macOS 10.12のsayコマンドにバグ

Appleのディスカッションフォーラムで報告された内容によると、macOS 10.12上のsayコマンドで「特定の文字の組み合わせで文字を無視する」とのこと。

これは、気づいたユーザーをほめるべきなのか、こんな状態でOSをリリースするAppleを非難すべきなのか、その両方なのか。macOS 10.12ではAppleScript処理系のバージョンは(macOS 10.11から引き続き)2.5のまま変更はないので、OS側のテキスト解析系のサービスのバグなんでしょう。

日本語の文字列の範囲でも他に何かありそうな雰囲気がしますし、他の言語でも何か問題がありそうです。

AppleScript名:音声読み上げバグ(10.12)
say げる” using “Otoya” –> “げる”–* Bug *
say “もげる” using “Otoya” –> “もげ”–* Bug *
say “もゲル” using “Otoya” –> “もげる”
say “モゲル” using “Otoya” –> “もげる”

★Click Here to Open This Script 

AppleScript名:音声読み上げバグ確認(10.12)
set aStr to “あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやいゆえよわをんがぎぐげござじずぜぞだぢづでどばびぶべぼぱぴぷぺぽ”
set aList to characters of aStr

repeat with i in aList
  set sayText to i & “げる”
  
say sayText using “Otoya”
end repeat

★Click Here to Open This Script 

Leave a Reply