの連携”, “–Book 1「AppleScript最新リファレンス」”, “書籍原稿”, “書籍執筆関連、技術書典など”, “ぴよまるソフトウェア”, “Documents”, “me”, “Users”, “/”}

–Find Book Folder Root which name begins with “–”
set aCount to 1
set hitF to false
repeat with i in bList
  set j to contents of i
  
if j begins with “–” then –”–”ではじまる親フォルダを書籍のルートフォルダとみなす
    set hitF to true
    
exit repeat
  end if
  
set aCount to aCount + 1
end repeat

if hitF = false then
  display dialog “Folder structure error” buttons {“OK”} default button 1 with icon 1
  
return
end if

set cList to items 1 thru ((length of aList) - aCount + 1) of aList
set cStr to (NSString’s pathWithComponents:cList) as string

–Find Image folder in Book root folder
set theFolders to mdLib’s searchFolders:{cStr} searchString:“kMDItemContentType == [c]%@ && kMDItemFSName contains [c]%@” searchArgs:{“public.folder”, “_images”}

set theTargFol to contents of first item of theFolders
–> “/Users/me/Documents/ぴよまるソフトウェア/書籍執筆関連、技術書典など/書籍原稿/–Book 1「AppleScript最新リファレンス」/9999_images”

set newPath to ((NSString’s stringWithString:theTargFol)’s stringByAppendingPathComponent:imgFileName) as string
set newPath2 to chkExistPOSIXpathAndIncrementChildNumber(newPath) of me

–ファイルコピー
set aRes to my copyFileAt:imgPOSIX toFilePath:newPath2

–Markdown書類とコピーした画像ファイルの相対パスを計算する
set relativePath to calcRelativePath(aPOSIXpath, newPath2) of me

set allText to “![” & imgFileName & “](” & relativePath & “)”
–> “![img-2.php.jpeg](../9999_images/img-2.php.jpeg)”

set the clipboard to allText

–POSIX path stringを与えると、ファイル名の重複を検出して、ファイル名の名称回避を行って、ファイル名のみを返す
on chkExistPOSIXpathAndIncrementChildNumber(a)
  set aStr to NSString’s stringWithString:a
  
set bStr to aStr’s lastPathComponent()
  
set cStr to (bStr’s pathExtension()) as string
  
set dStr to (bStr’s stringByDeletingPathExtension()) as string
  
set eStr to (aStr’s stringByDeletingLastPathComponent()) as string
  
  
set aManager to NSFileManager’s defaultManager()
  
set aRes to (aManager’s fileExistsAtPath:aStr) as boolean
  
if aRes = false then return a
  
  
set hitF to false
  
repeat with i from 1 to 65535
    set tmpPath to (eStr & “/” & dStr & “_” & (i as string) & “.” & cStr)
    
set tmpStr to (NSString’s stringWithString:tmpPath)
    
set aRes to (aManager’s fileExistsAtPath:tmpStr) as boolean
    
set bRes to ((tmpStr’s caseInsensitiveCompare:eStr) is not equal to (NSOrderedSame)) as boolean
    
    
if {aRes, bRes} = {false, true} then
      set hitF to true
      
exit repeat
    end if
  end repeat
  
  
if hitF = false then return false
  
  
–ファイルパス(フルパス)からファイル名部分を取得
  
set returnFileName to tmpStr’s lastPathComponent()
  
return (returnFileName as string)
  
end chkExistPOSIXpathAndIncrementChildNumber

–ファイルコピー
on copyFileAt:origPOSIXPath toFilePath:newPOSIXPath
  set POSIXPath1 to NSString’s stringWithString:origPOSIXPath
  
set POSIXPath2 to NSString’s stringWithString:newPOSIXPath
  
set fileManager to NSFileManager’s defaultManager()
  
set theResult to fileManager’s copyItemAtPath:POSIXPath1 toPath:POSIXPath2 |error|:(missing value)
  
return (theResult as integer = 1)
end copyFileAt:toFilePath:

–2つのPOSIX pathの相対パスを計算する
on calcRelativePath(aPOSIXfile, bPOSIXfile)
  set aStr to NSString’s stringWithString:aPOSIXfile
  
set bStr to NSString’s stringWithString:bPOSIXfile
  
  
set aList to aStr’s pathComponents() as list
  
set bList to bStr’s pathComponents() as list
  
  
set aLen to length of aList
  
set bLen to length of bList
  
  
if aLen bLen then
    copy aLen to aMax
  else
    copy bLen to aMax
  end if
  
  
repeat with i from 1 to aMax
    set aTmp to contents of item i of aList
    
set bTmp to contents of item i of bList
    
    
if aTmp is not equal to bTmp then
      exit repeat
    end if
  end repeat
  
  
set bbList to items i thru -1 of bList
  
set aaItem to (length of aList) - i
  
  
set tmpStr to {}
  
repeat with ii from 1 to aaItem
    set the end of tmpStr to “..”
  end repeat
  
  
set allRes to NSString’s pathWithComponents:(tmpStr & bbList)
  
return allRes as text
end calcRelativePath

★Click Here to Open This Script 

2017/11/09 指定フォルダ内のOSAXのSDEFファイルを指定フォルダに書き出す

指定フォルダ内のOSAX(Scripting Additions)のAppleScript用語辞書(sdef)のファイルを指定フォルダに書き出すAppleScriptです。

大昔のClassic Mac OS時代の(68kのバイナリが入っている)OSAXのAppleScript用語辞書の内容を最新のmacOS環境でファイルとして書き出せる、というなかなかに「お前以外に誰が使うんだ?」という内容ですが、割とトンでもない破壊力のあるものです。

sdef1.png

Classic Mac OS時代のScripting Additionsを資料としてとってありますが、これらのAppleScript用語辞書はaeteリソース内に書かれていました(この画面↓はClassic Mac OSエミュレータの「SheepShaver」で起動した漢字Talk 8.6上のスクリプトエディタ。ResEditを探したものの仮想マシン内にみつかりませんでした)。

classic_osax_resized.png

これらの用語辞書は現行のmacOSのスクリプトエディタでもオープンして内容を確認できます。

sdef4_resized.png

さらに、用語辞書のウィンドウ上部のプロキシーアイコンをCommand-クリックすると、テンポラリディレクトリ内に用語辞書(sdef)が書き出されていることを確認できます。

sdef5_resized.png

ということは、この用語辞書(sdef)のパスを求めると、コピーして保管しておくことが可能だということがわかります。

実行してOSAXの入っているフォルダ、書き出しフォルダを指定すると、

sdef2.png

sdefを書き出してくれます。

sdef3_resized.png

ResEdit(死語)でオープンしなくても、sdefなら単なるテキストなので、内容を参照することもかんたんです。

1回実行したら2度目はなさそうな内容なので、ほとんど書き捨てな内容です。途中、スクリプト用語辞書を参照できないOSAXもあったりで、オープン時にエラーダイアログが表示されたりしますが、そこは自分でOKボタンをクリックして回避する必要があります。

AppleScript名:指定フォルダ内のOSAXのSDEFファイルを指定フォルダに書き出す
– Created 2017-11-09 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4961

set a to choose folder with prompt “Original Classic OSAX folder”
set aExportFol to choose folder with prompt “SDEF export folder”

tell application “Finder”
  set aList to (every file of a) as alias list
end tell

repeat with i in aList
  set aRes to saveOSAXsdef(contents of i, aExportFol) of me
  
if aRes = false then
    log i
  end if
end repeat

on saveOSAXsdef(a, aExportFol)
  set aInfo to info for a
  
set aKind to kind of aInfo
  
  
if aKind is in {“スクリプティング機能追加”, “Scripting addition”} then –Scripting Addirions (*Localized*)
    try
      tell application “Script Editor”
        try
          set aDoc to open a
        on error
          return
        end try
        
        
tell front document
          set aPath to path
        end tell
      end tell
    on error
      return false
    end try
    
    
set aExpPOS to (POSIX path of aExportFol)
    
    
–ファイルをコピー
    
set aRes to my copyFileAt:aPath toFolder:aExpPOS
  else
    return false
  end if
  
  
tell application “Script Editor”
    close every document without saving
  end tell
  
return true
end saveOSAXsdef

on copyFileAt:POSIXPath toFolder:folderPath
  set POSIXPath to current application’s NSString’s stringWithString:POSIXPath
  
set folderPOSIXPath to current application’s NSString’s stringWithString:folderPath
  
– build path for new file
  
set theName to POSIXPath’s lastPathComponent()
  
set newPath to folderPOSIXPath’s stringByAppendingPathComponent:theName
  
set fileManager to current application’s NSFileManager’s defaultManager()
  
set theResult to fileManager’s copyItemAtPath:POSIXPath toPath:newPath |error|:(missing value)
  
return (theResult as integer = 1)
end copyFileAt:toFolder:

★Click Here to Open This Script 

2017/11/08 システム環境設定で指定のpane中の指定のanchorを表示する v2

システム環境設定で指定のpane中の指定のanchorを表示するAppleScriptです。

comapplesystempreferences_resized.png

システム環境設定はScriptableなアプリケーションですが、どのpane、どのpane中のanchorを表示するぐらいの機能しかついていません。項目によってはSystem Events経由で設定内容を取得・再設定することもできます。

syspref1_resized.png
▲「一般」「デスクトップとスクリーンセーバ」などの各項目がpane

syspref2_resized.png
▲「ディスプレイ」「配置」などの各項目がanchor。ただし、かならずしも各タブ項目がanchorとして定義されているわけではない

Mac OS X 10.2:ただ辞書がついただけ
Mac OS X 10.4:paneとanchorが取得できるようになった。revealコマンドが追加された
Mac OS X 10.5:print系の機能が強化された

と、Mac OS X 10.4でほぼ機能が確立して、以後あまりAppleScriptから利用できる機能について変更されていません。最新のSystem Preferences.app v14ではauthorizeというユーザー認証(ユーザー名とパスワードの入力)を求める機能が追加されたぐらいです。

syspref_auth.png

authorizeでユーザー認証が成功したかどうか、という結果は返ってきません。ただ、認証のダイアログを表示させるだけのコマンドです。

ただし、システム環境設定のPaneにどのようなものがあり、その中に含まれるanchorにどのようなものがあるかどうかは、OSバージョンごとに異なります。

AppleScript名:システム環境設定で指定のpane中の指定のanchorを表示する v2
– Created 2017-10-10 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4956

set aList to getEveryPaneID() of me
–> “com.apple.preferences.appstore”, “com.apple.preferences.Bluetooth”, “com.nvidia.CUDAPref”….}

set pList to getEveryAnchorName(“com.apple.preference.displays”) of me
–> {”displaysArrangementTab”, “displaysNightShiftTab”, “displaysColorTab”, “displaysGeometryTab”, “displaysDisplayTab”}

set aRes to dispSystemPreferences(“com.apple.preference.displays”, “displaysNightShiftTab”) of me
–> true

on dispSystemPreferences(paneID, anchorID)
  tell application “System Preferences”
    activate
    
set pList to id of every pane
    
if paneID is not in pList then return false
    
    
set current pane to pane paneID
    
tell current pane
      set nList to name of every anchor
      
if anchorID is not in nList then return false
      
reveal anchor anchorID
    end tell
  end tell
  
  
return true
end dispSystemPreferences

on getEveryPaneID()
  tell application “System Preferences”
    return id of every pane
  end tell
end getEveryPaneID

on getEveryAnchorName(paneID)
  tell application “System Preferences”
    set pList to id of every pane
    
if paneID is not in pList then return false
    
set current pane to pane paneID
    
tell current pane
      return name of every anchor
    end tell
  end tell
end getEveryAnchorName

★Click Here to Open This Script 

AppleScript名:システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」でユーザー認証
– Created 2017-10-10 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4956

set aRes to dispSystemPreferences(“com.apple.preference.security”, “Privacy_Assistive”) of me

tell application “System Preferences”
  authorize current pane
end tell

on dispSystemPreferences(paneID, anchorID)
  tell application “System Preferences”
    activate
    
set pList to id of every pane
    
if paneID is not in pList then return false
    
    
set current pane to pane paneID
    
tell current pane
      set nList to name of every anchor
      
if anchorID is not in nList then return false
      
reveal anchor anchorID
    end tell
  end tell
  
  
return true
end dispSystemPreferences

★Click Here to Open This Script 

2017/11/06 IBM Watson Language Translator(POST)v1

IBMのWeb Servece「IBM Bluemix」の翻訳機能「Language Translator」を呼び出すAppleScriptです。

IBM Bluemixが無料のお試しコース「ライト・プラン」を11月から開始したので、ためしに使ってみました。

Bluemixの内容はAmazon AWSのようにユーザーが作ったカスタムREST APIをクラウド側にホスティングするもので、所定の固有機能を提供するのは「Watson」と呼ばれるサービス群です。

「Language Translator」はWatsonのうちの1つのサービスで、無償のライト・プランでは1か月あたり100万文字まで翻訳処理可能。有料プランにアップグレードすると、カスタム・モデル(機械学習モデル?)を作成・利用できるとのこと。日本語のテキストと英語のテキストのペアを学習させると、その内容を学習して賢く翻訳してくれることを期待したいところです(そううまくいかないのがこの世の常なわけですが)。

無償のLanguage TranslatorサービスはIBMが用意したデフォルトのモデルを用いて翻訳を行うことになります。撒き餌としては、おいしすぎると無償サービスでユーザーが満足するし、まずすぎると寄り付かなくなるというさじ加減が難しいところ。

Watsonの各種サービスは、各種処理用のカスタムモデルのメンテナンスをユーザーが任意に行えるというのが売りのようで(結局はメンテナンスしきれなくてお任せプランに移行?)、デフォルトのモデルだとそれほど使えないことは想像に難くありません。実際、無償版のLanguage Translatorサービスは、中学生が辞書を片手に翻訳したような文章(個人の見解です)を出力してきました。

BluemixだWatsonだといっても、一般的なRESTful APIであることにはかわりありません。エンドポイントやパラメータを指定してただ呼び出すだけです。ただ、IBMがWeb上に用意しているドキュメントが分かりにくく、必要な情報になかなかたどりつけませんでした(Microsoftのドキュメントの方が数億倍分かりやすかった)。

REST APIとして見て特徴的なのは、Basic認証を併用していること(よそで見かけたことがない)。いつもどおりのREST API呼び出しAppleScriptにBasic認証を追加してみたものの、なかなか認証を通らなかったので、仕方なくcurlコマンドで呼び出してみました(curlコマンドはなるべくやりたくない)。

IBM Bluemixの「ライト・プラン」にサインアップして、Watsonの「Language Translator」サービスをイネーブルにすると発行されるユーザー名とパスワードをretPassword()ハンドラ内に「user:password」の形式で記入しておいて実行すると呼び出せます。

デフォルトのモデルだと日本語から英語の翻訳もへっぽこです。Bluemixの利点を感じるためには、カスタム・モデルが体験できないとダメだと思うのですが、、、、。あと、Web上のドキュメントやサービスにたどり着くための導線がダメすぎです(ーー;; IBM BluemixのWebをすみずみまで目を通したところ、無理矢理に英語を機械翻訳で日本語にしているためか、キーワードの統一(メニュー名とかユーザー名とか)がぜんぜんできておらず、この内容だと英語で使ったほうがまだ楽です。現状だと、豪華で巨大で開けられない箱に入れられた、衣ばかりで身の細いエビフライみたいな、、、、

AppleScript名:Watson Language Translator(POST)v1
– Created 2017-11-05 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4954

set aTargStr to “そして目の前にいるのは神様。少なくとも本人はそう言ってる。神様が言うには、間違って僕を死なせてしまったらしいが、死んだという実感がいまいち自分には無い。”
set aUserInfo to retPassword() of me
set aRes to translateByWatson(aTargStr, “ja”, “en”, aUserInfo) of me
–>  {”And in front of the eyes of Jesus.At least he to say so.God says, seem to have let me die, but dead wrong sense lacking I do not.”}

on translateByWatson(aTargStr, aOrigLang, aTargLang, aUserInfo)
  
  
set aURL to “https://gateway.watsonplatform.net/language-translator/api/v2/translate”
  
  
set shellStr to “curl -X POST –user \”" & aUserInfo & “\” \\
–header \”Content-Type: application/json\” \\
–header \”Accept: application/json\” \\
–data ’{\”text\”:\”"
& aTargStr & “\”,\”source\”:\”" & aOrigLang & “\”,\”target\”:\”" & aTargLang & “\”}’ \\
https://gateway.watsonplatform.net/language-translator/api/v2/translate”

  
  
set aRes to do shell script shellStr
  
  
set jsonString to current application’s NSString’s stringWithString:aRes
  
set jsonData to jsonString’s dataUsingEncoding:(current application’s NSUTF8StringEncoding)
  
set aJsonDict to current application’s NSJSONSerialization’s JSONObjectWithData:jsonData options:0 |error|:(missing value)
  
  
set tList to (aJsonDict’s translations’s translation) as list
  
return tList
end translateByWatson

on retPassword()
  return “xXXXXxXX-XXxX-XXXx-xXXX-xxxXXXXXxxxX:XXXXxXxXxxxX” –user:pass
end retPassword

★Click Here to Open This Script 

2017/11/05 オープン中のScriptをScptdで保存し直してオープン

Script Editorでオープン中のAppleScript書類をScript Bundle形式で保存して、オープンし直すAppleScriptです。

Script Menuから実行することを目的としたAppleScriptです。

bundlescript_resized.png

 (1)Script Editorの最前面のAppleScript書類の種類を判定
 (2)書類がscptであれば、同じフォルダにscptdとして保存
 (3)元のAppleScript書類をクローズ
 (4)Script Bundle書類をオープン

という動作を行います。(2)のさいにファイル名が衝突しないように、ファイル名末尾に連番をつけて回避しています。

作成中のScriptのバンドル内にファイルを入れたいがscpt形式で作成してしまっていた場合に、その場でバンドル形式に変更するためのツールです。

AppleScript名:オープン中のScriptをScptdで保存し直してオープン
– Created 2017-11-05 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4952

property NSFileManager : a reference to current application’s NSFileManager
property NSString : a reference to current application’s NSString
property NSOrderedSame : a reference to current application’s NSOrderedSame

tell application “Script Editor”
  set dCount to count every document
end tell

if dCount = 0 then
  display dialog “No Document”
  
return
end if

tell application “Script Editor”
  tell front document
    set docPath to path
  end tell
end tell

set newDocPath to determineFileNameWithExternalNumber(docPath, “scpt”, “scptd”) of me
if newDocPath = false then
  display dialog “Script is already script bundle”
  
return
end if

tell application “Script Editor”
  tell front document
    save in (POSIX file newDocPath) as “script bundle”
    
close
  end tell
  
  
open (POSIX file newDocPath) as alias
end tell

–オリジナルのファイルから拡張子を付け替えつつファイル名衝突回避(連番追加)
on determineFileNameWithExternalNumber(docPathPOSIX, oldExt, newExt)
  set curExt to getFileNameExtensionFromFullPath(docPathPOSIX) of me
  
set aManager to NSFileManager’s defaultManager()
  
  
if curExt = oldExt then
    set pathString to NSString’s stringWithString:docPathPOSIX
    
set newPath1 to pathString’s stringByDeletingPathExtension()
    
set newPath2 to newPath1’s stringByAppendingPathExtension:newExt
    
    
set aRes to (aManager’s fileExistsAtPath:newPath2) as boolean
    
set eStr to (pathString’s stringByDeletingLastPathComponent()) as string
    
set bRes to ((newPath2’s caseInsensitiveCompare:eStr) is not equal to (NSOrderedSame)) as boolean
    
    
if {aRes, bRes} = {false, true} then return (newPath2 as string)
    
    
set hitF to false
    
repeat with i from 1 to 65535
      set addingStr to “_” & (i as string) & “.” & newExt
      
set tmpPath to (newPath1’s stringByAppendingString:addingStr)
      
      
set aRes to (aManager’s fileExistsAtPath:tmpPath) as boolean
      
set bRes to ((tmpPath’s caseInsensitiveCompare:eStr) is not equal to (NSOrderedSame)) as boolean
      
if {aRes, bRes} = {false, true} then
        set hitF to true
        
exit repeat
      end if
    end repeat
    
    
if hitF = false then error “File name error”
    
return tmpPath as string
    
  else if curExt = newExt then
    return false
  end if
end determineFileNameWithExternalNumber

–ファイルパスから拡張子を取得する
on getFileNameExtensionFromFullPath(aPOSIXpath)
  set pathString to NSString’s stringWithString:aPOSIXpath
  
return (pathString’s pathExtension()) as string
end getFileNameExtensionFromFullPath

★Click Here to Open This Script 

2017/11/05 1D Listから指定要素のみを削除 v3

1次元配列(1D List)から指定要素を削除するAppleScriptのShane Stanleyによる改修版です。

自分の書いた前バージョンよりも「ちょっと効率的」(Shane談)に短くまとめられています。

とりあえず「こんなんあったらいいよね」「そんなに難しくないよね」というところから書いたものですが、自分でも書きながら非効率な部分がいろいろあるのは(変数内容の型チェック部分)自覚していました(汗)。

string/text/Unicode textはMac OS X 10.5以降では同じものとして扱われているので別々に判定する必要はないし、サブルーチンの宣言文部分ですでに型の強制は行っているので、二重にチェックする必要はありません。

最も注目すべきはPredicate文の書き方です。数値と文字列で場合分けしなくて済むというのは盲点でした(まだ、ちょっとPredicate文に慣れてないかも)。

AppleScript名:指定要素のみを削除(predicateでfilter) v3
– Created 2017-11-03 by Takaaki Naganoya
– Modified 2017-11-05 by Shane Stanley
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “AppKit”
–http://piyocast.com/as/archives/4951

property NSPredicate : a reference to current application’s NSPredicate
property NSArray : a reference to current application’s NSArray

set aList to {“Apple”, “Lemon”, “Aple”, “Lum”, “Apple”}
set aTarg to “Apple” –string
set rList to removeElementsFrom1DArray(aList, aTarg) of me
–>  {”Lemon”, “Aple”, “Lum”}

set bList to {1, 2, 3, 1, 5}
set bTarg to 1 –number
set rList to removeElementsFrom1DArray(bList, bTarg) of me
–>  {2, 3, 5}

set cList to {1, 2, 3, 1, 5}
set cTarg to {1, 2, 3} –list of number
set rList to removeElementsFrom1DArray(cList, cTarg) of me
–>  {5}

set dList to {“Apple”, “Lemon”, “Aple”, “Lum”, “Apple”}
set dTarg to {“Apple”, “Lemon”} –list of string
set rList to removeElementsFrom1DArray(dList, dTarg) of me
–>  {”Aple”, “Lum”}

on removeElementsFrom1DArray(aList as list, aTarg as {number, string, list})
  set anArray to NSArray’s arrayWithArray:aList
  
  
set aClass to class of aTarg
  
if aClass = list then
    set thePred to NSPredicate’s predicateWithFormat_(“NOT SELF IN %@”, aTarg)
  else
    set thePred to NSPredicate’s predicateWithFormat_(“SELF != %@”, aTarg)
  end if
  
  
set bList to (anArray’s filteredArrayUsingPredicate:thePred) as list
  
  
return bList
end removeElementsFrom1DArray

★Click Here to Open This Script 

2017/11/02 インストールされているフォントをdisplay nameからキーワード検索 v3

macにインストールされているフォントのdisplay nameからキーワード検索するAppleScriptのShane Stanleyによる高速版です。

  「さすがにFontBook検索より遅いのはダメでしょ」

というツッコミがShane Stanleyからあり、このコードがメールで届いたのでありました。

 FontBook.app:0.6 sec.
 AppleScriptObjc:0.2 sec.

と、このぐらいだと納得できる感じでしょう。

私にはこの、

 NSFontManager’s sharedFontManager()’s availableFonts()

というメソッドを見つけ切れなかったので(一番上に書いてあるのに ーー;)ああいう書き方をしましたが、NSFontManagerからavailableFontFamilies()を経由しないでavailableFonts()で一気に個別のフォント名を取得できれば、条件抽出も割と高速にできるわけです。

AppleScript名:インストールされているフォントをdisplay nameからキーワード検索 v3
– Created 2017-11-01 by Takaaki Naganoya
– Modified 2017-11-02 by Shane Stanley
use AppleScript version "2.4"
use scripting additions
use framework "Foundation"
use framework "AppKit"
–http://piyocast.com/as/archives/4948

property NSFontManager : a reference to current application’s NSFontManager
property NSFont : a reference to current application’s NSFont
property NSPredicate : a reference to current application’s NSPredicate

set fRes to getEveryFontContainsAQueryStr("Helvetica") of me
–>  {"Helvetica", "Helvetica-Bold", "Helvetica-BoldOblique", "Helvetica-Light", "Helvetica-LightOblique", "Helvetica-Oblique", "HelveticaNeue", "HelveticaNeue-Bold", "HelveticaNeue-BoldItalic", "HelveticaNeue-CondensedBlack", "HelveticaNeue-CondensedBold", "HelveticaNeue-Italic", "HelveticaNeue-Light", "HelveticaNeue-LightItalic", "HelveticaNeue-Medium", "HelveticaNeue-MediumItalic", "HelveticaNeue-Thin", "HelveticaNeue-ThinItalic", "HelveticaNeue-UltraLight", "HelveticaNeue-UltraLightItalic"}

set fRes to getEveryFontContainsAQueryStr("ことり") of me
–>  {"TheLittleBirdFONT", "kotorimojiFONT-TT"}

on getEveryFontContainsAQueryStr(queryName as string)
  set hitFontList to {}
  
set aFontList to NSFontManager’s sharedFontManager()’s availableFonts()
  
– filter out hidden fonts
  
set thePred to NSPredicate’s predicateWithFormat:"NOT SELF BEGINSWITH ’.’"
  
set aFontList to aFontList’s filteredArrayUsingPredicate:thePred
  
  
repeat with fontName in aFontList
    set aFont to (NSFont’s fontWithName:fontName |size|:16)
    
set aDispFontName to (aFont’s displayName()) as string
    
    
if aDispFontName contains queryName then
      set end of hitFontList to (fontName as text)
    end if
  end repeat
  
  
return hitFontList
end getEveryFontContainsAQueryStr

★Click Here to Open This Script 

2017/11/02 インストールされているフォントをdisplay nameからキーワード検索 v2

macにインストールされているフォントのdisplay nameからキーワード検索するAppleScriptの修正版です。

最初に作成したものを(2年後に)FontBook.appを呼び出すAppleScriptと処理結果を比較したところ、ASOC版の方が間違っていたので修正してみました(たまたま実戦で使っていなかったので、それほど真剣に検証していなかったもよう)。

修正した結果、

 FontBook.app:0.6 sec.
 AppleScriptObjc:0.9 sec.

FontBook版よりも処理時間がかかっています。起動時にこうした「処理に時間がかかる計算」を行っておき、結果をキャッシュしておくことで「見た目の処理時間」を減らすことも可能でしょう。

AppleScript名:インストールされているフォントをdisplay nameからキーワード検索 v2
– Created 2015-08-27 by Takaaki Naganoya
– Modified 2017-11-01 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “AppKit”
–http://piyocast.com/as/archives/4947

property NSFontManager : a reference to current application’s NSFontManager
property NSFont : a reference to current application’s NSFont

set fRes to getEveryFontContainsAQueryStr(“Helvetica”) of me
–>  {”Helvetica”, “Helvetica-Oblique”, “Helvetica-Light”, “Helvetica-LightOblique”, “Helvetica-Bold”, “Helvetica-BoldOblique”, “HelveticaNeue”, “HelveticaNeue-Italic”, “HelveticaNeue-UltraLight”, “HelveticaNeue-UltraLightItalic”, “HelveticaNeue-Thin”, “HelveticaNeue-ThinItalic”, “HelveticaNeue-Light”, “HelveticaNeue-LightItalic”, “HelveticaNeue-Medium”, “HelveticaNeue-MediumItalic”, “HelveticaNeue-Bold”, “HelveticaNeue-BoldItalic”, “HelveticaNeue-CondensedBold”, “HelveticaNeue-CondensedBlack”}

set fRes to getEveryFontContainsAQueryStr(“ことり”) of me
–>  {”kotorimojiFONT-TT”, “TheLittleBirdFONT”}

on getEveryFontContainsAQueryStr(queryName as string)
  set aFontFamilyList to (NSFontManager’s sharedFontManager()’s availableFontFamilies()) as list
  
set hitFontList to {}
  
  
repeat with i in aFontFamilyList
    set aFontList to (current application’s NSFontManager’s sharedFontManager()’s availableMembersOfFontFamily:(i as string)) as list
    
set tmpList to {}
    
repeat with ii in aFontList
      copy ii to {tmpFontName, tmpFontStyle, tmpA, tmpB}
      
      
set aFont to (NSFont’s fontWithName:tmpFontName |size|:16)
      
set aDispFontName to (aFont’s displayName()) as string
      
      
if aDispFontName contains queryName then
        set hitFontList to hitFontList & tmpFontName
      end if
    end repeat
  end repeat
  
  
return hitFontList
end getEveryFontContainsAQueryStr

★Click Here to Open This Script 

2017/11/01 インストールされているフォントをdisplay nameからキーワード検索

macにインストールされているフォントのdisplay nameからキーワード検索するAppleScriptです。

FontBook.appで処理するのとくらべて、ほんの少し速いぐらいです(起動時間を考慮しなければ)。

 FontBook.app:0.6 sec.
 AppleScriptObjc:0.4 sec.

10回実行して平均処理時間が20%程度高速でした。

→ ASOC版はFontではなくFont Familyを検索していました。FontBookの処理の方が正しい内容です。修正版はこちら。

AppleScript名:インストールされているフォントをdisplay nameからキーワード検索
– Created 2015-08-27 by Takaaki Naganoya
– 2015 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “AppKit”
–http://piyocast.com/as/archives/4946

property NSFontManager : a reference to current application’s NSFontManager
property NSFont : a reference to current application’s NSFont

set fRes to getEveryFontContainsAQueryStr(“Helvetica”) of me
–>  {{”Helvetica”, “Helvetica”, “Helvetica”}, {”Helvetica Neue”, “Helvetica Neue”, “HelveticaNeue”}}

set fRes to getEveryFontContainsAQueryStr(“ことり”) of me
–>  {{”kotorimojiFONT TT”, “ことり文字ふぉんと等幅”, “kotorimojiFONT-TT”}, {”TheLittleBirdFONT”, “ことり文字ふぉんと”, “TheLittleBirdFONT”}}

on getEveryFontContainsAQueryStr(queryName)
  set aFontList to (NSFontManager’s sharedFontManager()’s availableFontFamilies()) as list
  
  
set hitList to {}
  
  
repeat with i in aFontList
    set aFont to (NSFont’s fontWithName:(i as string) |size|:16)
    
set aDispFontName to (aFont’s displayName()) as string
    
set aFontName to (aFont’s fontName()) as string
    
    
if aDispFontName contains queryName then
      set the end of hitList to {i as string, aDispFontName, aFontName}
    end if
  end repeat
  
  
return hitList
end getEveryFontContainsAQueryStr

★Click Here to Open This Script 

AppleScript名:インストールされているフォントをdisplay nameからキーワード検索(FontBook)
tell application “Font Book”
  set ffList1 to (name of every typeface whose displayed name contains “Helvetica”)
  
–> {”Helvetica Light”, “Helvetica”, “Helvetica Oblique”, “Helvetica Light Oblique”, “Helvetica Bold”, “Helvetica Bold Oblique”, “Helvetica Neue UltraLight”, “Helvetica Neue Thin”, “Helvetica Neue Medium”, “Helvetica Neue Light”, “Helvetica Neue”, “Helvetica Neue Italic”, “Helvetica Neue UltraLight Italic”, “Helvetica Neue Thin Italic”, “Helvetica Neue Medium Italic”, “Helvetica Neue Light Italic”, “Helvetica Neue Bold”, “Helvetica Neue Bold Italic”, “Helvetica Neue Condensed Black”, “Helvetica Neue Condensed Bold”}
  
  
set ffList2 to (name of every typeface whose displayed name contains “ことり”)
  
–> {”kotorimojiFONT-TT”, “TheLittleBirdFONT”}
end tell

★Click Here to Open This Script 

2017/10/31 Keynote書類内の画像サイズを縮小

指定フォルダ内に入っているKeynote書類を順次オープンして、書類内の画像サイズを縮小(最適化)するAppleScriptです。

GUI Scriptingを用いているため、システム環境設定.app>セキュリティとプライバシー>プライバシー>アクセシビリティでScript Editorに対してGUI Scripting(アプリケーションにコンピュータの制御を許可)をオンにしておく必要があります。

Keynoteに搭載されている機能のうち、AppleScript用語辞書を通じてAppleScript側に機能が解放されていることが望ましい機能の筆頭に、「ファイル」メニューに存在している「ファイルサイズを減らす」コマンドがあります。

Keynote書類にペーストされた画像素材を適正サイズに縮小することで、大幅に書類のファイルサイズを小さくすることができ、Keynote書類の数が増えてくるとSSDの容量節約にかなり効果的です。

keynote1_resized.png

ただ、AppleScript用語辞書に記載されていないので、非正規のルート(GUI Scripting)でメニューなどを操作して呼び出すことになります。

GUI Scriptingは強制的なメニュー(GUI部品)操作なので、コマンド実行の結果を受け取ることもできませんし、その結果として何かアプリケーション側がメッセージを返してきたとしても、受信できません。

keynote2_resized.png

そして、アプリケーションがSheetで結果を返すと、通常だとそこでアプリケーションの実行が止まるので、強引にシート上のボタンをクリックして(リターンキーを押して)表示を解除しています。

実行直後、メニュー項目を走査するので少々待たされます。オブジェクトへの参照をテキスト化してInfo.plist内部にでも登録しておくとよいでしょう。

AppleScript名:Keynote書類内の画像サイズを縮小
– Created 2017-10-01 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4945

property menuItemRef1 : missing value

–Select target folder which contains Keynote documents
set aFol to choose folder with prompt “Keynote書類の入っているフォルダを選択してください”

tell application “Finder”
  tell folder (aFol as string)
    –File Kind is localized. UTI is better
    
set kList to (every file whose kind is equal to “Keynoteプレゼンテーション”) as alias list
  end tell
end tell

if menuItemRef1 = missing value then
  –Application Name, Root File Menu Item, target menu item (Localized)
  
set menuItemRef1 to returnMenuItemRef(“Keynote”, “ファイル”, “ファイルサイズを減らす”) of me
  
–We can get these texts from .strings file
end if

repeat with i in kList
  set j to contents of i
  
  
tell application “Keynote”
    open j
  end tell
  
  
–「ファイル」>「ファイルサイズを減らす」コマンドが使えるかどうか確認
  
set aRes to checkReduceFileSizeCommandEnabled() of me
  
  
if aRes = true then
    –ファイルサイズを減らす
    
clickReduceFileSizeMenuViaGUIScripting() of me
    
    
–「この書類のファイルサイズは減らせません」シートが表示されているかどうかチェック
    
set aRes to chkSheetDialogAndDismissIt() of me
    
    
delay 1
    
    
–保存&クローズ
    
tell application “Keynote”
      close every document with saving
    end tell
  end if
end repeat

–「この書類のファイルサイズは減らせません」シートが表示されているかどうかチェック
on chkSheetDialogAndDismissIt()
  activate application “Keynote”
  
tell application “System Events”
    tell process “Keynote”
      tell window 1
        set sEXT to exists of sheet 1
      end tell
    end tell
  end tell
  
  
activate application “Keynote”
  
tell application “System Events”
    tell process “Keynote”
      if sEXT = true then
        –「この書類のファイルサイズは減らせません」シートが表示されていた場合
        
tell button 1 of sheet 1 of window 1
          keystroke return –なぜかクリックできない。ふしぎ
        end tell
      end if
    end tell
  end tell
  
  
return (not sEXT)
end chkSheetDialogAndDismissIt

–メニューから「ファイル」>「ファイルサイズを減らす」を実行
on clickReduceFileSizeMenuViaGUIScripting()
  activate application “Keynote”
  
tell application “System Events”
    tell process “Keynote”
      click menuItemRef1
    end tell
  end tell
end clickReduceFileSizeMenuViaGUIScripting

–「ファイル」>「ファイルサイズを減らす」が実行可能か確認
on checkReduceFileSizeCommandEnabled()
  activate application “Keynote”
  
tell application “System Events”
    tell process “Keynote”
      return (enabled of menuItemRef1)
    end tell
  end tell
end checkReduceFileSizeCommandEnabled

on returnMenuItemRef(appName, menubarMenuItem, lastMenuItemName)
  tell application “System Events”
    tell process appName
      set menuList to name of every menu of menu bar 1
      
set aMenuInd to offsetInList(menubarMenuItem, menuList) of me
    end tell
    
    
set aList to entire contents of (menu bar item aMenuInd of menu bar 1 of process appName)
    
    
repeat with i in aList
      set j to contents of i
      
try
        set aNameVal to value of attribute “AXTitle” of j
        
if (aNameVal = lastMenuItemName) then
          return j
        end if
      end try
    end repeat
  end tell
  
  
return false
end returnMenuItemRef

on offsetInList(aStr, aList)
  set anArray to current application’s NSArray’s arrayWithArray:aList
  
set aInd to (anArray’s indexOfObject:aStr)
  
if aInd = current application’s NSNotFound or (aInd as number) > 9.99999999E+8 then
    error “Invalid Character Error”
  else
    return (aInd as integer) + 1 –0 to 1 based index conversion
  end if
end offsetInList

★Click Here to Open This Script 

2017/10/30 Keynoteでオープン中の書類のページをPDFに書き出してオープン

Keynoteでオープン中の書類の現在表示中のページをPDFに書き出して、オープンするAppleScriptです。

Keynoteで仕様書などのおおきめの(ページ数の多い)書類を(修正や追記をしながら)開いていて、同時に複数のページを見ておく必要があるときに、現在のページのみPDFに書き出して表示させてみたものです。

指定のページのみPDFに書き出す機能はKeynoteに存在していないので、とりあえず書類をまるごとPDFに書き出して、現在表示中のページ以外を削除するようにしてみました。

AppleScript名:Keynoteでオープン中の書類のページをPDFに書き出してオープン
– Created 2017-10-30 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “Quartz”
–http://piyocast.com/as/archives/4942

property |NSURL| : a reference to current application’s |NSURL|
property PDFDocument : a reference to current application’s PDFDocument

tell application “Keynote”
  tell front document
    tell current slide
      set curPage to slide number
    end tell
    
    
set dtPath to ((path to desktop) as string) & (do shell script “uuidgen”) & “_” & (curPage as string) & “.pdf”
    
    
export to file dtPath as PDF
  end tell
end tell

set targAlias to (dtPath as alias)
set aRes to stripSpecificPageInPDF(targAlias, curPage) of me

tell application “Finder” to open targAlias

–指定PDFから指定ページを残して他を削除
on stripSpecificPageInPDF(inFileAlias, targPageNum)
  set inNSURL to |NSURL|’s fileURLWithPath:(POSIX path of inFileAlias)
  
set theDoc to PDFDocument’s alloc()’s initWithURL:inNSURL
  
  
set pRes to theDoc’s pageCount()
  
  
repeat with i from pRes to 1 by -1
    if i is not equal to targPageNum then
      (theDoc’s removePageAtIndex:(i - 1))
    end if
  end repeat
  
  
set aRes to (theDoc’s writeToURL:inNSURL) as boolean
  
  
return aRes
end stripSpecificPageInPDF

★Click Here to Open This Script 

2017/10/28 指定アプリの指定メニュー内の指定GUI部品を検索

指定アプリケーションの指定メニュー内の指定GUI部品を検索するAppleScriptです。

GUI Scriptingを使ってアプリケーションのメニュー操作を行うと、ちょっとアプリケーション開発側がメニューの文言や項目を増やしたぐらいで影響を受けて、アプリケーションのバージョンアップやOSのバージョンアップで使えなくなることが多々あります。

GUI Scriptingとは原理上そういうものなので、必要に応じて修正を行ってメンテナンスする必要があります。自分でもXcode上でアプリケーションを作っていると、画面構成やメニュー項目を変更する必要があれば行いますし、実に手軽に行えるので「変更するな」とはとても言えません。

menuitem1_resized.png
▲returnMenuItemRef(アプリケーション名, rootメニュー項目, 検索対象メニュー項目タイトル) of meでPDF書き出しメニュー項目への参照を取得できる

OSやアプリケーション自体のバージョンアップを気にしないでメニュー項目をGUI Scriptingから継続的に呼び出すようにするのは、不可能ではありません。条件を制限すればある程度対応できます。

アプリケーションの名前、メニューの名前、メニュー項目の名前が変わっていなければ、途中のオブジェクト階層などが変更になっても対処は可能です(項目名が変わってしまったら対応はできませんけれども)。

本Scriptは動的にアプリケーションのメニュー項目を全取得し、指定のアプリケーションの指定メニュー内の指定メニュー項目をサーチします。サーチ対象を少なくしてスピードをかせぐために、指定メニュー項目以下のオブジェクトのみを取得しています。

オブジェクトの取得自体はそれほど時間はかからないものの、取得したオブジェクトから目的のものをサーチする(属性値を取得して比較する)のに(オブジェクト数に応じた)時間がかかってしまうため、こうした処理対象のしぼりこみは必須です。

当初、予想よりもパフォーマンスが出なかった(6秒ぐらいかかっていた)のですが、原因がトンでもないところにありました。私の環境では、「最近使った項目」の記憶最大数を拡張してあったのですが、そこに大量に項目が記憶されており、それがパフォーマンスを低下させていました。

recentmenu_resized.png

「最近使った項目」については、メニューから(ファイル履歴を)消去すればパフォーマンスを向上できました(0.7秒程度)。

Scriptの冒頭で必要なメニュー項目への参照をまとめて取得してpropertyにでも登録しておき、Script内で実際にメニュー操作を行う箇所でpropertyに入れておいたメニュー項目を実行すると効果的でしょう(毎回メニュー項目を検索するのは無駄なので)。

menu-item2_resized.png

メニューにはタイトルが設定されていますが、その他のGUI部品にも一意に指し示せるようなユニークなIDとかURLとかが取得できるとよいのですが、、、、(ーー;;

もともと、この手の動的なGUI部品オブジェクト検索はWebブラウザ上の部品検索などで行っており、Webコンテンツ操作で重宝していました。

AppleScript名:指定アプリの指定メニュー内の指定GUI部品を検索
– Created 2017-10-01 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4936

set menuItemRef1 to returnMenuItemRef(“MacDown”, “ファイル”, “PDF…”) of me
–>  menu item “PDF…” of menu “エクスポート” of menu item “エクスポート” of menu “ファイル” of menu bar item “ファイル” of menu bar 1 of application process “MacDown” of application “System Events”

on returnMenuItemRef(appName, menubarMenuItem, lastMenuItemName)
  tell application “System Events”
    tell process appName
      set menuList to name of every menu of menu bar 1
      
set aMenuInd to offsetInList(menubarMenuItem, menuList) of me
    end tell
    
    
set aList to entire contents of (menu bar item aMenuInd of menu bar 1 of process appName)
    
    
repeat with i in aList
      set j to contents of i
      
try
        set aNameVal to value of attribute “AXTitle” of j
        
if (aNameVal = lastMenuItemName) then
          return j
        end if
      end try
    end repeat
  end tell
  
  
return false
end returnMenuItemRef

on offsetInList(aStr, aList)
  set anArray to current application’s NSArray’s arrayWithArray:aList
  
set aInd to (anArray’s indexOfObject:aStr)
  
if aInd = current application’s NSNotFound or (aInd as number) > 9.99999999E+8 then
    error “Invalid Character Error”
  else
    return (aInd as integer) + 1 –0 to 1 based index conversion
  end if
end offsetInList

★Click Here to Open This Script 

2017/10/26 Numbersで選択中の範囲を横方向に比較しカラム間の差分検出してセルの色変更 v2

Numbersの書類上で選択中の範囲(横に2列)を横方向に比較し、変更のあったセルの色を変更するAppleScriptです。

2017-10-25-23_44_59.gif

実行にはShane StanleyのAppleScript Library「BridgePlus」のインストールが必要です。Numbersの選択範囲から返ってくる1D Arrayを2D Arrayに変換するために使用しています。

numb1_resized.png
▲実行前。Numbers書類上のアクティブなシートの最初のテーブルが処理対象

numb2_resized.png
▲実行後。差分のあったセルを赤くマーク

Numbersの選択セル範囲を取得するのに文字列を計算するのではなく、Numbersの機能を使って手軽に行うように変更しました。最近、ちょっとCocoa風に処理するのに慣れてしまって、アプリケーションの内蔵機能を呼び出したほうがシンプルに書ける場合にはそうすべきでしょう。

処理速度については、対象データがそれほど大きくないことを前提として書いたので、データ量が多くなった場合には(数千行以上)急に遅くなるかもしれません。

ただ、まいどまいど思いますが、Numbersで選択中のTableの情報を取得できないのはダメすぎです。

それにしても、辞書.appの辞書名をチョロチョロ変えるのは勘弁してほしいところです(→スクリーンショット)。無意味な名称変更がまんべんなく、、、、、

AppleScript名:Numbersで選択中の範囲を横方向に比較しカラム間の差分検出してセルの色変更 v2
– Created 2016-10-26 by Takaaki Naganoya
– 2016 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use bPlus : script “BridgePlus”
–http://piyocast.com/as/archives/4929

load framework

tell application “Numbers”
  tell front document
    tell active sheet
      set tCount to count every table
      
if tCount is not equal to 1 then
        display notification “Wrong Table number (not one) in current sheet.”
        
return
      end if
      
      
tell table 1
        set aSel to properties of selection range
        
set selName to name of aSel
        
set {s1, s2} to parseByDelim(selName, “:”) of me
        
        
–始点の情報を取得する
        
set s1Row to (address of row of range s1) as integer
        
set s1Column to (address of column of range s1) as integer
        
        
–終点の情報を取得する
        
set s2Row to (address of row of range s2) as integer
        
set s2Column to (address of column of range s2) as integer
        
        
–選択範囲の情報を取得する
        
set aHeight to s2Row - s1Row + 1 –高さ(Height of selection range)
        
set aWidth to s2Column - s1Column + 1 –幅(Width of selection range)
        
        
set dList to value of every cell of selection range –Every Data from Selection (1D Array)
        
set diffList to getDiffAddressList(dList, aWidth) of me
        
        
repeat with i in diffList
          copy i to {adrX, adrY}
          
          
set adrX to adrX + s1Column
          
set adrY to adrY + s1Row - 1
          
          
tell row adrY
            tell cell adrX
              –Async Mode Execution (x2 Speed)
              
ignoring application responses
                set text color to {65535, 0, 65535}
              end ignoring
            end tell
          end tell
          
        end repeat
        
      end tell
    end tell
  end tell
end tell

on getDiffAddressList(dList, aWidth)
  set d2List to (current application’s SMSForder’s subarraysFrom:(dList) groupedBy:aWidth |error|:(missing value)) as list
  
set diffList to {}
  
set diffAdrList to {}
  
  
set yOffsetCount to 1
  
  
repeat with i in d2List
    set i1 to first item of i
    
set i2 to rest of i
    
    
set xOffsetCount to 1
    
    
repeat with ii in i2
      set jj to contents of ii
      
if i1 is not equal to jj then
        set the end of diffList to {i1, jj}
        
set the end of diffAdrList to {xOffsetCount, yOffsetCount}
        
exit repeat
      end if
      
      
set xOffsetCount to xOffsetCount + 1
      
    end repeat
    
    
set yOffsetCount to yOffsetCount + 1
  end repeat
  
  
return diffAdrList
end getDiffAddressList

on parseByDelim(aData, aDelim)
  set curDelim to AppleScript’s text item delimiters
  
set AppleScript’s text item delimiters to aDelim
  
set dList to text items of aData
  
set AppleScript’s text item delimiters to curDelim
  
return dList
end parseByDelim

★Click Here to Open This Script 

2017/10/26 オープン中のムービーのファイルにラベルを付ける

QuickTime Playerでオープン中のファイルにラベルを付けるAppleScriptです。

QuickTimeムービーを取捨選別しているような場合に、オープン中のムービーだけにラベルをつけることで、作業を効率化しようというものです。

QuickTime Playerだけではなく、他のアプリケーションでも同様の処理は有用であるため、試してみるといいんじゃないでしょうか。

qt1.png
▲QuickTime Playerでオープン中のムービー

qt2.png
▲Script実行前

qt3.png
▲Script実行後

AppleScript名:オープン中のムービーのファイルにラベルを付ける
– Created 2017-10-26 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
–http://piyocast.com/as/archives/4925
tell application “QuickTime Player”
  set aDocList to every document
end tell

repeat with i in aDocList
  
  
tell application “QuickTime Player”
    tell i
      set aProp to properties
      
set aFile to (file of aProp) as alias
    end tell
  end tell
  
  
tell application “Finder”
    set label index of aFile to 5
  end tell
  
end repeat

★Click Here to Open This Script 

2017/10/26 NumbersのRangeのnameの範囲から幅と高さを求める

Numbersのselection range(のname)の範囲(”A1:B12″とか)の幅と高さを求めるAppleScriptです。

本ScriptはNumbersの機能を使わないで書いてありますが、Numbersを利用できる環境および用途の場合にはNumbersを用いたほうが手軽でよいと思います。

AppleScript名:NumbersのRangeのnameの範囲から幅と高さを求める
– Created 2017-10-25 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4924

property NSString : a reference to current application’s NSString
property NSArray : a reference to current application’s NSArray
property NSRegularExpressionSearch : a reference to current application’s NSRegularExpressionSearch

set aData to “A2:B29″
set {aWidth, aHeight} to calcWidthAndHeightOfNumbersRange(aData) of me
–> {2, 28}

on calcWidthAndHeightOfNumbersRange(aData)
  set aList to parseByDelim(aData, “:”) of me
  
if length of aList is not equal to 2 then error “Invalid Parameter Error”
  
set calcList to {}
  
  
repeat with i in aList
    set j to contents of i
    
set aRes to returnAlphabetOnly(j) of me
    
set bRes to returnNumberOnly(j) of me
    
set a2Res to numbersAddrToDecimal(aRes) of me
    
set the end of calcList to {a2Res as integer, bRes as integer}
  end repeat
  
  
copy calcList to {{x1, y1}, {x2, y2}}
  
  
set xWidth to (x2 - x1) + 1
  
set yHeight to (y2 - y1) + 1
  
  
return {xWidth, yHeight}
end calcWidthAndHeightOfNumbersRange

on parseByDelim(aData, aDelim)
  set curDelim to AppleScript’s text item delimiters
  
set AppleScript’s text item delimiters to aDelim
  
set dList to text items of aData
  
set AppleScript’s text item delimiters to curDelim
  
return dList
end parseByDelim

on returnNumberOnly(aStr)
  set anNSString to NSString’s stringWithString:aStr
  
set anNSString to anNSString’s stringByReplacingOccurrencesOfString:“[^0-9]” withString:“” options:(NSRegularExpressionSearch) range:{0, anNSString’s |length|()}
  
return anNSString as text
end returnNumberOnly

on returnAlphabetOnly(aStr)
  set anNSString to NSString’s stringWithString:aStr
  
set anNSString to anNSString’s stringByReplacingOccurrencesOfString:“[^A-Za-z]” withString:“” options:(NSRegularExpressionSearch) range:{0, anNSString’s |length|()}
  
return anNSString as text
end returnAlphabetOnly

–Numbersの横方向アドレス(A〜Zの26進数)文字列を10進数に変換
on numbersAddrToDecimal(origStr)
  return aNthToDecimal(origStr, {“A”, “B”, “C”, “D”, “E”, “F”, “G”, “H”, “I”, “J”, “K”, “L”, “M”, “N”, “O”, “P”, “Q”, “R”, “S”, “T”, “U”, “V”, “W”, “X”, “Y”, “Z”}) of me
end numbersAddrToDecimal

–n進数文字列を10進数に変換する
on aNthToDecimal(origStr, nTh)
  set resNumber to 0
  
set sList to reverse of (characters of origStr)
  
set aLen to length of nTh
  
set digitCount to 0
  
  
repeat with i in sList
    set j to contents of i
    
set aRes to offsetInList(j, nTh) of me
    
    
if digitCount = 0 then
      set digitNum to 1
    else
      set digitNum to digitCount * aLen
    end if
    
    
set resNumber to resNumber + (aRes * digitNum)
    
set digitCount to digitCount + 1
  end repeat
  
  
return resNumber
end aNthToDecimal

on offsetInList(aChar, aList)
  set anArray to NSArray’s arrayWithArray:aList
  
set aInd to (anArray’s indexOfObject:aChar)
  
if aInd = current application’s NSNotFound or (aInd as number) > 9.99999999E+8 then
    return false
  else
    return (aInd as integer) + 1
  end if
end offsetInList

★Click Here to Open This Script 

2017/10/26 Numbersの横セルのアドレス文字列(26進数)を10進数リストに変換

Numbersのセルのアドレス文字列を10進数のリストに変換するAppleScriptです。

Numbersのセル間のデータの比較を行おうとしたら、selection range(のname)が”A2:B12″といった形式で返ってきて、rangeの幅とか高さは自分で計算する必要があったので、それぞれのアドレス文字列を数値に変換する必要があると思われました(このあたり、何回も同じ処理を組んでいるような気がするのは、気のせい?)。

→ 6年前に組んだAppleScriptですでにもっと手軽に求める方法を実装してありました

そこで、”A2″とか”B12″といったアドレスの文字列を10進数のリストに変換してみることに。

アルファベットだけ、数字だけを抽出してそれぞれ処理しています。いつものとおり、ありあわせのルーチンを組み合わせただけで、あらたに作ったのはごく一部。

最終的に、Numbersの選択範囲の大きさを計算して、選択範囲から取得した1D List(ExcelとちがってNumbersは選択範囲のデータを取得すると連続した1D Listになるため)を選択範囲のデータ幅に合わせて2D Listに変換し、各行で差分がないかどうかチェックしました。

NSNotFoundの値が9223372036854775807になっているOS側のバグ(macOS 10.12.5〜10.12.6あたり?)に対応してあります。ちなみに、macOS 10.13.1の最新Betaではここだけは直っているものの、Web上で検索するとNSNotFoundの値の設定ミスはAppleがしょっちゅうカマしているようなので、対策し続けておいた方がよさそうです。

AppleScript名:Numbersの横セルのアドレス文字列(26進数)を10進数リストに変換
– Created 2017-10-25 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4923

property NSString : a reference to current application’s NSString
property NSArray : a reference to current application’s NSArray
property NSRegularExpressionSearch : a reference to current application’s NSRegularExpressionSearch

set {xColumn, yRow} to calcNumbersRangeNameToDecimalList(“B29″) of me
–> {2, 29}

set {xColumn, yRow} to calcNumbersRangeNameToDecimalList(“AZ12″) of me
–> {52, 12}

on calcNumbersRangeNameToDecimalList(aData)
  set aRes to returnAlphabetOnly(aData) of me
  
set bRes to returnNumberOnly(aData) of me
  
set a2Res to numbersAddrToDecimal(aRes) of me
  
return {a2Res as integer, bRes as integer}
end calcNumbersRangeNameToDecimalList

–文字列から数字だけを抽出して返す
on returnNumberOnly(aStr)
  set anNSString to NSString’s stringWithString:aStr
  
set anNSString to anNSString’s stringByReplacingOccurrencesOfString:“[^0-9]” withString:“” options:(NSRegularExpressionSearch) range:{0, anNSString’s |length|()}
  
return anNSString as text
end returnNumberOnly

–文字列からアルファベットだけを抽出して返す
on returnAlphabetOnly(aStr)
  set anNSString to NSString’s stringWithString:aStr
  
set anNSString to anNSString’s stringByReplacingOccurrencesOfString:“[^A-Za-z]” withString:“” options:(NSRegularExpressionSearch) range:{0, anNSString’s |length|()}
  
return anNSString as text
end returnAlphabetOnly

–Numbersの横方向アドレス(A〜Zの26進数)文字列を10進数に変換
on numbersAddrToDecimal(origStr)
  return aNthToDecimal(origStr, {“A”, “B”, “C”, “D”, “E”, “F”, “G”, “H”, “I”, “J”, “K”, “L”, “M”, “N”, “O”, “P”, “Q”, “R”, “S”, “T”, “U”, “V”, “W”, “X”, “Y”, “Z”}) of me
end numbersAddrToDecimal

–n進数文字列を10進数に変換する
on aNthToDecimal(origStr, nTh)
  set resNumber to 0
  
set sList to reverse of (characters of origStr)
  
set aLen to length of nTh
  
set digitCount to 0
  
  
repeat with i in sList
    set j to contents of i
    
set aRes to offsetInList(j, nTh) of me
    
    
if digitCount = 0 then
      set digitNum to 1
    else
      set digitNum to digitCount * aLen
    end if
    
    
set resNumber to resNumber + (aRes * digitNum)
    
set digitCount to digitCount + 1
  end repeat
  
  
return resNumber
end aNthToDecimal

on offsetInList(aChar, aList)
  set anArray to NSArray’s arrayWithArray:aList
  
set aInd to (anArray’s indexOfObject:aChar)
  
if aInd = current application’s NSNotFound or (aInd as number) > 9.99999999E+8 then
    error “Invalid Character Error”
  else
    return (aInd as integer) + 1 –0 to 1 based index conversion
  end if
end offsetInList

★Click Here to Open This Script 

2017/10/25 MagicKitで指定ファイルのUTI情報を取得

オープンソースのFramework「MagicKit」(By Aidan Steele)を呼び出して、指定ファイルのUTI(Uniform Type Identifiers)の情報を取得するAppleScriptです。

本Scriptの実行にはGithub上のプロジェクトをダウンロードして各自でXcode上でFrameworkをビルドし、MagicKit.frameworkを~/Library/Frameworksフォルダ以下にインストールする必要があります。

ちょうどUTIについてこういうツールがないかと思っていたところでした(BridgePlusがなくても調べられることがのぞましい)。指定ファイルのUTIやMIME Typeを調べられるのは便利です。

とくに、NSDataから直接UTIを得られる「magicForData:」 メソッドがとても便利そうで、コレが使いたかったのでテストしてみた次第です(まだそこまで試してないですけれど)。

本当のところは、UTIの文字列(例:”public.image”)を与えると、その下位に所属するUTIの一覧をArrayとかlistとかで返してくれるAPIがあるとよいのですが、、、うまく探しきれていないだけで「存在しないのはおかしい」感じではあります。

AppleScriptでも、choose file of typeコマンドでUTIの世界を垣間見ることはありますが、その階層構造を調べられないのは少々ストレスが溜まるところです。

AppleScript名:MagicKitで指定ファイルのUTI情報を取得
– Created 2017-10-25 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “MagicKit”
–https://github.com/aidansteele/magickit
–http://piyocast.com/as/archives/4922

set aFile to POSIX path of (choose file)
set aRes to current application’s GEMagicKit’s magicForFileAtPath:aFile
–>  (GEMagicResult) ISO Media, Apple QuickTime movie

set aMime to (aRes’s mimeType()) as string
–>  ”video/quicktime; charset=binary”

set utiList to (aRes’s uniformTypeHierarchy()) as list
–>  {”com.apple.quicktime-movie”, “public.movie”, “public.audiovisual-content”, “public.data”, “public.content”, “public.item”}

set aDesc to (aRes’s |description|()) as string
–>  ”ISO Media, Apple QuickTime movie”

★Click Here to Open This Script 

2017/10/22 CotEditorのコンソールにログ出力

CotEditor内蔵のコンソールウィンドウに任意の文字列を出力するAppleScriptです。

CotEditorの「ウィンドウ」メニューに「パネル」という項目があり、

cot21.png

ここで「コンソールパネル」が選択でき、フローティングパレットが表示されます(CotEditor v3.2.2にて確認)。

cot1.png

このパレットが用意された意図や経緯はわかりませんが(syslog経由でConsole.appに出せるのに)、おそらく内蔵Script Menuから実行する各種scriptのデバッグ出力のログ表示用と思われます(10:88ってなんだ???)。

CotEditorのAppleScript用語辞書に「write to console」というコマンドが用意されており、指定の文字列をこのコンソールパネルに出力できます。

cot3.png

このコンソール出力のためのAppleScriptを書いてためしてみました。テキストを出力することはできますが、リスト(配列)やレコード(dictionary)を出力することはできません。テキスト以外の形式のデータはテキストに変換して出力することになります。

なお、「コンソールパネル」はフローティングパレットUIなので、CotEditorが最前面にある時にしか表示されません。

辞書にあっても実際に機能するか、期待どおりに機能するかはやはり実際に試してみないとわかりません。

AppleScript名:CotEditorのコンソールにログ出力
–http://piyocast.com/as/archives/4918
tell application “CotEditor”
  activate
  
write to console “ぴよまるさんだよ”
end tell

★Click Here to Open This Script 

2017/10/18 macOS 10.12から10.13のマシンを呼び出してAppleScriptをリモート実行

リモートAppleEventsを使ってmacOS 10.12上で編集中のScriptを10.13側で実行して結果を表示するScriptです。

リモートAppleEventsは、OSのバージョンが違っていても複数のMacを連携させたシステムを組めるので、知っている人は少ないとしても有用な機構です。ちょっと前のOSでないと動かない周辺機器(FAXとかドキュメントスキャナとか)を最新のOS環境から利用できたりもします(直接ドライブするのではなく、結果だけもらってきたり、入力があったことを通知したり)。

同一のLAN内で、固定のIPアドレスを振って運用しています。

figs.png

macOS 10.13側

macOS 10.13のMac側の「システム環境設定」の「共有」で、

share_resized.png

リモートAppleEventsをオンにします。AppleScriptをリモートで受信して実行するアプレット「RemoteAgent」を作成して起動しっぱなしの設定にして(アプレットとして保存するときに「ハンドラの実行後に終了しない」のオプションをオンに設定)保存し、起動したままにしておきます。アプレットの名称にはとくに意味とか必然性はありません。たまたま、そういう名前で書いたのでそうなってるだけです。

AppleScript名:RemoteAgent
– Created 2017-10-18 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “OSAKit”
use framework “AppKit”
–http://piyocast.com/as/archives/4906

on run
  
end run

on testMe(aParam)
  return aParam
end testMe

on getVers()
  set vers to (do shell script “defaults read /System/Library/CoreServices/SystemVersion ProductUserVisibleVersion”)
  
set build to (do shell script “defaults read /System/Library/CoreServices/SystemVersion ProductBuildVersion”)
  
return {vers, build}
end getVers

on execASstring(aString)
  
  
set aRect to current application’s NSMakeRect(0, 0, 500, 200)
  
  
–Make AppleScript Controller & Script Editor View
  
set osaCon to current application’s OSAScriptController’s alloc()’s init()
  
set osaView to current application’s OSAScriptView’s alloc()’s initWithFrame:aRect
  
  
–Make Result View
  
set resView to current application’s NSTextView’s alloc()’s initWithFrame:aRect
  
resView’s setRichText:true
  
resView’s useAllLigatures:true
  
  
–Connect OSAScriptController to Editor View & Result View
  
osaCon’s setScriptView:osaView
  
osaCon’s setResultView:resView
  
  
–Set AppleScript Source to Editor View & Execute it
  
set aSource to current application’s NSString’s stringWithString:aString
  
osaView’s setString:aSource
  
osaCon’s runScript:(missing value)
  
  
–Get AppleScript’s Result as string
  
set aRes to resView’s |string|() as string
  
  
return aRes
end execASstring

–指定AppleScriptファイルのソースコードを取得する(実行専用Scriptからは取得できない)
– Original Created 2014-02-23 Shane Stanley
on getASsourceFor(anAlias as {alias, string})
  set anHFSpath to anAlias as string
  
set aURL to current application’s |NSURL|’s fileURLWithPath:(POSIX path of anHFSpath)
  
set theScript to current application’s OSAScript’s alloc()’s initWithContentsOfURL:aURL |error|:(missing value)
  
return theScript’s source() as text
end getASsourceFor

★Click Here to Open This Script 

macOS 10.12側

macOS 10.12側で呼び出し用のScriptを書いてScript Menuに登録しておきます。Script中のUser名とパスワードはmacOS 10.13側のものを書いておきます。ここではmacOS 10.13側のIPアドレスを直接記述していますが「MBP11.local」のようなBonjour名称でももちろんOKです。

ここにユーザー名とパスワードを書かないと毎回ダイアログが出てユーザー名、パスワード、キーチェーンに保存するかなど聞かれますが、結局保存されなくて毎回聞かれるので、直接コード中に書いておくか、別途キーチェーンに保存して実行時に読み出してもいいでしょう。

AppleScript名:macOS 10.13でリモート実行
– Created 2017-10-18 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
–http://piyocast.com/as/archives/4906
tell application “Script Editor”
  tell front document
    set aSource to contents
  end tell
end tell

tell application “RemoteAgent” of machine “eppc://user:password@192.168.0.7″
  set {vRes, bRes} to getVers()
  
set aRes to execASString(aSource)
end tell

set vText to “macOS “ & vRes & ” (Build:” & bRes & “) Result:”
display dialog vText default answer aRes

★Click Here to Open This Script 

macos10126_1.png

こんなAppleScriptをScript Editor上でオープンした状態で(複数Window表示時には最前面であること)、Scriptを実行。

macos10126_2.png

LANごしにリモートAppleEventを実行し、macOS 10.13上のアプレットで指定のAppleScriptを動的にコンパイルして実行。結果をmacOS 10.12のマシン側に返してきます。

macos10126_3.png

こんな感じで動作確認を行なっています。ただリモート実行するだけなら、もうちょっとシンプルに書けたような気もしますが、Cocoa系の機能を使ってリモートScript実行を行なってみたときの部品をそのまま流用しています。

LAN経由、とくにWiFi経由でのリモートAppleEventsは通信にコストがかかる(時間がかかる)ため、パラメータだけ与えてまとめて結果をもらうようにするべきです。VPN経由で遠隔地のMacの操作を行うような場合にも同様です。

2017/10/16 並列ダウンロードのじっけん v2

AppleScriptによる狂気のthreadごっこ。並列ダウンロードの実験AppleScriptです。

昨日のScriptを実際に何度も実行してみて「Threadを生成しても順次実行されているようにしか見えないのはなぜだろう?」などと思いつつ、スレッドのオブジェクトを配列に突っ込んでおいて、一括で実行命令(start:)を行うように改良してみました。

また、スレッド内で実行する内容に単なるカウントという(安全ではあるものの)無意味な処理ではなく、ファイルのダウンロード実行を行なっています。

自分的にはいろいろとブレークスルーな内容ではあるものの、ダウンロードにしてもThread処理するよりも逐次実行したほうが速そうな感じであるのと、shellのcurlコマンドで並列でダウンロードしたほうが安全で速そうとか、かなり「不可能にチャレンジした以外にあまりほめるべき点がない」という雰囲気になっています。

ダウンロード先のURLが数個程度だと何も問題はないものの、数十個指定すると帰ってこなくなるなど、何か問題が起きているようなので、あくまで「実験」レベルの実装です。

AppleScript名:並列ダウンロードのじっけん v2
– Created 2015-08-20 by Takaaki Naganoya
– Created 2017-10-16 by Takaaki Naganoya
– 2015 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4898

property aProp : {}
property aMax : {}

set aList to {“http://piyocast.com/as/wp-content/uploads/2016/08/xbook1_ver2.png.pagespeed.ic.1UE9W7-aVC.png”, “http://piyocast.com/as/wp-content/uploads/2016/08/xbook2_v2.png.pagespeed.ic.uWjZsXaLOP.png”, “http://piyocast.com/as/wp-content/uploads/2016/09/xscript_assistant.jpg.pagespeed.ic.fk8YHumFYV.jpg”}

set aProp to {}
set thList to current application’s NSMutableArray’s new()
set aMax to length of aList
set aCount to 1

repeat with i in aList
  set j to contents of i
  
set aURL to (current application’s |NSURL|’s URLWithString:j)
  
set aThread to (current application’s NSThread’s alloc()’s initWithTarget:me selector:“_threadLoop:” object:aURL)
  (
aThread’s setName:(“thread “ & (aCount as string)))
  (
thList’s addObject:aThread)
  
  
set noter1 to current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()
  (
noter1’s addObserver:me selector:“_threadWillExit:” |name|:(current application’s NSThreadWillExitNotification) object:(thList’s lastObject()))
  
  
set aThread to “” –purge object from memory
  
set aCount to aCount + 1
end repeat

thList’s makeObjectsPerformSelector:“start” withObject:0

repeat 100000 times
  if length of aProp aMax then exit repeat
  
delay “0.0001″ as real
end repeat

–各Threadが実行するハンドラ
on _threadLoop:aInfo
  checkURLResourceExistence(aInfo, 10) of me
end _threadLoop:

–Threadが終了する際に呼ばれるハンドラ
on _threadWillExit:aNotification
  set tmpRes to aNotification’s object’s |name|()
  
log tmpRes as string
end _threadWillExit:

– 指定URLにファイル(画像など)が存在するかチェック
–> {存在確認結果(boolean), レスポンスヘッダー(NSDictionary), データ(NSData)}
on checkURLResourceExistence(aURL, timeOutSec as real)
  set aRequest to (current application’s NSURLRequest’s requestWithURL:aURL cachePolicy:(current application’s NSURLRequestUseProtocolCachePolicy) timeoutInterval:timeOutSec)
  
set aRes to (current application’s NSURLConnection’s sendSynchronousRequest:aRequest returningResponse:(reference) |error|:(missing value))
  
set dRes to (first item of (aRes as list))
  
set bRes to (second item of (aRes as list))
  
if bRes is not equal to missing value then
    set hRes to (bRes’s allHeaderFields())
    
set aResCode to (bRes’s statusCode()) as integer
  else
    set hRes to {}
    
set aResCode to -1 –error
  end if
  
set the end of aProp to {(aResCode = 200), hRes, dRes}
end checkURLResourceExistence

★Click Here to Open This Script 

2017/10/15 スレッド処理

AppleScriptでスレッドを生成して実行するサンプルです。

実際にスレッドを生成して、実行して、各スレッドの状態を調査することができます。

REST APIなど、実行に時間のかかるネットワーク系の処理で使えないかと思って試作を行なっていたものです。

書いてから2年以上も放置していたのは、「スレッドセーフなルーチンを頑張って書くよりも、個別にアプレットに書き出して同時実行したほうが安全だしお手軽」という理由によります。スレッド内で実行してクラッシュしないように書くのはとても大変です(ーー;

AppleScript名:スレッド処理
– Created 2015-08-20 by Takaaki Naganoya
– 2015 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4897

set aThread to current application’s NSThread’s alloc()’s initWithTarget:me selector:“_threadLoop:” object:(current application’s NSString’s stringWithString:“Apple”)

set bThread to current application’s NSThread’s alloc()’s initWithTarget:me selector:“_threadLoop:” object:(current application’s NSString’s stringWithString:“Orange”)

set aRes to current application’s NSThread’s isMultiThreaded()
–>  true

set bRes to current application’s NSThread’s currentThread()
–>  (NSThread) {number = 1, name = main}

set a1Res to current application’s NSThread’s currentThread()’s threadDictionary()
–>  (NSDictionary) {NSAppleEventManagerHandlingStack:{}, NSDocumentsContinuingFileAccess:(NSSet) {}, OSADefaultComponentInstanceKey:(OSAComponentInstance) , OSADefaultLanguageKey:(OSALanguage) , OSAAvailableLanguagesKey:{(OSALanguage) , (OSALanguage) , (OSALanguage) }}

set cRes to current application’s NSThread’s callStackReturnAddresses()
–>  (NSArray) {140735481653180, 140735481652754, 140735559055105, 140735559057361, 4473123264, 4473263701, 4473142396, 4473141941, 4472935365, 4472916653, 140735705914913, 140735481264735, 4400422881, 4400227287, 140735611717816, 140735611717253, 140735611714364, 140735611713043, 140735453174803, 140735453224127, 140735482160121, 140735481878159, 140735481875416, 140735475504495, 140735475503850, 140735475503403, 140735666104491, 140735666101848, 140735666060019, 140735665521220, 140735553762761, 1}

set dRes to current application’s NSThread’s callStackSymbols()
–>  (NSArray) {”0 CoreFoundation 0×00007fff886427bc __invoking___ + 140″, ” …… (omit)

aThread’s setName:“Apple”
bThread’s setName:“Orange”

aThread’s |threadPriority|()
–> 0.5 –(0.0〜1.0)

set c1Res to aThread’s |name|()
–>  (NSString) “Apple”
set c2Res to bThread’s |name|()
–>  (NSString) “Orange”

aThread’s threadDictionary()
–>  (NSDictionary) {}

aThread’s stackSize()
–>  524288 –this depends on each machine’s memory configuration?

aThread’s isExecuting()
–>  false

aThread’s isFinished()
–>  false

aThread’s isCancelled()
–>  false

set noter1 to current application’s NSNotificationCenter’s defaultCenter()
noter1’s addObserver:me selector:“_threadWillExit:” |name|:(current application’s NSThreadWillExitNotification) object:aThread
noter1’s addObserver:me selector:“_threadWillExit:” |name|:(current application’s NSThreadWillExitNotification) object:bThread

aThread’s start()
bThread’s start()

–各Threadが実行するハンドラ
on _threadLoop:aInfo
  repeat 3 times
    set aText to aInfo as text
    
do shell script “logger -s “ & quoted form of aText & ” &”
    
set aNum to random number from 1 to 3
    
delay aNum
  end repeat
end _threadLoop:

–Threadが終了する際に呼ばれるハンドラ
on _threadWillExit:aNotification
  
  
set tmpRes to aNotification’s object’s |name|()
  
say ((tmpRes as text) & ” finished.”) using “Alex”
  
end _threadWillExit:

★Click Here to Open This Script 

2017/10/14 指定EnumがどのFrameworkに所属しているか検索 v2

文字列として与えたCocoaのEnumがどのFrameworkに所属しているかを検索するAppleScriptです。

macOS 10.12.6+Xcode 9.0、macOS 10.13.1beta+Xcode 9.0でためしてみました。指定クラスがどのFrameworkに所属しているかを調べるAppleScriptとは異なり、Enumの定義がどのFrameworkに所属している(らしい)かを調べるものです。Header Fileを調べまくって指定の文字列が入っているFramework名をリストアップします。

このために、「Class名として評価できない」ことを確認してから処理しています。

Xcodeのバンドル内のSDKの奥深くに存在するヘッダーファイル群に対してSpotlightで検索したらヒットしなかったので、(こんな時のために整備しておいた)NSFileManager経由でのファイル取得ルーチンによりHeader Fileを検索しています。

何かの正解というわけではなく、だいたいこのあたり・・・という「あたり」をつけるためのものです。開発環境で実行すると3.5sec程度かかります。

AppleScript名:指定EnumがどのFrameworkに所属しているか検索 v2
– Created 2017-10-13 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
use framework “AppKit”
–http://piyocast.com/as/archives/4896

property NSFileManager : a reference to current application’s NSFileManager
property NSString : a reference to current application’s NSString
property NSPredicate : a reference to current application’s NSPredicate
property NSMutableArray : a reference to current application’s NSMutableArray
property NSUTF8StringEncoding : a reference to current application’s NSUTF8StringEncoding

set a1Res to searchEnumFromHeaderFiles(“NSUTF8StringEncoding”) of me
–>  {”DiscRecording.framework”, “Foundation.framework”, “SpriteKit.framework”}

set a2Res to searchEnumFromHeaderFiles(“NSNumberFormatterRoundUp”) of me
–>  {”Foundation.framework”}

set a3Res to searchEnumFromHeaderFiles(“NSParagraphStyleAttributeName”) of me
–>  {”AppKit.framework”}

on searchEnumFromHeaderFiles(targString)
  set aClass to current application’s NSClassFromString(targString)
  
if aClass is not equal to missing value then return false
  
  
set dPath to POSIX path of (path to application id “com.apple.dt.Xcode”)
  
set aFol to dPath & “Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/” & “Developer/SDKs/MacOSX.sdk/System/Library/Frameworks”
  
  
set bList to retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExt(aFol, “h”) of me
  
set matchedList to {}
  
  
repeat with i in bList
    set j to contents of i
    
    
set aStr to (NSString’s stringWithContentsOfFile:j encoding:NSUTF8StringEncoding |error|:(missing value))
    
if aStrmissing value then
      set aRange to (aStr’s rangeOfString:targString)
      
      
if aRange’s location() ≠ current application’s NSNotFound and (aRange’s location()) < 9.99999999E+8 then
        set tmpStr to (current application’s NSString’s stringWithString:j)
        
set pathList to tmpStr’s pathComponents()
        
set thePred to (current application’s NSPredicate’s predicateWithFormat:“pathExtension == ’framework’”)
        
set aRes to (pathList’s filteredArrayUsingPredicate:thePred)’s firstObject() as text
        
set the end of matchedList to aRes
      end if
      
    end if
  end repeat
  
  
set aArray to current application’s NSArray’s arrayWithArray:matchedList
  
set bArray to aArray’s valueForKeyPath:“@distinctUnionOfObjects.self”
  
return bArray as list
end searchEnumFromHeaderFiles

–指定フォルダ以下のすべてのファイルを再帰で取得(拡張子で絞り込み)
on retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExt(aFol, aExt)
  set anArray to NSMutableArray’s array()
  
set aPath to NSString’s stringWithString:aFol
  
set dirEnum to NSFileManager’s defaultManager()’s enumeratorAtPath:aPath
  
  
repeat
    set aName to (dirEnum’s nextObject())
    
if aName = missing value then exit repeat
    
set aFullPath to aPath’s stringByAppendingPathComponent:aName
    
anArray’s addObject:aFullPath
  end repeat
  
  
set thePred to NSPredicate’s predicateWithFormat:“pathExtension == [c]%@” argumentArray:{aExt}
  
set bArray to anArray’s filteredArrayUsingPredicate:thePred
  
  
return bArray as list
end retFullPathWithinAFolderWithRecursiveFilterByExt

★Click Here to Open This Script 

2017/10/12 リストの連結(Cocoa版やや高速版)

リスト(配列)の連結を行うAppleScriptのCocoa版の高速版です。

自分でも実験してCocoa版の実行速度が遅すぎたので不思議に思っていましたが、Shane Stanleyからツッコミがあって、「こう書くと速いよ」と教えてもらいました。

自分の環境で実行してみたところ、0.5 Sec前後。Pure AppleScriptの限界チューニング版(0.069 Sec)よりは10倍ぐらい遅いですが、arrayByAddingObjectsFromArray:で連結したときよりは10倍高速。このぐらいだと(Cocoa呼び出しで余計にかかる処理時間も)納得できる感じでしょうか。

AppleScript名:リストの連結(addObjectsFromArray)
– Created 2017-10-12 by Shane Stanley
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4893

property NSMutableArray : a reference to current application’s NSMutableArray

set anArray to NSMutableArray’s new()

repeat 10000 times
  anArray’s addObjectsFromArray:{1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10}
end repeat

return anArray

★Click Here to Open This Script 

2017/10/11 リストの連結

リスト(配列)の連結を行うAppleScriptのCocoa版です。

1Dリスト(1次元配列)同士の連結を行うのは、Pure AppleScriptだと、

set aList to {}
set bList to {1, 2, 3}
set cList to {4, 5, 6}

set the end of aList to bList
set the end of aList to cList
aList
–> {{1, 2, 3}, {4, 5, 6}}

★Click Here to Open This Script 

こういうやり方と、

set aList to {2, 3, 4, 5, 6}
set bList to {1, 2, 3, 4, 5}

aList & bList
–> {2, 3, 4, 5, 6, 1, 2, 3, 4, 5}

★Click Here to Open This Script 

というやり方があるわけですが、Cocoaの機能を用いたAppleScriptObjCだとリストの要素連結だと、

use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”

set anArray to current application’s NSMutableArray’s new()
anArray’s addObject:{1, 2, 3}
anArray’s addObject:{4, 5, 6}
anArray as list
–>  {{1, 2, 3}, {4, 5, 6}}

★Click Here to Open This Script 

これを使うことが多かったのですが、リストごと連結するパターンを試していなかったので、調べてみました。

AppleScript名:リストの連結(arrayByAddingObjectsFromArray)
– Created 2017-10-10 by Takaaki Naganoya
– 2017 Piyomaru Software
use AppleScript version “2.4″
use scripting additions
use framework “Foundation”
–http://piyocast.com/as/archives/4892

property NSMutableArray : a reference to current application’s NSMutableArray

set anArray to NSMutableArray’s new()

repeat 10000 times
  set anArray to anArray’s arrayByAddingObjectsFromArray:{1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10}
end repeat

return (anArray as list)
–>  {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10…….}
–4.89sec

★Click Here to Open This Script 

ただし、小さいデータをこまかく連結する程度だとPure AppleScriptの方が速いので、巨大なデータを扱うとかXcode上でCocoa AppleScriptアプレットを作るためにサブルーチン間でCocoaオブジェクトをやりとりするような用途の場合に意識する程度でしょうか。

同じ要素数(10万アイテムの連結)でもPure AppleScriptで限界までチューニングして高速化すると0.069秒で処理終了します。